カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ジャンプ(休載中or連載終了) » 叶恭弘(エム×ゼロ 他) » エム×ゼロ M:11「予期せぬお迎え」の感想

エム×ゼロ M:11「予期せぬお迎え」の感想

とりあえず一歩前進したような・・・M:11の感想です。



●九澄の新しいプレート「M0」

 九澄に与えられたのは魔力を一切持てぬ最も下の位のプレート。

 今までどおり魔法が使えずゴールドに偽装する必要があるようです。

 うーんと、つまり今までと変わらないようにも思えますが・・・

 魔法ポイントを加算できるのが今までとの大きな違いですね。

 プレートのレベルアップに欠かせない魔法ポイント。

 学校にプラスとなる行動で与えられるということは逆も有り得るかも。



●M0プレートの本来の価値!?

 柊パパと校長先生のM0プレートに関する意味深な会話。

 本来の価値とは魔法ポイントが加算されていくとわかるのでしょうか?

 いずれにしてもタイトルと同じ名のプレートを手にしたことが、

 九澄にとっての本当のスタートと言えるのかもしれません。



●クラスメート達との再会

 九澄が退学しなくても済んだのを喜んでいるのは、

 ゴールドクラスだからという理由が大きいようです。

 特に伊勢カオルは九澄に利用価値があるから喜んでいるような・・・

 彼らが本当のことを知ったらどのような反応をするのでしょうか?



●柊愛花にとっての九澄

 涙を流して喜んでくれる姿には九澄でなくてもドキっとしてしまいます。

 本当に心配していたことが伝わってきてとてもいいシーンです。

 「ち…違うったら全然ないよそんな事!!友達だから心配してるのに」

 友達に冷やかされてうろたえる姿がまた可愛いです。



●生徒会魔法執行部襲来!?

 三人がかりとはいえ、あの九澄をいとも簡単に捕獲した実力者達。

 特に2年女子の宇和井玲はクセがある実力者のようで・・・

 九澄のほおにキスをしたのは異性というよりもペット扱いのような気が。

 「いーじゃないもーコレ私のモノだしぃー」

 親密になる代償に酷い目に遭いそうな予感がします。



●生徒会魔法執行部とは!?

 要するにプレート強奪魔のような問題を解決するための組織のようです。

 より多くのポイントを得るためによりやっかいな問題に首を突っ込むことになるかも。

 愛花と接する時間が短くなりそうなのも気がかりです。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

エム×ゼロ M:11「予期せぬお迎え」
ようやく、タイトル名となっているエム×ゼロというプレートを入手した主人公、しかしそのプレートにはなんの魔力もなく、なんもできないという代物・・・。だが、なんか校長たちの話ぶりからは、謎がありそうな予感・・・・。 そんなかな、主人公をいきなり襲
[2006/07/20 02:14]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ