カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第151話「落ちてきた!」の感想

結界師第151話「落ちてきた!」の感想

2007/01/25 11:48 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

すごいことになりそうな第151話の感想です。



●雪村時音の優れた資質

 良守のような強大な妖を相手に力で対抗する戦い方はできなくても、

 力の操作がうまいので今後も敵になり得る異能者相手には有効です。

 箱使いと戦ったときのような妖バトルとは一味違った戦いが楽しみで、

 これからの烏森を巡る争いでは時音の活躍も大いに期待できそうです。



●墨村良守の頭脳派宣言

 たしかに良守に説明しても暴走して事態を混乱させるだけのような。

 時音の言うとおりまずは現場をしっかり守ることが重要なのですが、

 いつもかやの外の良守がバカにされてると思い込むのもわかります。

 だから頭脳派宣言なんかしちゃって本当に解決できるのか見所かも。

 ・・・良守と時音や犬達のやり取りがコミカルで面白かったです。



●降ってきた大きな謎

 冒頭のカラーページで何かに縛られていた湖の主と思しき白い龍。

 山奥の湖から引きずり出されて烏森の地に落ちてきたのは偶然?

 それともまた何らかの陰謀に巻き込まれてしまったのでしょうか。

 全く予想のつかない展開にこれから先どうなるのか楽しみですね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ