カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » サンデー(その他) » 犬夜叉第487話「生き方」の感想

犬夜叉第487話「生き方」の感想

弥勒と珊瑚にとって正念場の第487話の感想です。



●愛するものを守るため

 弥勒は瘴気の傷に蝕まれても珊瑚は飛来骨を犠牲にしても戦おうとします。

 お互いに無理がたたって弥勒は瘴気の傷で風穴を使うことが難しくなり、

 そんな弥勒を守るために溶毒で飛来骨を犠牲にしてまで妖怪を倒した珊瑚。

 このままでは共倒れするのではないかと思われるのですが・・・



●弥勒の覚悟

 犬夜叉の指摘どおり風穴を使うことはいたずらに死期を早めるのですが、

 珊瑚に守られるよりも守る生き方を選んだ弥勒はあえて毒を飲みます。

 犬夜叉とのやり取りから彼の強い決意を感じることができたのですが、

 苦痛を感じなくても瘴気の傷が広がっていく弥勒の姿は見ていられません。

 そんな彼の生き方が珊瑚に負担をかけているような気がしますが・・・



●珊瑚の覚悟

 今まで共に戦ってきた飛来骨よりも一人の人間の男を選んだ珊瑚。

 そのうえでどうやったら飛来骨を納得させられるのでしょうか?

 命を絶つという飛来骨の魂の前で珊瑚はどんな決断をするのか、

 その結果再び飛来骨を持つにふさわしいか試されることになるかも。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ