カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 「週刊少年ジャンプ15号」の感想

「週刊少年ジャンプ15号」の感想

2007/03/15 11:43 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

いつも読んでいるいくつかの作品の感想を書きます。



●BLEACH

 最近のバトルはほとんどが強さだけで勝敗がつく大味なものばかり。

 敵も味方も強さのインフレが激しくてついていけなかったのですが、

 ルキアと海燕の姿をした十刃との戦いはこれまでとは少し違います。

 過去にルキアが慕っていた海燕の姿形や声でルキアを揺さぶる十刃。

 力のぶつかり合いだけではない駆け引きや心理描写などが見所です。



●ワンピース

 今回はホラーな島の中で二手に別れて行動をするルフィとその仲間達。

 特に常識派のウソップ組がゾンビ相手に悪戦苦闘するのが面白いです。

 島中や屋敷内に仕掛けられた罠や謎が凝っていて見応えがあります。

 逆に超人達のルフィ組は常識を超えた戦闘力でそれらをねじ伏せます。

 七武海ゲッコーモリアの存在が明らかになりキナ臭くなってきました。



●BLUE DRAGON ラルΩグラド

 最初は乳揉みばかりが目立っていて不安だったラルも成長しています。

 それとは対照的にビラ様はますますエロエロ女王様ぶりを発揮します。

 物語が進むにつれて敵と戦うのも一筋縄ではいかなくなっていますね。

 色々なタイプの仲間や、敵との相性や地形などの要素が戦闘を奥深く、

 より見応えのあるものにしていて、あとはキャラに感情移入できれば…



●NARUTO-ナルト-

 痺れ毒で動けなくなってしまい、大蛇丸に取り込まれていくサスケ。

 儀式で大蛇丸のものになってしまったのかそれとも返り討ちにしたのか。

 前者だとナルト達にとってはもう救いのない展開になるような気が…



●テニスの王子様

 すみません、何度読んでもついていけません。

 何が起きているのかどなたか説明してください(苦笑)


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ