カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 2018年06月16日

オリエント 第3話「武士団」の感想(ネタバレあり)

2018/06/16 20:42 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(4)

オリエント3話まで読んでみたけど、やっぱり面白いとは思えない…
主人公強すぎとか敵がイマイチとか武士団が暴走族みたいだとか色々理由はありますが、
自分的にはマギを読んでいた時のドキドキワクワクがオリエントには感じられないのがきつい。

でももしかしたら自分の中でマガジンでもマギみたいなのを読みたいという気持ちが強すぎて、本当は面白いのにも関わらずマギっぽくないからダメだと決めつけてかかっているのかもしれません。

他の人の感想も読んでみたかったので、ツイッターで「オリエント 感想」で検索してみたら絶賛の嵐で批判は皆無と言ってもいいくらい見かけませんでした…

それにマギは4巻のシンドバッド達が登場&バルバッド編突入したあたりから面白くなりはじめてきたので、オリエントもこれから徐々に面白くなっていくのかもしれません(言ってるそばからまたマギと比較してすみません)。

武蔵は恐怖心とかのリミッターが外れている感じがして、むしろ小次郎の方がよっぽど普通の人間してて感情移入しやすそうです。
あと武蔵は武士になると言っていますが、そもそもどうすれば武士になれるのかがよくわかりません。
武蔵みたいに俺は武士になるって言えば誰でも武士になれるものだとは思えないですし。
とりあえず武士になれる条件で思いつくところでは家系(血筋)、強さ、能力、あとは武士と戦う人間は誰でもみんな武士とか!?

武蔵と小次郎が自分達だけの武士団を作ることになるのか、それとも武田武士団入りするのかは現時点ではわかりませんが、武田武士団の団長は見た目も性格も男前で、特に青すぎる理想を抱いているというところがいいですよね。

あとようやく女の子(しかもメガネっ娘)が登場しましたが、こちらも期待してもいいのでしょうか…!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ