カレンダー(月別アーカイブ)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ シンドバッドの冒険

マギ シンドバッドの冒険 第148夜「弾圧」(平成29年5月24日更新分)の感想(ネタバレ有)

 アプリで漫画を読むために話数を選択する時の、仲睦まじい二人(ミストラスとピピリカ)の様子と「弾圧」というサブタイトルのすさまじいギャップが… 

これまでの簡単なあらすじ

 結局最後まで同じ仲間の四天将軍やバルバロッサにも信じてもらえないまま、ロッターは無残にも拷問の末に殺されてしまうことに。そしてやはりロッターはセレン様にゼパルで操られていたが、まだバルバロッサ達はそのことに気付いていない様子。はたしてセレン様達の狙いとは、あとシンドリアの建国式典は無事に開催にこぎつけることができるのか…!?

マギ シンドバッドの冒険 第147夜「暗躍者」(平成29年5月17日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 バルバロッサの腹心の部下の一人である四天将軍ロッターが反抗勢力に加担していた…!?

マギ シンドバッドの冒険 第146夜「」(平成29年5月10日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 パルテビア国内で何やら不穏な動きが…反バルバロッサを掲げる「革命軍」の登場によって物語は思わぬ方向へと…!?

マギ シンドバッドの冒険 第145夜「革命の音」(平成29年5月3日更新分)の感想(ネタバレ有)

今週、マギ本編は合併号休みです。

これまでの簡単なあらすじ

 ロリヤムさんが可愛すぎて、もう俺的にはロリヤムさんさえいてくれたら他はどうだっていい(←おいw)

マギ シンドバッドの冒険 第144夜「」(平成29年4月19日更新分)の感想(ネタバレ有)

今回、サブタイトルついていませんでしたね。
時々サブタイトルがついていない回がありますが、単なるつけ忘れなのか、何か意味があってつけていないのか…
それと全然話が変わりますが、最新単行本第13巻早く買って読みたいです。

今回の簡単なあらすじ

 今回、全俺待望の超絶可愛いあの女の子が、ついにシンドバッドの冒険でも登場!!もういっそのこと彼女を主人公にしたらいいんじゃね!?←

マギ シンドバッドの冒険 第143夜「シンドリア王国」(平成29年4月12日更新分)の感想(ネタバレ有)

2週間の休載を経て新章突入!!
ジュダルが表紙の最新単行本第13巻が4月18日(火)頃発売!!

これまでの簡単なあらすじ

 あれから1年が経ち、シンドリア商会本部がバルバッドからパルテビアへの移転を完了させ、いよいよシンドリア王国の建国式典まであと3ヶ月…

マギ シンドバッドの冒険-プロトタイプ-(前編)(後編)(平成29年4月5日更新分)の感想(ネタバレ有)

(シンドバッドの冒険)連載開始前にTVアニメマギのBlu-ray/DVD限定版特典に掲載された「バアル攻略編」の別バージョン。マンガワン初掲載!!

 本日、マンガワンに掲載されたプロトタイプについて、冒頭でこのような紹介がありました。Amazonで調べたところ、どうやらTVアニメ1期円盤1巻限定版の特典でついてきていたようです。

 それにしても別バージョンというのがちょっと気になりますが、円盤特典のオリジナルバージョン?とは内容が違っているということなのでしょうか?私は円盤買っていないので確認できなくてすみません。

今回のプロトタイプを読んだ感想としてはざっとこんな感じですかね。
・もうすでにストーリーを知っている私達読者にとってはプロトタイプ版であると共にダイジェスト版といった感じ。
・物語のはじまりから最初の迷宮・バアル攻略までが2話でテンポ良くまとめられています。
・マギ本編やシンドバッドの冒険連載版の初期を彷彿とさせるような、心躍る冒険活劇がここにはありました。
・マギを読んでこんなにもドキドキワクワクしたのは随分と久しぶりな気がします。
・連載版との違いも含めて楽しめます。特にバアル攻略後の展開が連載版と大きく異なっていて興味深いです。これだけでも読む価値が十分あります。
・でもエスラさんの容姿は連載版の方が断然いいと思いました。
・そしてドラコーンの名前があいかわらず長過ぎる件についてw連載版と違いがあるのか比較する気さえ起こらないですw

 あとこれは漫画の内容とは全然関係のない、このブログについてのことですが、こうして平成○○年○○月○○日更新分と書いておくと、何ヶ月とか何年後とかに調べたいことが出てきた時に、確認しやすくていいですよね…という自画自賛のコメントでした←

マギ シンドバッドの冒険 第142夜「夢の途中」(平成29年3月22日更新分)の感想(ネタバレ有)

来週は休載、その代わりに今までのシンドバッドの軌跡をまとめた復習編が掲載されるそうです。

これまでの簡単なあらすじ

 セレン様達がシンドバッドの元から離れて行き、ドラコーンはかつての主のセレン様ではなく今の主のシンドバッドと共に行くと言ってくれて、だがしかしその後突然訪問してきたバルバロッサにドラコーンのことがバレてしまってさあシンドバッドどうする…!?

マギ シンドバッドの冒険 第141夜「それぞれの道」(平成29年3月15日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 セレン様がお付きの二人やジュダルと一緒に出て行かれてしまった…しかもシンドバッドにゼパルを仕込んだまま…

マギ シンドバッドの冒険 第140夜「八芒星(アル・サーメン)」(平成29年3月8日更新分)の感想(ネタバレ有)

今回までの簡単なあらすじ

 ファーランから自分が「運命」に抗うことができる特別な存在「特異点」であることを聞かされたシンドバッドが出した答えは…!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第350夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第148夜 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.349 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は5月24日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ