カレンダー(月別アーカイブ)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ TVアニメ2期

マギ TVアニメ2期 第25夜(第25話、最終回)「おかえりなさい」の感想(ネタバレ有)

2014/03/30 19:31 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(3)

ついにマギTVアニメ2期も最終回となりました。
最終回の盛り上がりっぷりはハンパなかったですね。本当いい最終回でした…

1期ラストは原作改変(改悪)で色々物議を醸したのに対して、
2期はほぼ原作どおりに話が進んで(一部作画がアレな回もありましたが)、
原作ファンにとっても十分楽しめる内容だったのではないかと。

結局、最後まで3期の発表とかはありませんでしたが、
公式ツイッターのつぶやきがちょっと気になりました…

2期最終回で、個人的に一番気になったのは、やはり白龍ですかね。
好きな人や身内からも拒絶されて、仇の玉艶には手も足も出ずやられてしまい、
もはや白龍に手を差し伸べてくれるのはジュダルしかいないという状況で、
それから白龍がどうしていたのかすごく気になっていたのですが…

マギ TVアニメ2期 第24夜(第24話)「滅亡の時」の感想(ネタバレ有)

2014/03/23 18:51 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

いよいよ次回(来週)でTVアニメマギ2期も最終回ですね…
原作通りに綺麗に終わらせてくれることを願うばかりです…

久しぶりに登場したあの少女…この戦場に女神が舞い降りたのかと…

マギ TVアニメ2期 第23夜(第23話)「魔装戦士たち」の感想(ネタバレ有)

2014/03/16 18:48 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(1)

白龍ェ…

マギ TVアニメ2期 第22夜(第22話)「守りたいもの」の感想(ネタバレ有)

2014/03/09 19:06 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

前回、作画が酷すぎたのでどうなることかと思っていたのですが、
今回は特に作画崩壊しているところもなくて、持ち直したように見えました。

ストーリー展開も原作通りで、変な改変もなくて、普通に楽しめました。

5月に発売される、シンドバッドの冒険第3巻OVA付き限定版 の初のTVCMが…!
「迷宮バアル攻略篇~前編~」ということは、まだジャーファルさんの出番はないのかな…

マギ TVアニメ2期 第21夜(第21話)「王の器」の感想(ネタバレ有り)

2014/03/02 18:01 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

今回の作画崩壊はちょっと酷すぎでしたね…
もはや原作改変云々のレベルではありませんでしたね…
こんなに作画が酷いと、いくらいい話でも感情移入できないです…

なぜか紅覇の部下の男の人だけ作画がまともだったので、
他の人達の作画崩壊がより一層際立ってしまったという…

そのせいで今回一番の盛り上がりどころ&ツッコミどころになるはずだった、
全身魔装アリババの活躍とその後のオチがイマイチ盛り上がれませんでした…


うるさーい!私が助けたいのは魔導士だけだ!ゴイなどではない!貴様らなどどうしようが知った事か!この…卑しい汚いウジ虫どもめがー!!


 このあたりのシーンはまだ作画も安定していて、特にモガメット学長役の声優さんがすごい迫真の演技で、原作ファンでも思わずうなずいてしまう面白さだったんですけどね。


お前たちがマグノシュタットに残ったおかげで、情報を得られたんだからね。よくやってくれた。


 えっと、マグノシュタットに残って情報を~って、紅覇の部下の三人娘さん達は一体どうやってスパイ活動をしていたのでしょうか?やはりアラジンの同級生だったあの少女…紅覇の部下と声優さんの名前が同じあの少女がスパイだったりとか?


私は浮気者に身を焦がすのはやめようと誓ったんだ。いやマジで。


(パイモンと同じく)レラージュもおっぱい丸出しでしたね。
ある意味ここが一番の盛り上がりどころだったかも←
レラージュは浮気者が嫌い~と言っていましたが、
原作最新話を読んで頂ければ、その理由がわかるかと思います。
ちょうどいい時期に原作とアニメでレラージュに関する話がリンクしていて面白かったですね。

マギ TVアニメ2期 第20夜(第20話)「再会」の感想

2014/02/23 19:20 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(2)

というわけで、TVアニメ版のマギが、2週間ぶりに放送されました。

っていうか、どこまで話が進んでいましたっけ…?
たしかアラジンがマギ無双して、もはやレームに戦う術はなくなったと思われたけど、
ファナリスのムー団長だけは諦めていなかった…というところで終わっていましたっけ?

今回はとにかくアラジンとシェヘラ様が可愛すぎでした…
そして最大の盛り上がりどころは久しぶりのアイツが登場したシーンでしたね…


なんとか命はとりとめたぜ… 恩に着る…


 今回はほぼ原作通りの内容だったのですが、結構セリフがカットされている所がありましたよね。ここのシーンのスフィントスとドロン(マイヤーズ教官の弟)のやり取りもそうですが、ドロンの「恩に着る」というセリフが丸ごとカットされていました。

 ドロンといえば、アラジン達が最初に五等許可区に行った時は、すごい嫌な奴として登場して、魔法で攻撃まで仕掛けてきていましたよね。でも今はこうして同じマグノシュタットを守る仲間として戦っている…というのがわかるシーンだったのになぜにセリフをカットしたのか…


バルバトス!!!剣だ…奴の身体全体が…一振りの何ものをも貫く剣なのだ…!!


 前回のアラジン無双とは一転して、今回は全身魔装ムー団長無双となりましたね。

 しかしなぜアラジンは前回と同じようにウーゴくんで戦わないのかと思ったのですが、魔法でウーゴくんを作る時間がなかったのか、それとも作れたとしても今のムー団長には対抗できないと判断したからなのか。


バルバトスの剣は…………一直線に一直線に街まで斬り裂く!!!


 って、ちょ、待って、街には何十万もの人達が、マルガが。アラジンは体を張って止めようとしていましたが、この杖を壊された状態ではもはや無力も同然であって、もうダメだ終わりだと…


あ…ア…アリババくん…!!


 原作の時も同じような感想書いたような気がしますが…

 その懐かしい声…後ろ姿…そしてアモンの剣…ア、ア、アッ、アッー!!アリババきたあああああああ!!!!!!

 今まさにアラジンが絶体絶命のピンチの状況で、ここしかないというタイミングで助けに現れるとは、これぞまさしく主人公というべき登場の仕方でしたね。久しぶりに再会したアリババがカッコ良すぎて、これはアラジンじゃなくても好きに…メロメロになってしまうのも無理が無いですね…


エヘン!そんなに小さくなかったよ!アリババくんは…ぜんぜん変わってないね!!


 このアラジンの嬉しそうな顔&はしゃぎようときたら…久しぶりにこんなアラジン見た気がしますね…見た目の割には大人びているアラジンですが、この時は年相応の子どもに戻っていましたね…特にアリババに背伸びてないかと聞かれた時にプルプル背伸びしていたのがショタ可愛かったです…ハッ、って、俺、一体何を言ってるんだろう!?


フフフ。268歳。フフフ…おどろいた?私、こう見えても、とってもおばあちゃんなのよ。


 たしかにアラジンもショタ可愛かったのですが、シェヘラ様もこんな可愛いおばあちゃんが~と思わずにはいられませんでした。

 もちろんシェヘラ様のちょっとロリな見た目もそうなのですが、アラジンやアリババを微笑ましそうに見守る笑顔や、ちょっといたずらっぽく笑う笑顔が、これまでの笑わないイメージとのギャップもあってか、すごくすごく可愛かったです。これはムー団長が好きになるのも無理がないなと思いましたね。


関係ねーよ、バカヤロー!!!おまえがそんなに悩んでることならな!!俺も一緒に悩むし考えるぜ!!


 さっきの助けに来てくれた時もカッコ良かったのですが、アラジンにこう言ってくれたアリババもすごくすごくカッコ良かったですね。


シェヘラザード本体のからだがもう限界なの…


 ここでアラジンもアリババもやるべきことがはっきりしているけど、もう長く生きられないことを知らされてしまったティトスがこれからどうするのか…ですよね。この先のティトスの苦悩と決断をTVアニメ版ではどのように描いていくのか、注目していきたいです。

マギ TVアニメ2期 第19夜(第19話)「本物のマギ」の感想

2014/02/09 19:01 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

今、実家に帰ってきているので、原作(単行本)との比較ができません。

ところどころキャラのセリフとか原作とは違っているようですが、
今回はそんなにおかしいところはなかったような気がします…多分…。


次回は2月23日(日)午後5時00分からお送りします


 どうやら来週はオリンピック番組の関係でマギのアニメはお休みとなり、それで次回の放送が再来週になるようですね…。何だかんだ言いながらも楽しみに見ていたアニメなので、一週間お休みはちと辛いですね…


アラジン、大丈夫!?


 このおさげ髪の女の子は、アラジンが一年生の時に同じコドル6だった才凛…ですよね(前回までにも登場していたかもですけど、シェヘラ様とか他のキャラの印象が強すぎて気付かなかったかもです)?ここにいるということは、彼女は国には帰らずにマグノシュタットの魔導士として戦うことを選んでいたんですね。

 この才凛という女の子は、地味に可愛くて、気の利くいい子で、あまり才能はないかもしれないけど頑張り屋で、意外と芯の強いところが、自分的には好きなキャラです。


もしもマグノシュタットで本気で戦わなくちゃいけない時が来たら、これを外してマギの力を解放するのよ!


 今週のヤムさん分補給させて頂きました!

 やっぱヤムさんいいよなあ。もう何度も同じこと言っているけど、年上の可愛くて優しくて面倒見が良くてそのうえおっぱい大きい女の人は最高です!!いまさらですが、どうやってあの貝みたいなのでおっぱい抑えているのかがすごく気になりました…


俺だって、がんばってんだよ~ うわぁぁぁ~ん!
えっ、えええっ!?姉上の料理を口に入れてしまったらモルジアナ殿が危ない!!


 3DS版マギのCM…白龍のセリフだけこんなのばっかなのには笑いましたwそれにしてもちょっとグラフィックが酷くないですかね?あのグラフィックで買う気なくなってしまうんですよね…


…でも、アラジンがいるなら…!


 ここでアリババもアラジンの存在に気付いたようで、ようやくアリババの出番がくる…のかな?レームでどの位強くなったのか、アリババの活躍が楽しみですね。


マグノシュタットは心が恨みをはらんだまま一つにさせられてはいけない!それをすれば必ず暴走する!


 今回はアラジンマギ無双と言ってもいい位のアラジンが活躍する回でしたね。

 しかも同じマギの力を使っていても、マグノシュタットに来る前とは比べ物にならない程のこの強さ…マグノシュタットでの成長ぶりがうかがえる強さでしたね。

 しかしアラジンはアルマトランで起きた出来事を知っているけど、アラジン以外の人達は誰もそれを知らないわけで、アラジンがいくら説得しても通じないのは無理もないような気がしますけどね。そのあたりは次回を見てくださいとしか言いようがないのかな…

マギ TVアニメ2期 第18夜(第18話)「レームの脅威」の感想

2014/02/02 18:40 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

「マグノシュタットの魔導兵器」……狩り尽くせ……ファナリス兵団!!!!!


 ファナリス兵団きたああああああああああああ!!!!!!!!!!!!

 ファナリス兵団はマグノシュタットの一般兵はおろか魔導士達でさえも手も足も出ない圧倒的強さでしたね。まさに「戦闘民族」の名にふさわしい戦いっぷりでした。

 しかしあの魔導兵器の一撃の破壊力を見る限りだと、とてもファナリス兵団が投げた大岩では防げるものではないように思えたのですが…

 あれ、そういえばアリババは!?たしかファナリス兵団の人達と同じ船で来ていたはずですが…。

 あとムー団長の「狩りつくせ」という言葉が気になりました。狩りつくせも何も魔導兵器は一体しか無いのですが…


なんだ!?あのマグノの兵たちの武器は!? あれは…魔法道具!!! 進みなさい!!魔導士の国の兵たちよ!!魔法道具の牙を侵略者共に存分に突き立てなさい!!


 ここのマグノシュタットの一般兵=非魔導士達が魔法道具で戦うシーンがTVアニメでは丸ごとカットされていたため、先ほどのムー団長が狩りつくせと言った魔導兵器には魔法道具(を使う一般兵達)も含まれていたことや、なぜ魔導士達に守られて後ろの方にいたはずの一般兵達が最前線にいたのかが、わかりにくくなってしまっていましたね…

 おそらくマグノの非魔導士達は魔導士に依存するだけの自分たちだけでは何もできない存在だから、たとえ魔法道具を使ったとしても非魔導士達が自ら戦う姿を描くのは矛盾してしまうとでも、あるいは演出の都合上ない方がいいと、そうアニメスタッフさん達は考えてしまったんですかね?変に原作を改変(改悪)してしまうから話の辻褄が合わなくなってしまうというのに…


馬鹿な人達。 フッ、落とせるわ。 やっぱり、私…あなたのことが…大嫌い。


 ああ、シェヘラ様…得意気に勝ち誇るシェヘラ様も、馬鹿な人達と蔑むシェヘラ様も、憎々しげに大嫌いと言うシェヘラ様も、すごくすごくいいっ。ゾクゾクしてしまいますぅっ!!


レームの民は自分の足で歩いていける。 シェヘラ様はこうおっしゃっているのだ、あえて任せると。 みんな自分たちだけで歩いていける、魔導士なんかいなくたって。


 その魔導士とはシェヘラ様自身のことをおっしゃっているようにも聞こえました。シェヘラ様は自分がいなくなった後も、レームの民達がシェヘラ様…マギ…魔導士に頼らなくても自分達だけでもやっていけるようにとお考えになっていたのではと…

 でもシェヘラ様がおっしゃっていることは正しいのかもしれないけど、だからと言ってマグノシュタット侵攻を正当化できるとはとても思えないんですけどね…

マギ TVアニメ2期 第16夜(第16話)「残された命」第17夜(第17話)「宣戦布告」の感想

2014/01/26 18:57 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

というわけで、今回は一挙二話放送の一時間スペシャルでした。

原作が微妙にカットされたり、順番が変えられたり、オリジナルが追加されていたりで、
ちょっと話のつながりがわかりにくいところもありましたね…

今回のお話では怒涛の展開で一気にレームとの開戦までいってしまいましたが、
そこを盛り上げたいがために、多少つじつまが合わなくとも改変してしまったのかもしれませんが…


ねえ、ティトスくん。僕の受けた授業の内容を君に話すよ。ボクも君にそうしよう。


 特にこの研究室(ゼミ)選択のシーンがほぼ丸ごとカットされていたせいで、その後のティトスがシェヘラ様に報告をしているシーンで、どうしてティトスがアラジンが受けた授業の内容を知っているのか、原作読んでいないとわからないと思うのですが…


授業で見せられた「学院が初期に開発した魔法道具」と、レームで見せて頂いた「海賊の魔法道具」が…ほぼ、まったく同じ形状だったのです。必ず、繋がりがあります…


 この原作でのティトスからシェヘラ様への報告のシーンも、アニメでは「詳細はお送りした資料の通り」の一言で片付けられてしまっていました。でもこれらの事実はマグノシュタットがレームを脅かそうとしている重要な証拠となるわけで、このことがシェヘラ様にマグノシュタットとの開戦の決意をより強く促すことになったことからも考えると、やはりカットすべきではなかったと思うのですが…


なーに、今のは?ティトス、五等許可区の件、私はまだ許していないわ


 シェヘラ様怖い…


ティトスお兄ちゃん、大好き!


 大好き…大好き…これはもうティトスでなくてもマルガにメロメロになってしまうというものです。マルガがいい子過ぎて、可愛すぎて、むしろ俺がマルガと二人で暮らしたいです!

 マルガがはじめて外の世界に出た時のリアクションが、ティトスのそれと同じでしたね。ティトスはマルガが自分と同じような境遇(残り少ない命、外に出られない)だからこそ、彼女に特別な思い入れをしてしまったのでしょうね。


彼女ら(シェヘラ様とヤムさん)は国を丸ごと覆う結界を一人で張ることさえできる!だがそんなことをすれば間違いなく若くして死ぬ!


 この事実は原作で初めて知った時も、ヤムさんファンの自分にとっては、少なからず衝撃を受けてしまいました。でもヤムさんってばシンドリアでアラジンと話していた時は、全然そんなこと微塵も感じさせなかったのに、平気そうな顔で実はすごく無理していたのでしょうか…


僕と兄さんまで一緒にしないで欲しいのだ。僕達はれっきとしたアレキウス家の血も流れているのだ


 やっべ、ファナリス兵団のムー団長の妹のミュロン、原作よりもめっちゃ可愛くなっているんですけど…

 この「のだ」口調、ツンツン生意気な性格、髪をくるくる回す仕草、ヤムさんにも勝るとも劣らないおっぱい、そして何よりあの表情で「一緒にしないで」とか言われたりしたらもうっ!もうっ!


アラジン、元気かな?


 最後の最後で久しぶりのアイツ…アリババが登場!でもレームのファナリス兵団の船に乗っていたということは、アラジンの敵となってしまうのか、アリババの今後の動向と活躍にも注目していきたいですね…

マギ TVアニメ2期 第15夜(第15話)「魔導士の国」の簡易感想

2014/01/19 19:03 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

来週は第16夜&第17夜拡大1時間スペシャルとのことです。
(詳細はTVアニメ公式サイトをご確認ください。)

幼いころのヤムさんのロリ可愛さの破壊力にやられてしまいました…
俺もヤムさんの父親代わりになりたい…


「アラジン、君『も』この国の闇を払いに来たんだろう?」


 うーん、シェヘラ様がティトスに与えた任務は、ちょっと違うような気がするのですが…


「こいつ、悪びれもなく!」


 しかし、マイヤーズ教官の弟がイヤミったらしくムカつくやつだなあと思って見ていたのですが…

 よくよく見ると姉に勝るとも劣らないすごい格好…露出した服装には驚かされました。


「だが、その誰とも自分は違う存在なのだと、悲しく思ったことはないか?」


 これまでアラジンは自分が他の誰とも違うから、どんなにたくさんの仲間達に囲まれていても、マギであるがゆえの苦悩を誰にも話せなかったわけです。

 でもモガメット学長が言ったことが、自分が思っていたのと同じだったから、思わずハッとさせられたのでしょうね。厳密に言うとマギと魔導士は違うわけですが、どちらも自分が他の人とは違うんだということを嫌でも自覚せずには生きてこられなかったのですから…


「欲望を抑えられん非魔導士共は、我々魔導士が完璧に管理せねばならん!」
「魔導士主導の魔導士のための魔導士の国を作らねばならんのだ!」


 前評判とは違ってアラジンやティトス達に対してはあんなにも穏やかで優しかったのに、非魔導士のことになると急に人が変わったかのように冷徹な恐ろしい一面を見せ始めたのには驚かされました。(すでに原作で読んで知っていましたが、TVアニメになるとまた迫力や説得力が違うのですよ)

 まあたしかにモガメットの記憶の中に出てくる非魔導士達は家畜も同然のヤツらばかりだったのですが。でもこれではティトスも指摘していたようにモガメット達魔導士が虐げられる側から虐げる側に変わっただけのような気がしなくもないのですよ。

 そもそもモガメット学長は非魔導士が家畜にしか見えていないようなので、アラジンやティトスがいくら説得しようとしても無駄なように思えますが、マルガの扱いがどうなるのかとか、原作の話をどのようにTVアニメでやっていくのか気になりますね。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第167夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は11月15日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ