カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第149話「ヤキモチ」の感想

結界師第149話「ヤキモチ」の感想

2006/12/30 10:11 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

妖バトルではなくラブコメバトルが本格化してきた第149話の感想です。



●ジュリアと時音の女の戦い

 良守が時音の姿をした式神にお弁当を返させたせいで目をつけられた時音。

 やはり良守の色恋沙汰ときたら時音が絡んでこないと面白くありません。

 ジュリアは良守を美化しすぎのようにも見えますが意外と当たっているかも。

 ああ見えてもいざというときには頼りになるのが良守のいいところです。

 真っ向から否定する時音の発言に逆にジュリアは疑惑を深める一方で・・・

 

●積極的に動き出したジュリア

 恋敵の出現に燃えたジュリアの積極的なアプローチがはじまります。

 良守の式神に対して甘い言葉を囁いたり抱きついたりもうすごいです。

 こんな可愛い女の子に迫られて迷惑がる良守の気持ちがわかりません。

 ジュリアの驚くべき運動能力と演技力によって術中にハマっていく良守。

 いっそのことジュリアに仕留められたら面白そうなのですが・・・



●二人のことが気になる時音

 時音がヤキモチを焼いていると思ってしまう良守の気持ちがよくわかります。

 好きな女の子に彼女のフリをしてもらったりヤキモチを焼かせてしまうのは、

 健全な思春期男子ならば誰でも一度は憧れるシチュエーションだからです。

 けれども現実はそうではなく本当に怒っていた不機嫌な時音でしたが・・・

 何だかんだ言っても良守とジュリアの関係が気になってついていくことに。

 「次号マジ修羅場」って妖相手よりも恐ろしいことになりそうです。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

結界師!結界師の概要
結界師だいぶ人気が出てきた漫画ですね~週刊少年サンデーにて連載された時には結構良く見る世界観の漫画だと思いましたが設定とキャラクター特に主人公良森のあまりなかった個性でじわじわ人気が出てきた感じですかね~ヒロイン時音も年上という設定...
[2007/01/07 15:08]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ