カレンダー(月別アーカイブ)

12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 2017年01月
月別アーカイブ  [ 2017年01月 ] 

≪ 前月 |  2017年01月  | 翌月 ≫

ハイリスクミッションセラピー(by仲島歩先生、ジャンプ+2017年1月25日掲載)の簡単な紹介と感想

2017/01/30 21:16 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

先週、1月25日、ジャンプ+に掲載された読切が衝撃的な内容で話題になりました。

作品名はハイリスクミッションセラピー、作者は仲島歩先生。
ジャンプ+のルーキー部門で、2016年12月期ブロンズルーキー賞受賞作とのこと。
アイコン?トビラ絵?を見る限りだとよくあるちょっとエッチなラブコメなのかなと思ったら大間違い!

いきなり女の子の方からおっぱいを揉んでくれと頼んできて、医療行為で緊急事態で人助けだからやむを得ず保健室でも図書館でも所構わずおっぱい揉みまくりという…
ちょっとお前何を言っているのかわからないと思われた方がいらっしゃるかと思いますが、実は私自身も何を言っているのかまだよくわかっていません←

でも全て事実だから仕方ないのです!
もしあなたが主人公だったら、目の前で病気の発作で苦しんでいる女の子を放っておけますか?放っておけるはずありませんよね!
そんなやましい気持ちだなんてこれっぽっちもあるはずが…はずが…はずが…無いとも言い切れないかな!?(←おいw)

それにヒロインの菅殿さんの羞恥のリアクションが最高に可愛すぎてもうっ!もうっ!
私のこと変態だとおもいました?とか顔真っ赤にして言われたら、ニヤニヤせざるを得ない!

そして何と言っても作者の乳揉みに対するこだわりがハンパない!
乳揉みの場所、シチュエーションはもちろんのこと、匂いや背徳的なシチュエーションでのドキドキ感に至るまで…

もしまだ読んでいない方がいらっしゃるのであれば、ぜひ一度読まれることをオススメします。
ちなみに編集部コメント、この内容で少年漫画としてギリギリのラインだとすると、某To LOVEるや某終末のハーレムは一体どうなってしまうのかと…

鬼滅の刃 第47話「プイ」の感想(ネタバレあり)

2017/01/30 17:36 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

今回までの簡単なあらすじ

 この不死川とかいうクソ野郎、俺の可愛い妹の禰豆子に何酷いことしやがる!禰豆子辛いだろうけどここは何とか堪えてくれよ…!そう思っていたけど今回のサブタイトルでなんとなく展開がわかってしまいました。やっぱ禰豆子は最高の妹です!トビラ絵の禰豆子が可愛すぎぃっ!!

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第4話「背信棄義(はいしんきぎ)」の感想

2017/01/28 06:38 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

友達と本気で喧嘩をすることも許されないとは、さすがに燐が可哀想になってきました
基本的に燐が友達思いの熱くていいやつだから余計にそう思わざるを得ません。

「親父を簡単に切り捨てんじゃねぇ!父ちゃんに謝れ!死んだら謝れねえんだぞ!」
やはり燐が言うと言葉の重みと説得力が違います。

燐の修行がようやくいい感じで軌道に乗りかけてきたところだったのに…
京都の人達にまでサタンの息子だとバレてこれから一体どうなっちゃうんだろう!?
ある意味決定的な証拠が自分から皆の前に出ていってしまったわけですし…

燐がますます追い詰められた状況に陥ってしまった今だからこそ、しえみや勝呂、子猫丸には燐の味方になって欲しいところですが…

皆が見ている前で息子の勝呂にあそこまで言われてもなお勝呂の父ちゃんが本当のことを言わない…いや言えない理由とは一体何だ!?
もしかすると勝呂の父ちゃん、ヘラヘラごまかし笑いを浮かべてばかりだけど、実は本当の事を言えなくて辛かったりするんじゃなかろうか!?

どう見ても騙されているのは蝮の方…ですよね。

それにしても柔造さん蝮のことよく見てはりますな。
あと女子高生時代の蝮が私の想像していたのよりも可愛くてちょっとドキッとしてしまいました←

みんなが燐よりもシュラさんに怯えていたのにはちょっと笑ってしまいましたw
って、ちょ、おい、勝呂の親父ってば次回予告でなにシュラさんのお尻触っちゃってんのこのスケベオヤジがw

マギ 第294.5夜(第294.5話)「アリババと紅明」の感想(ネタバレ有)

平成29年1月22日に大高忍先生の手書きブログに掲載されたお話の感想です。

今回の簡単なあらすじ

 アリババが流刑地にいた紅明を謎の軍師として煌帝国に連れて来た時のお話ですね。紅明があのイカす仮面をつけることになった経緯とか、アリババと紅明が似た者同士だという話をしたりして…

マギ シンドバッドの冒険 第135夜「覚悟」(平成29年1月25日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 まさかあの軍の建物の中では、よりにもよってシンドバッドの故郷のティソン村の人達が非道な人体実験をされていたというのか…!?

マギ 第335夜(第335話)「7つの迷宮(ダンジョン)」の感想(ネタバレ有)

 手書きブログが1月22日に更新されていたことに今気付いた…

これまでの簡単なあらすじ

 ついに聖宮へと突入したアリババ達を待ち受けるのは…!?

夏目友人帳 月夜の夏目の章 後編(第87話、LaLa2017年3月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2017/01/24 14:53 | 夏目友人帳 | コメント(0)

TVアニメ6期2017年春放送決定!
今月号には柊が可愛すぎるドラマCDも付いてきています!

ドラマCD 夏目音戯帳 1.迷いし者 2.ニャンコ先生のお留守番

 今月号の付録としてついてきたドラマCDには、アニメ第五期脚本家によるオリジナルストーリー2編を収録…しているそうです。

 まだ全部は聞き終えていませんが、柊の愛が重い…もとい、主の名取を思うがゆえに後先考えずに突っ走ってしまう柊がツッコミどころありまくりで(うっかり主の正体が祓い屋だとバラしそうになったのには思わず吹き出しそうに)、柊が名取のことを好きすぎて心配し過ぎで、ちょっと?ズレている柊が可愛すぎて、ニヤニヤさせられまくりでしたwww

 でもこれは名取が柊のことを他の二人(笹子・瓜姫)よりも贔屓してしまうのもわかる気がします。それにしても柊って名取のことになるとこんなふうになるんだ…ちょっと意外だったかも。

これまでの簡単なあらすじ

 なぜか夜中、2階の西村の部屋に、夏目が窓から訪れてきて…!?

鬼滅の刃 第46話「お館様」の感想(ネタバレあり)

2017/01/23 06:59 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 当たり前といえば当たり前だけど、ほとんどの柱は鬼殺隊の剣士(=炭治郎)が鬼(=妹の禰豆子)を連れていることには否定的な立場の様子。このままでは炭治郎も禰豆子も殺されかねない状況の中、ついに鬼殺隊トップのお館様が姿を現して…!?

終末のハーレム 第16話「学校生活(後編)」の感想(ネタバレ有り)

2017/01/22 08:04 | ジャンプ(SQ.) 終末のハーレム | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 長身巨乳バレー少女と天才飛び級ロリっ子幼女のバレー対決…結果は火を見るより明らかっぽいけど…!? それよりもゆず先生が翔太のことをどう思ってるのか気になる。ホントに一度っきりの関係になっちゃうの!?あと他のクラスメイトの女の子達との仲に進展はあるのか!?

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第3話「疑心暗鬼(ぎしんあんき)」の感想

2017/01/21 06:54 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

「奥村君ええ人やんか、子猫さんかてわかってはるんやろ」
志摩のやつよくわかってるじゃないか…
やっぱ志摩いいやつなんじゃ…
俺ちょっと志摩のこと誤解してたかも。

志摩の兄ちゃんたちも性格は違えどみんないい人そうですよね。
志摩と違って裏表もあまりなさそうですし。
でも志摩の兄弟たちが燐の正体を知った時、燐に対する接し方がどう変わるのか考えると怖いです。

「志摩さんのような才能持って~」
志摩も子猫丸と同じ普通の人間にしか見えなかったので、
この時は子猫丸の言っていることがよくわかっていませんでしたが…

燐が屋根の上でシュラさんと特訓しているシーン。
デカパイことシュラさんの服装がエロ…もとい刺激的過ぎてヤバい。
でもシュラさんやっぱいい師匠だよなとも思いました。
あと最近の原作の燐は当たり前のように青い炎使いこなせているので忘れがちですが、
そうなるまでに本当にすごい苦労&努力してきているんだよなあ…

「私が頼りないから燐も雪ちゃんも相談してくれなかったんだ 悔しい 強くなりたい」
しえみそんなこと考えてたんだ…ごめん俺、しえみのこともちょっと誤解してたかも。

「(しえみが誤って背中にやかんぶちまけてきたことは構わず病人に対して)濡れてませんか?」
出雲天使や…出雲ほんま優しいええやつや…それにしえみに対しても昔と比べると随分優しくなってきた気がする
あと出雲の「ごんぶと」発言がなんかひわ…ゲフンゲフンなんでもありません。

「親父を簡単に切り捨てんじゃねえ!」
やっぱ燐が言うと言葉の重みと説得力が違いますよね。

やたらと他の人達を犯人扱いしてこようとする蝮が怪しいように見えましたが…

D.Gray-man 第224夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・CALL1」の感想(ネタバレ有り)

2017/01/20 00:01 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

SQ.CROWN2017WINTERのD.Gray-man情報

・本編はトビラ絵を含めて7ページ。
・ファンブック第2弾「灰色ノ記録」情報掲載。
・星野桂先生の巻末コメント
 「笑顔と健康を祈願してダルマに目を入れました。叶いますように。元気になって戻ってこれたらと思います」
・裏表紙の4月発売号SQ.CROWN予告にD.Gray-manも有り。

これまでの簡単なあらすじ

 せっかくリンクの活躍で捕まえた千年伯爵を奪還されてしまい、ネアは…

マギ シンドバッドの冒険 第134夜「見えざる闇」(平成29年1月18日更新分)の感想(ネタバレ有)

本日シンドバッドの冒険最新単行本第12巻が発売です。
(サンデー本誌での扱いが本編32巻に比べると小さいので今日まで全然気付きませんでした…orz)

これまでの簡単なあらすじ

 セレン様にとってはバルバロッサに王族を否定(侮辱)されたも同然かもしれないけど、ここで剣を抜いてしまえばシンドバッドやジャーファルさんのこれまでの頑張りを無駄にすることに…頼むどうか思い止まってくれよ…!!

マギ単行本第32巻の紹介と感想(ネタバレあり)

本日1月18日、マギ最新単行本第32巻が発売されました。
というわけでさっそく買ってきました。
ちなみにいつものようの特典ペーパー付きではありません…orz。

32巻の表紙

…を飾ったのは、本編冒頭でアルバと激闘を繰り広げたユナンでした。
そしておまけ漫画のユナンが切なすぎる…まさか谷に引きこもっていたのにそんな理由があったとは…

裏表紙はアリババ&モルさん

ようやくこの二人が結ばれて本当に…本当に良かったです(ぶわぁっ)。
自分的にはマギという作品の中でもアリババとモルさんのことが一番気になっていたので。
でもこの二人が結ばれたとなると、他の人達の恋の行方が気になるところですが…

本編は第309夜から第318夜まで

計10話収録されていました。
ちなみに本日発売のサンデー最新号には第334夜が掲載されています。

マギ 第334夜(第334話)「ぶつかり合いながら」の感想(ネタバレ有)

本日最新単行本第32巻発売!!

これまでの簡単なあらすじ

 よりにもよって5人目の仲間があのネルヴァだとは…見るからに小物臭全開でプライドだけは一人前のボンボンって感じなんだけど、本当に大丈夫なのか!?

鬼滅の刃 第45話「鬼殺隊柱合裁判」の感想(ネタバレあり)

2017/01/16 00:01 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 鬼(=妹の禰豆子)を連れているのがバレた炭治郎は、鬼殺隊の中でも精鋭中の精鋭である九人の柱の元へと連行されてしまい…

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第2話「呉越同舟(ごえつどうしゅう)」の感想

2017/01/14 06:29 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(2)

もう皆さんとっくにご存知のことかとは思われますが、
コミックナタリーで青エク特集&原作者の加藤和恵先生のインタビュー記事が掲載されています。

そこで神…加藤和恵先生もおっしゃっていましたが、
今回の青エクアニメは原作に忠実にアニメ化しているので、
原作の再現度が非常に高く、まったく違和感がなかったです。
蝮の声や蝮と柔造のケンカなんかも原作で読んだ時のイメージどおりで驚きました。

あとこれは1話でも思ったことですが、シュラさんやっぱり有能ですよね。
初対面の京都の人達への対応といい、部下に次々と的確な指示を出していくところといい。
このように精力的に任務をこなしているところを見ると、とても死んだように生きているようには見えないんだよなあ…

勝呂の母ちゃんマジ美人でしたな。ちょっとドキドキしちゃったじゃありませんかw←
エプロン姿で皿洗いしているしえみが可愛い。でもだからこそ余計に今のしえみとの距離感が辛い。

燐の周りの人達の燐に対する態度がつれなさすぎて辛い。
今回、燐とまともに話してくれたのって、クロと勝呂の両親くらいでしたし…

そういや燐もうすっかり尻尾(正体)隠さなくなったんですね…

今回の自分的に一番の見所だったのは、燐が志摩を攻略…もとい志摩と一緒に弁当食って仲直りしたところのやり取りでした。
関わらないようにする方がめんどくさいとかいい意味で志摩らしいとも。
他のみんなももっとちゃんと燐と向き合って話してみればいいのに。

そういえば志摩って実はいいヤツなんじゃねと思っていた時期が俺にもあったなと←
志摩は自分で自分をカッコイイと抜かしやがっていましたが、出雲編の時のお前思いっきりカッコ悪かったぞ。

拍手コメントありがとうございました。
どのような形であれ燐としえみには幸せになってほしいですよね。

マギ シンドバッドの冒険 第133夜「俺たちの国」(平成29年1月11日更新分)の感想(ネタバレ有)

今回の簡単なあらすじ

 バルバロッサに独立国民党勝利祝賀会の国賓として招待されたシンドバッドはジャーファルさんを連れてパルテビアへと。そこでいよいよシンドバッド達が新しい国を作るという話が一気に現実味を帯びてくることに。なんか話がトントン拍子でうまく行き過ぎているような気がしないでもないけど…!?

マギ 第333夜(第333話)「聖宮へのゲート」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第32巻が来週1月18日(水)頃発売!!

今回までの簡単なあらすじ

 アラジンとアリババは世界中のみんなを元に戻すためにシンドバッドと戦うことを決意。さらに白龍&ジュダルの堕転コンビが合流し、さあこれからシンドバッドに反撃開始だという時に、一つ大きな問題が発生して…!?

終末のハーレム 第16話「学校生活(前編)」の感想(ネタバレ有り)

2017/01/08 22:41 | ジャンプ(SQ.) 終末のハーレム | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 ついに憧れのゆず先生と結ばれた翔太。はたして教え子と教師の一線を越えた二人の関係はどうなっていくのか…!?

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第1話「嚆矢濫觴(こうしらんしょう)」の感想

2017/01/07 18:25 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

いよいよ待ちに待ったTVアニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」が放送開始となりました。

最近の原作と比べるとこの頃はまだみんな未熟で青臭くて、
みんな変わらないようでいて成長しているんだということに改めて気付かされました。
燐と他のみんなの仲が微妙にギクシャクしているのは見ていて辛いですね。

前半で雪男やシュラさんが普通に接していたから気付かなかったけど…
そういえば燐の正体がサタンの息子だとバレてまだ間もない頃だったんですね。

みんなが燐を腫れ物扱いする中で…
一人だけ今までと変わらずに燐と接してくれるまゆげ…もとい出雲はホントいいやつですな。
もういっそのこと燐は出雲とくっついちゃえばよかったのに。

あと今回の話を視聴して思ったことは、シュラさんぶつぶつ文句言いながらも面倒見良いし、やるべき仕事はちゃんとやっているのが印象的でした。
それと燐が「全力で振り切った」とか言っていましたが、シュラさんも雪男も大変だわこりゃw

結局雪男が子供を助け出して、燐は大口叩いて何もできなかったどころかかえって足手まといなってしまったわけですが…
燐にはぜひとも雪男を見返してやれるくらいにいいところを見せてほしいものですな。

冗談は頭の出来だけにってw雪男相変わらず燐には厳しいw
でもそれは他の誰よりも兄の燐を意識しているがゆえに…でもあるんですよね。

雪男が勝呂達に自分のことを「ただの常人です」と言っていましたが、
やはりTVアニメ1期の時のオリジナル設定はなかったことにされてしまったか…

メフィストはこの時点でもうすでにこの先起きることも予想していそうだし、裏にイルミナティの存在があることに気付いてそう…

しえみの制服姿がムチムチエロかったけど、しえみの燐に対する態度はちょっとなんだかなあと。
こういう時こそしえみには燐の側にいて燐を支えてほしかったのに…出雲の方がよっぽどヒロインじゃないかと。

はるよ、こい!第二話〈春編〉(by伊達恒大先生、週刊少年ジャンプ2017年6号掲載)の感想

2017/01/07 00:01 | ジャンプ(SQ.) 伊達恒大 | コメント(0)

 本日発売のジャンプに、短期特別2話掲載「はるよ、こい」第二話春編が掲載されました。

これまでの簡単なあらすじ

 高校受験を2ヶ月後に控えた主人公の少年・小室剛は、二つ年上の幼なじみのはる姉こと上條はるさんから勉強を教えてもらうことに。しかもはる姉の部屋で二人っきりで!なぜかチア姿で応援してもらったりも!しかしはる姉のおかげではる姉と同じ高校に通うんだとやる気を出したのはいいものの、はる姉の涙を見てしまい…!?

マギ シンドバッドの冒険 第132夜「祝賀会」(平成29年1月4日更新分)の感想(ネタバレ有)

今週、サンデー本誌は合併号休みです。

今回の簡単なあらすじ

 シンドバッドとジャーファルさんはバルバロッサ(率いる独立国民党勝利)の祝賀会に招かれることに…

レンアイクジ(byますだぷらす先生、ジャンプクロスVol.1掲載)の感想

2017/01/01 20:11 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

 平成28年12月31日にジャンプ増刊号・ジャンプクロスVol.1という雑誌が発売しました。その雑誌に掲載されている読切の中でもますだぷらす先生の「レンアイクジ」が面白かったです。

 この漫画は「レンアイクジ」というタイトルのとおり、最初に(1ヶ月のお試し期間で)付き合うきっかけもデートの内容も全て「クジ」引きで決めるという、これまでのラブコメではありそうでなかったラブコメとなっています。でもご安心下さい、中身は少年誌ラブコメの王道を行くヒロインが可愛くてニヤニヤできるラブコメとなっています。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編:第343夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 3月29日シンドバッドの軌跡、4月5日プロトタイプ、4月12日新章スタート NEW!

単行本
├本編:33巻-4月18日頃発売予定
└外伝:12巻-1月18日発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.342 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は3月29日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード
ブログパーツ