カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 2017年08月19日

マギ単行本第35巻&シンドバッドの冒険15巻の紹介と感想

先日、8月18日にマギ本編最新単行本第35巻とシンドバッドの冒険15巻が発売しました。

ちなみに今回は珍しくどちらも特典ペーパー付きを買うことができました。

ちなみに本編の特典ペーパーは主要キャラの自己PR大会で、シンドバッドの冒険のペーパーは夏の海水浴やらバカンスやらの番外編的な内容になっています。

自己評価☆丸わかり マギ活エントリーシート自己PR大会(本編の特典ペーパー)

いつもちょっと変わった心理テスト風な内容に大高先生の心の闇を感じさせる定評のある本編単行本の特典ペーパーですが、
今回はキャラに自分自身を評価させるというこれまたなかなか興味深い内容となっています。

っていうか、アラジンの自己評価低っ!
アラジンってこんなに自分に自信ない奴だったっけ…!?
むしろ昔の方が自信に満ちてた気がする。女性に対する接し方一つ取っても。
やはりアラジンも思春期の微妙なお年頃の男の子だということなのか…

アリババの優しさは満点でいいと思う。
マギの中でアリババ以上に他人を受け入れられる包容力のある人物は他にいない気がする。

俺の中でヤムさんは100点満点中1万点は軽く超えています。

シンドバッドの自己評価に「闇が深い。」との的確すぎるツッコミに激しく吹いた(笑)
それに比べて夏黄文さんはさすが俺らの夏黄文さんでした←

本編の表紙、裏表紙

表紙:アリババとシンドバッドが真正面から向き合っている構図がすごくいいです。(小並感)
裏表紙:大高先生の描くシンドバッドの冒険時代のシンドバッドもすごくいいです。(小並感)

シンドバッドの冒険の表紙、裏表紙

表紙:シンドリアの女神とその従者たち(←違)
裏表紙:(あっちの怪しさ全開のフード姿とは対照的に)こっちの素顔のファーランだとつい信じてしまう男心が(←おい)

本編のおまけ漫画、シンドバッドの冒険特典ペーパー

むしろ俺がアラジンならヤムさんからの手紙最高に嬉しいんだけどな…
(夏のバカンスを楽しんでいる様子のバルバロッサを見て)シンドバッドの心をつかむためにキャラを作っていたのだとばかり思っていたけど、意外とこっちのバルバロッサも本当のバルバロッサなのかもしれないと思った今日この頃。

素顔のファーランの破壊力ががががが

すっげー美人なうえにあのおっぱ○とかおっぱ○とかおっきなおっぱ○は反則ですよね←

最近ジャンプ+で連載が始まった「愛されるより○されたい」という漫画が話題のようですが…

2017/08/19 18:41 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

この漫画の作者のユーキあきら先生という名前がどこかで見た覚えがあると思ったら、
2009年発売の赤マルジャンプで「忍カノ! くれは」というちょっとエッチなくノ一ものの読切を発表したユウキアキラ先生のようです。
あの頃とは作風がだいぶ変わっているので最初気付きませんでした。

この漫画のヒロインの音琴さんが超可愛いのですが、実は最近流行りのいわゆる猟奇ヒロインだったり…!?
あんまり関わったらいけないタイプの女の子のように思えるのですが、なぜか主人公の行く先々で待ち構えているかのように現れるという…
今回も主人公の料理に自分の血を混ぜてみたり、明らかに普通じゃないところが…

今回音琴さんに目をつけられた?折紙さんとかいう主人公にちょっかいを出してきた女が一体どんな目に遭わされるのかと思うと…
3話のラスト、何とかしないとね…って、包丁よりも音琴さんの方がよっぽど危ないとツッコミを入れたくなったのは私だけではないはず。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第366夜 NEW! ※最終話まであと4話
シンドバッドの冒険: 休載

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.363 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月20日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ