カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 少年(裏)サンデー » 結界師 » 結界師第136話「人質」の感想

結界師第136話「人質」の感想

2006/09/21 11:21 | 少年(裏)サンデー 結界師 | コメント(0)

意外な人物が活躍しそうな第136話の感想です。



●外の世界の大人達

 夜行のメンバーを総動員しても箱を見つけるだけで精一杯で、

 調べてわかったのはまじないをかけた呪具という事だけ。

 奥久尼の手下達の解析についても時間がかかりそうです。

 ・・・この状況で良守や時音の活躍は期待できそうにないです。



●箱を使う異能者の存在

 数字を書いた紙で二十四の箱を駆使して混乱を引き起こしている張本人。

 たった一人の人間?の仕業だったとはさすがに予想外でした。

 ・・・それでも最後は夜行にボコボコにされて親分には見捨てられそう(笑)



●箱の中の世界の子供達

 引きずり込まれた操は人質として捕らわれてしまいますが、

 彼女の物質に命を与えて操る能力が大いに役に立ちそうです。

 良守よりも賢い?頭脳と鉄格子をも曲げる縄太の強力な力で

 性格の悪そうな箱男にどうやって一矢報いるのか楽しみです。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ