カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ M:46「クラスマッチ?」の感想

エム×ゼロ M:46「クラスマッチ?」の感想

この展開を待っていたM:46の感想です。



●愛花達の女の戦い

 魔法を駆使した白熱した女同士の激しいバトルが繰り広げられています。

 男達とは違い華やかでそれでいて見応えのある魔法バトルが面白いです。

 愛花達はムチ使いの女王様桜庭とガムでくっつける帽子女三科に苦戦中。

 三人とも動きを封じられてから、どう反撃に出るのかが楽しみでしたが…



●三国久美に要注目

 ムチで縛られる姿も大きな胸が強調されていて良かったとは思いますが、

 それよりも女王様との息詰まるような攻防からは目が離せませんでした。

 相手の魔法に対して機転をきかせて持ち前の体力で戦う姿は九澄のよう…

 最後には相討ちにまで持ち込んだ三国久美のあの脅威の粘りが見所です。



女王様と久美の胸にペイントボールの液体がべっとりと染みついて…

しかも二人の体(ていうか胸)が密着してとてもドキドキしました。

久美にほめられて思わず赤くなる女王様…ってもしかして百合ですか?

一方、愛花とみっちょんは力を合わせて何とか帽子女に勝ちました。

ヒロインとしての立場が危うい愛花の活躍の場はあるのでしょうか?


●観月尚美との遭遇

 この決勝戦で私達読者がもっとも楽しみにしていた展開になりました。

 エンジェルフライの罠に引っかかって観月の元に引き寄せられた九澄。

 敵同士でもこの二人が普通にバトルするなんてとても考えられません。

 どんな心ときめく展開になるのか今からとても楽しみにしています。



初登場以来、ヒロインの愛花以上の存在感で大活躍してきた観月尚美。

いやだってツンデレでしかもお色気担当な彼女はとても可愛いですし。

小石川も巻き込んで微妙な三角関係の中での戦いも面白そうなのですが、

どうせならツンデレでちょっとエッチな観月の魅力を全開で見たいです。

そのためには九澄と二人っきりなのが理想なのですがおそらく無理かも…



広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ