カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 2018年04月
月別アーカイブ  [ 2018年04月 ] 

≪ 前月 |  2018年04月  | 翌月 ≫

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜第96話「藤原千花は泊まりたい」の感想

最近この漫画のことを知ってハマりました。
(ちなみにまだ単行本3巻までしか読めていません。)
もちろんかぐや様も可愛いけど、やっぱ自分的にはハーサカさんかな!?
しかも今回かぐや様と千花とハーサカさんが三人でお泊り会とか最高過ぎて死にそう!!←

マギ シンドバッドの冒険 最終夜(第182夜)「シンドバッドの冒険」(平成30年4月25日更新分)の感想(ネタバレ有)

本日マンガワンでマギシンドバッドの冒険最終回が更新されました。
まずは大寺義史先生、5年間おつかれさまでした。
そして大高忍先生は本編の連載も合わせて9年間おつかれさまでした。(マギ本編の第1話がサンデー2009年27号に掲載)
私達読者にこのような素晴らしい作品と巡り合わせてくださって、本当に本当にありがとうございました!
大高忍先生はマガジンで始まる新連載「オリエント」にも期待しています!!

さて私達読者が気になるマギ情報ですが、作者の大寺先生のコメントで、単行本第18巻、19巻が7月に発売予定、エピローグで拾えなかった小話なども書き下ろすことが発表されました。(特に本編でシンドバッドとユナンが険悪な理由については説明して欲しいですね)

その他のマギ情報については特になく…再アニメ化とか新たな外伝の連載がはじまる様子もなく、これでマギの一連のプロジェクトは単行本の発売を残すのみ…といったところのようです。

今回のエピローグのサブタイトル、本編とは違って、きっちりタイトルを回収してきていましたね。
でもいくつも謎が残ったまま消化不良な感じの終わり方だったのは、本編同様といった感じだったかな。
綺麗な終わり方だっただけに余計そう感じてしまうんですよね。

でもシンドバッドが葉王としてアラジン&モルさんの前に現れるところまで描いてくれたのには感謝してもしきれません!!
このシーンすごく楽しみにしていたので!!外伝でもこのシーン見れるなんて感動しました!!大寺先生が描くアラジン&モルさんも良かったです!!

この話を読んでから久しぶりにマギ本編の単行本第4巻を引っ張り出してきたのですが、本編と外伝を読み比べている内に懐かしさでこみ上げてくるものが…思えばマギはこのバルバッド編の頃が一番面白かったような気がします。

それにしても読み比べてみると改めてわかる、大寺版葉王登場シーンの本編に忠実な再現っぷりが…いやむしろシンドバッドの表情といい周りに白ルフが飛んでいることといい大寺版の方が清々しさ?神々しさ?すら感じさせないか?(←お前は何を言っているのかと)

あとは本編では触れられていなかったシンドバッドが葉王としてアラジン達の前に現れるまでの経緯が、シンドバッドやシンドリア側から描かれていたのが興味深かったです。
そして何よりシンドバッドの酒に対する考え方がこれほど深かったとは驚かされました。これを読むまでは俺もシンドバッドは酒にだらしのないやつくらいにしか考えていなかったので、これを読んでシンドバッドに対する見方がはっきり言って変わりましたね。
なぜ本編でシンドバッドがアリババのために親身になってくれたのかも納得が行きました。

それ以外の見どころとしては、ジャーファルさんがシンドバッドに(真の世界平和の)夢を叶えましょうと言ったシーンや、ダビデが夢の中でシンドバッドに接触してきたシーンとかがありましたね。
あとはまあ謎が残ったまま消化不良で終わってしまった点については、単行本の書き下ろしに期待することとしましょうか…

五等分の花嫁 第35話「探偵風太郎と5人の容疑者」の感想(ネタバレあり)

2018/04/25 00:02 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

五つ子うなじ最高!ポニーテール最高!たまには髪型を変えるのも悪くないですな!
(5月17日発売の我らが三玖が表紙の4巻もすごく楽しみです!)

初恋ゾンビ 第123話「江火野芽衣はスキだらけ!」の感想(ネタバレあり)

2018/04/25 00:01 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

今回のサブタイトル…あの江火野さんがデートしよ!と言ってきただけでも期待が高まりまくりなのに、さらに某天野めぐみばりのムチムチぱっつんぱっつんチラ見せな江火野さんを見られるかと思うと楽しみで仕方ない反面、タロウや俺らが江火野さんにときめく度にここにはいないイヴに良くない変化?兆候?が現れているのかと思うと複雑でもあり…

ぼくたちは勉強ができない 問60.先人の[x]は時に彼の献身となるの感想(ネタバレあり)

成幸のやつ、今回はあしゅみー先輩とイチャイチャしやがって…!!(血の涙)
ここ最近ヒロインと二人っきりでイチャイチャすることが増えてないか!?

五等分の花嫁 第34話「今日と京都の凶と共」の感想(ネタバレあり)

2018/04/18 07:19 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

ついにフータローの口から五つ子ちゃん達とのはじめての出会いのエピソードが…!?
っていうかいつにも増して五月の不器用なところが可愛すぎるんだけど俺一体どうしたら…!?

初恋ゾンビ 第122話「ラストチャンス」の感想(ネタバレあり)

2018/04/18 04:30 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

サブタイのラストチャンスって一体誰にとっての…!?
※先ほどTwitterでご指摘頂きましたが、江火野さんがタロウにアタックできる年内で最後のチャンスというのが、私も一番しっくりくると思いました。でももしそうじゃなくて、江火野さんがタロウにアタックできる正真正銘の最後のチャンスだったり、あるいはタロウがイヴを救えるラストチャンス(タロウが江火野さんにずるずる惹かれていくのかそれともここで関係を断つのかの運命の分かれ道)だったりしたらどうしようと…

今回は序盤から江火野おっぱい祭り、これでもかと江火野さんのおっきなおっぱいを強調しまくってくれちゃっています。
悔しいけどイヴ&指宿くんファンの目から見ても、江火野さんのおっぱいと笑顔の破壊力はヤバイよね。
今回は江火野さんがさらなる攻勢に出る一方で、最近イヴとはうまくお話できていないのがもどかしくて…

D.Gray-man 第228夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・毒と標」の感想(ネタバレ有り)

2018/04/17 05:44 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

先日発売したジャンプSQ.CROWN…もとい新増刊ジャンプSQ.RISEにD.Gray-man最新話が掲載されました。

しかしRISEは新雑誌を謳いつつもCROWNと同じ季刊誌でメインを張っている漫画のラインナップにも変わりがないことから、雑誌の名前が変わっただけと思っています。

今回紙版と電子版の両方を購入。
D.Gray-manはトビラ絵も含めて12ページ掲載。
RISEの値段は紙版:690円 電子版:600円 どちらも税込
D.Gray-manの図書カードが150名にプレゼント(ただし電子版ではプレゼントページを見つけられず)
あとその他のD.Gray-man情報は神田ユウフィギュア(14800円)が予約受付中なことくらい…!?

えーとそれで前回はどこまで話が進んでいたんでしたっけ?たしかアレンとジョニーが絶体絶命のところを神田とティエドール元帥に助けられた後、二人を教団の追手だと勘違いしたアレンと神田が馬車の中でバトルに突入しかけるも(ある意味いつもの光景)、まあ色々あって神田も以前と比べて大人になったということなのかアレンと拳で語り合うのではなく話をすることに。そこで瓶詰めの塩だと思われていたのが実は変わり果てたティムキャンピーだったという衝撃の事実が明らかになって、そして在りし日のクロス師匠のシーンへと…

ぼくたちは勉強ができない 問59.時に天才は限定された[x]において奮闘するの感想(ネタバレあり)

いつの間にかリズたまがイメチェン前に戻っていて、ちょっと惜しいようなホッとしたような…

五等分の花嫁 第33話「お見舞いエンカウント」の感想(ネタバレあり)

2018/04/12 06:50 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

今回は巻頭カラー&お見舞い回&何でも五等分プロジェクト始動!
今回の巻頭カラートビラ絵は作者さんがツイッターにイラストを投稿されていますが、春の到来を感じずにはいられない最高に可愛すぎる五つ子ちゃん達のイラスト、ぜひ単行本派の方にも雑誌を買って直に見て頂くことをおススメします。
五等分プロジェクトは1年を五等分にして記念日にしようというイベントらしいのですが、五等分にしたら面白そうなものって意外と難しい…
んで今回てっきり家にお見舞いに来るのかと思っていたのですが、なんとフータロー入院していたんですね。…ってことはもしかして、3巻の特典ペーパーに描かれていた三玖ナースにお注射されちゃったりして…!?

初恋ゾンビ 第121話「夏の願い、冬の誓い」の感想(ネタバレあり)

2018/04/11 07:46 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

タロウは本気でイヴを守りたいのであれば、現状維持で問題を先送りにする覚悟ではなく、ヒロインを一人に絞り込む覚悟をするべきだと思うのだけど…
※今回はタロウに厳し目の感想です。(一度Twitterに投稿したものを若干編集&再掲)

マギ シンドバッドの冒険 第181夜「七海の覇王」(平成30年4月11日更新分)の感想(ネタバレ有)

なんか今回まとめにかかっていると思っていたら、最後の大寺先生のコメントで「次回でお終い」と書いてありました。思い返せばこれまで楽しいこととか辛いこととか本当に色々なことがあったけど、もうこれでマギが(マンガワンの方の外伝も)終わっちゃうのかと思うと寂しくなりますね…

ぼくたちは勉強ができない 問58.荒ぶる夜たまさかに天才の心[x]に在らずの感想(ネタバレあり)

いつもと様子が違うというか、今回の文乃姫、なんかこう放っておけない感じがするのは俺だけではないはず…

五等分の花嫁 第32話「結びの伝説 2000日目」の感想(ネタバレあり)

2018/04/04 20:14 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

前回まで林間学校編やっていたと思ったら、今回いきなりフータロー達の結婚式まで話が飛んでしまって、しかも掲載位置は下から二番目とか、何この打ち切り最終回みたいな話の流れは…まさかそんなことないですよね!?よね!?

初恋ゾンビ 第120話「零れ落ちる…」の感想(ネタバレあり)

2018/04/04 00:12 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

作者の峰浪先生がツイッターで来週百合祭りとつぶやかれていたので期待していたのですが、たしかに女の子同士で抱きしめ合ったり抱き着いたりするシーンはあったけど、これは…うーん…百合…なのか…!?

いやそんなことよりタロウ早くイヴが泣いているのに気付いてやれよ、江火野さんとイチャイチャしている場合じゃねーぞ!

今週号のマガジンで「マギ」の大高忍先生の新連載「オリエント」が26号から連載開始することが発表!!

去年の10月にマギ最終話がサンデーに掲載されたので、それから7ヶ月ちょい…新連載始まるの思ったよりも早かったですね。

いやそれよりマガジンで新連載ってびっくりしたんだけど!?
てっきりまたサンデーかあるいは担当編集の石橋さん繋がりでマンガワンあたりで連載するのかと。
(大高先生が石橋さんを追いかけてサンデーに移籍してきたというあまりにも有名過ぎるエピソードがあったので)

どうやら今度の新連載では戦国時代の日本が舞台の和風バトルファンタジーになるようです。
今度の主人公は見た感じ才能と自信に満ち溢れた明るい前向きキャラっぽくて、どことなくアラジンとアリババとシンドバッドを足して3で割った感じのようにも見えますが、今回の予告絵と文章を見ただけではまだ何とも言えませんな…
でもまさか今作にもマギのキャラがゾクゾク登場してきて、いつの間にかオリエント~マギ2~なんてどこかのネギまみたいなことにはならないと思いますが…

男の娘ママは幼なじみのヒロ君に母性を感じるのでいっぱい甘えてほしいの感想

2018/04/03 06:39 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(2)

小さい頃から仲の良かった男友達がある日突然男の娘ママ(母親)になったらあなたはどうしますか…!?
って、お前何言っているか理解不能なんだけどとおっしゃるそこのあなた、安心してください私も何を言っているのかよくわかっていません←

そんなわけで本日ジャンプ+に配信されたありしゃん先生の読切が一部の読者の間で話題になっているとかいないとか。

男の娘ママが幼なじみとかはじめて漫画のタイトルを見た時なんじゃこりゃと意味不明でしたが、読んでみたらタイトル通りの内容で納得。

最初は男の娘ママというのがただただ気持ち悪くて違和感ありまくりだったんだけど、ちょっと照れ臭くも心温まる母子の交流話を読んでいる内にあれ男の娘ママというのも意外と悪くないんじゃね?と思え始めてきて、最後の方では本物のママ(母親)みたいに思え始めてしまうから不思議だよなあ←

情けない声を上げるヒロくんかわいぃぃぃぃ!〇宮がうずいてたまらんわ!きゅんはぁとキュン!

色々とツッコミどころが満載のこの漫画の中でもこのシーンとかは特に盛大に笑わせてもらいました。

でもまああまり一般の人にはおすすめできない内容かもしれませんが、もはや普通の漫画では物足りないと思っている方や、男の娘ママ好きの方(本当にそんな奴いるのか)は一度読んでみることをおススメします。

ぼくたちは勉強ができない 問57.天才の変貌は時に[x]の盲目となるの感想(ネタバレあり)

自分的にはトビラ絵の眼鏡をはずして見せたリズたまが一番可愛いと思いました。
どうも本編のイメチェン後のリズたまは別人過ぎて同一人物とは思えなくて…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 5月30日週刊少年マガジン26号連載開始
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2018年2月25日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は4月25日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ