カレンダー(月別アーカイブ)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 2017年02月
月別アーカイブ  [ 2017年02月 ] 

≪ 前月 |  2017年02月  | 翌月 ≫

鬼滅の刃 第51話「日輪刀還る。」の感想(ネタバレあり)

2017/02/27 05:40 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

今回の簡単なあらすじ

 ついに炭治郎の手元に新たな刀が…!?あと今回俺のアオイちゃんの出番は…!?

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第8話「父子相伝(ふしそうでん)」の感想

2017/02/25 07:35 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

なんで青エクの登場人物は皆、家族や友人のことは自分の身を犠牲にしてでも守ろうとするのに、自分のこととなると途端に扱いが軽くなるんだろう?勝呂の親父にももっと自分のことも大切にして欲しいです。こうして見ていると志摩が一番普通の人間のように思えてきます。

「親がめんどいし黙って従ってきたけど今回のは話が違うし一言言わせてもらうわ」
志摩の言葉はどれが本当でどれが嘘なのかなかなか区別がつきにくいのですが、
少なくとも勝呂に関してだけは嘘偽らざる本心で言っていると思いたいですね。

今回の志摩と子猫丸のやり取りを見ていると、
志摩がいつ子猫丸を裏切って逃げ出すのか内心ヒヤヒヤしながら見ています。
原作ではこの後どうなっていましたっけ…!?

メフィストまさに高みの見物だなコイツ。
TVアニメの不浄王の描写がリアルすぎて、こっちまで鼻がムズムズしてきそうです。

ウチシュマーってこんな子どもみたいな可愛らしい声だったんだ。
カルラとウチシュマーどっちが強い?

「敵は幸い移動しないが」
嫌な予感しかしない件について。

そういえば藤堂三郎太の父親や兄達は今どうしているんだろう!?
藤堂三郎太の裏切りによってかなり立場は悪くなっているだろうけど

あの雪男が防戦一方とは、藤堂三郎太が強すぎる件について。
っていうか、目的を果たしたのにまだこの地に留まっているということは、もしかしたら藤堂にはカルラ以外にも別の目的が!?
ここにきて執拗に雪男につきまとってきているということはつまり…

マギ シンドバッドの冒険 第139夜「」(平成29年2月22日更新分)の感想(ネタバレ有)

本編もシンドバッドの冒険も来週は休載です。
今回のサブタイトルがいくら探しても見つかりませんでした…

これまでの簡単なあらすじ

 突然シンドバッドの元に現れたファーランの口から語られることとは…!?

マギ 第339夜(第339話)「虚偽と信望の信念」の感想(ネタバレ有)

次号、休載。

これまでの簡単なあらすじ

 次にシンドバッドに挑むのは白龍、はたして白龍はシンドバッドの「理不尽な世界では何を疑い何を信ずるべきか!!?」という問いに対してどんな答えを出すのか…!?

鬼滅の刃 第50話「機能回復訓練・後編」の感想(ネタバレあり)

2017/02/20 14:02 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

今回の簡単なあらすじ

 解せぬ…俺のアオイちゃんの出番が一コマもなかったのが解せぬ…!!

終末のハーレム 第18話「一条夏都」の感想(ネタバレ有り)

2017/02/19 22:53 | ジャンプ(SQ.) 終末のハーレム | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 ゆず先生と離れ離れになっちゃったけど、そのかわりクラスメイトの女の子達が一週間交代で相部屋に…というある意味夢のようなシチュエーションが現実に。まず一番手はお嬢様の一条夏都、クラスの女の子達の中では一番チョロそう…もとい翔太に好意を抱いているのが見ていてわかりやすいですよね。

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第7話「気炎万丈(きえんばんじょう)」の感想

2017/02/18 07:19 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(2)

もういっそのことメフィストが不浄王倒せばいいんじゃね!?と思ったのは私だけではないはず。
たしかこいつ虚無界では二番目に強いとか言っていたし、不浄王よりも格上の存在なはずなので。

志摩は状況に流されるまま周りに振り回されっぱなしのように見えましたが、
ここでもスパイ活動をしていたのかどうかが気になりました。
なにしろ相手はイルミナティの上司の藤堂なわけですし。

志磨三兄弟が性格違いすぎて逆に興味深かったです。
柔造兄さんが男前すぎる件について。これは蝮惚れてまうやろ。
金造兄さんは良くも悪くも見たまんまの猪突猛進な熱血漢ですよね(苦笑)。
そして廉造は…廉造は…よくわからないというか、つかみ所がない感じがします。

今回はしえみがマジヒロインでした
しえみのおかげですっかり自信無くしかけていた燐の心が救われて…燐が立ち直ることができて本当に良かったです。
っていうか、しえみがいなかったら、みんなあそこで動けなくなったままだったんじゃ!?
それもこれもすべて計算済みだったとしたらメフィスト恐ろしすぎる。

みんな何だかんだ言いながらも燐のことを心配してくれていて、
自分の立場が危うくなるかもしれないのにも関わらず燐を助けに来てくれたのには思わずグッときました。

「言っておくけど私は霧隠先生の指示に~」
今回も安定の出雲のツンデレっぷりにはニヤニヤせざるを得ないw

「危険やないってわかったら仲直りする」
もうとっくに子猫丸も燐が危険じゃないとわかっているような気がする…
あとは何か背中を押してくれるきっかけさえあれば仲直りできるそんな気がする…

「俺がお前許せんのはそういうこと全部一人で背負い込んで何も言ってくれなかったから」
そうだったのか…てっきり勝呂も燐の青い炎が怖いのだとばかり…
自分的には斬新というよりはむしろ勝呂らしいと思いました。

シュラさんは組織の管理職とは思えないほど現実主義で柔軟な考え方をする人ですよね。
それに比べて雪男は融通が効かなすぎというか、特に兄の燐のことになると冷静な判断ができなくなるというか…
シュラさんが燐の自立を促しているのに対して、雪男は燐に対して過保護すぎる気が…

今回燐はみんなのおかげで名誉挽回の機会を与えられて、
あとは燐次第ということか…

マギ シンドバッドの冒険 第138夜「予期せぬ来訪」(平成29年2月15日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 パルテビア国内で立場的に追い詰められたファーランが新たな暗黒点候補として目をつけたのがよりにもよってシンドバッドだった件について。はたしてファーランはどう動く…!?

マギ 第338夜(第338話)「ヴァレフォール」の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 シンドバッドの7つのジンの試練の内、最初のバアルの試練を、ジュダルが見事にクリアー!おそらく次の試練となるであろうヴァレフォールに挑むのは誰…!?

鬼滅の刃 第49話「機能回復訓練・前編」の感想(ネタバレあり)

2017/02/13 11:55 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 女の子がたくさん登場すると、なんというかこう気分がパアッとしてきますよね(←おいw)。自分的にはあのキリッとしている女の子がのことが気になります。

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第6話「綿裏包針(めんりほうしん)」の感想

2017/02/11 06:00 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

 今回のサブタイトルの「綿裏包針(めんりほうしん)」の意味は、穏やかで優しそうな見た目とは裏腹に心の中では悪いこと考えている…というまさに今回の藤堂に当てはまるわけですね。

 「私の代で絶ち、決して次へは継がせへん!」 勝呂の父ちゃんに対して疑心暗鬼になっている奴らには、このセリフを聞かせてやりたかったですね。

 燐の親父と勝呂の親父、一見すると正反対のタイプの二人だけど、どちらも正義感の強い熱いナイスガイでしたな。勝呂の父ちゃんがお人好しないい人なのは言うまでもないことですが、藤本獅郎も言い方こそアレだけど話してみると実はいい人だということがすぐにわかりますしね。

 まさか勝呂がこの世に産まれてこれたのは藤本獅郎が勝呂の母ちゃんを救ってくれたおかげだったとは…そして今の燐があるのは勝呂の父ちゃんが降魔剣を藤本獅郎に渡してくれたおかげであって…燐も勝呂もいい親父を持ったことにもっと感謝しないと。特に勝呂!今回の勝呂の父ちゃんの手紙は勝呂にこそ読んで欲しいと思わずには。

 もし藤本獅郎が現れなければ勝呂の母ちゃんをはじめ明陀宗の人達がどうなっていたかと思うと…勝呂の父ちゃんが正十字騎士團入りを決意するわけだ。

 勝呂の母ちゃんが助かって良かった…本当に良かった…勝呂の母ちゃんが可愛すぎてもう…

 藤本獅郎が「子どもを殺す」って言ってたけど、その「子ども」ってやっぱり燐以外には考えられないですよね…でも最初こそ藤本獅郎が昔と今でキャラが違いすぎて困惑させられましたが、藤本獅郎は昔も今も変わらないナイスガイだということがわかってホッとしました。

 藤本獅郎に降魔剣を渡して逃した後、勝呂の父ちゃんが勝呂の父ちゃんの父ちゃんからどんなお叱りを受けたのか想像するだけでもちょっと怖いのですが…

 ついに復活してしまった不浄王、でもあんなもん普通の人間に倒しようがないだろ…それこそ燐の青い炎でもない限り…

 カルラが私の想像していた以上にカルラでした(意味不明ですみません)。

マギ シンドバッドの冒険 第137夜「パルテビアの魔導士」(平成29年2月8日更新分)の感想(ネタバレ有)

今回の簡単なあらすじ

 パルテビアの魔導士といえばアル・サーメンのファーランですよね。ファーランといえばアルマトラン時代にテステス言ってた頃と比べるとすっかり変わり果ててしまった印象がありますが…

マギ 第337夜(第337話)「憤怒と英傑の信念」の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 マギ&金属器使いによるガチバトル展開突入かと思いきや、今度はシンドバッドが納得する答えを出せ…だと!?ここは俺に任せろと一人残ったジュダル、本当に大丈夫なのか…!?

鬼滅の刃 第48話「蝶屋敷」の感想(ネタバレあり)

2017/02/06 23:46 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 前回、ようやく禰豆子が人に危害を加えないことを柱の人達にもわかってもらうことができて、これでやっと炭治郎も十二鬼月との戦いで負ったケガ(さらに胡蝶しのぶの部下や柱たちにもやられて余計に悪化)の治療に入ることができそう…

終末のハーレム 第17話「水泳の時間」の感想(ネタバレ有り)

2017/02/05 08:23 | ジャンプ(SQ.) 終末のハーレム | コメント(0)

今回の簡単なあらすじ

 今回のサブタイトル、まさか学校のプールでスク水の女の子達とメイティングを…!?

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第5話「合縁奇縁(あいえんきえん)」の感想

2017/02/04 07:28 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

 燐はまだ修行の途中だったというのに、京都出張所の人達にまで正体バレた上に牢屋に閉じ込められて、これから一体どうなってしまうのか…

 勝呂の父ちゃんが燐に託した手紙の内容がまるで遺言のようで…

 燐や雪男の父親代わりをしていた時の藤本神父、勝呂の父ちゃんの手紙の中で登場した藤本神父、とても同一人物とは思えないくらいキャラが違いすぎでマジビビった。

 シュラさんの尻を触った時の勝呂の父ちゃんの動きがあまりにも自然すぎて吹いたw あの見た目からはとても想像の付かない身のこなし…やっぱただ者じゃないですよね。でもシュラさんの尻を触ったことがもし勝呂の母ちゃんにバレたらと思うとガクガクブルブル…

 京都出張所の人達が雪男に普通に接しているところを見ると…もしかして雪男が燐の兄弟だということに気付いていない!?でもうーんそんなに二人似てないか!?たしかに性格が正反対かもだけど、見た目でわかりそうなものじゃ…!?

 「冗談じゃない、僕は父の墓前に兄を守ると誓ったんだ!」 雪男が兄の燐に対してついついきつく当たっちゃうのも、兄の燐を守るためだとしたら、色々と納得できるところがあります。

 雪男とシュラさんの距離の近さにちょっとドキドキしました。やっぱり雪男が一番何でも話せる相手はシュラさんのような気がするんだよなあ。俺もあんなふうにシュラさんにからかわれてみたいです!←

 お風呂上がりで浴衣姿の出雲にドキドキした!めっちゃドキドキしたぞー!!

 出雲のしえみに対する言い方がきついなあ。でもなんというか、はじめて出会った頃とは違って、意外とよくしえみのことを見ている感じだし、言い方はきついけど出雲なりにしえみのことを元気づけようとしているのが伝わってきて、ニヤニヤしまくりでしたw

 「何をするにも自信がなくなって余計失敗しちゃって燐に話しかけられなくなった だからとにかくしっかりしなくっちゃ」 俺も出雲と同意見で、しえみはその気持ちを燐に直接伝えてあげるべきかと。そうしたら今の燐がどれだけ救われることか…どれだけ励みになることか…

 「それを通報させないように妨害電波までかける徹底ぶり」 藤堂のバックには相当大きな組織がある予感が…

 誰の目から見てもシュラさんが奥村兄弟の保護者代わりであることは明らかで、今の燐にも雪男にもシュラさんが欠かせない存在だということを改めて思わずにはいられませんでした。

 勝呂の父ちゃんが勝呂に跡を継がせたがらない理由がようやくわかったような気がします。まさか勝呂の父ちゃん一人で何もかも抱え込む気なんじゃ…!?

青の祓魔師 第87話「胚子(はい)」の感想(ネタバレ有)

2017/02/03 00:01 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(3)

小説最新作が3月3日(金)発売決定!!

これまでの簡単なあらすじ

 自分的には、前回ついに明らかになった青い夜の真相よりも、しえみに一体どんな秘密があるのかの方が気になる…

マギ シンドバッドの冒険 第136夜「決裂」(平成29年2月1日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 前回、シンドバッドは故郷のティソン村の人達が酷い人体実験を受けていたことを知る。故郷のティソン村の人達と、自身や商会にとっての悲願の建国、究極の二択を突きつけられたシンドバッドが選択したのは後者の方だった。そして今回のサブタイトルの「決裂」、まさかここまできて建国の話が決裂に…!?

マギ 第336夜(第336話)「理不尽な運命」の感想(ネタバレ有)

今回のトビラ絵に思わずこみ上げてくるものが…

これまでの簡単なあらすじ

 シンドバッドの世界中の人達をルフに還す魔法を止めるために、アリババ達はシンドバッドが用意した7つの迷宮を攻略することに。まず最初に立ちはだかったのはバアルを攻略したばかりの14歳のシンドバッド。普通に考えれば、アリババ達が4人で一斉にかかれば、簡単に倒せそうな気がするけど…!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第354夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 休載 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.353 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月21日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ