カレンダー(月別アーカイブ)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ シンドバッドの冒険
カテゴリー  [ マギ シンドバッドの冒険 ]

マギ シンドバッドの冒険 第167夜「守る意志、戦う心」(平成29年11月15日更新分)の感想(ネタバレ有)

いよいよ明後日11月17日(金)頃にマギ本編最後の単行本となる第37巻とシンドバッドの冒険第16巻が発売するぞー!

先週WEBサンデーで発表されていたけど、一部書店で本編単行本を買うと特製クリアしおりがついてくるそうだ。
(36巻ペーパーのマイヤーズverとはまた違う魅力の)メガネっ娘モルさんを見た瞬間心をグッと鷲掴みにされた男子読者諸兄、その気持ちよくわかるぞ!
だがちょっと冷静になって落ち着いて考えて欲しい!
なぜならいつものようにサンデーサポーターショップで単行本を買ってもクリアしおりがもらえない場合があるようなんだ!
特典ペーパーとクリアしおりの配布方法について下にそれぞれリンクを貼ってみたので確認して欲しい。

特典ペーパー → サンデーサポーターショップ限定
特製クリアしおり → 一部書店かつ書店によって配布方法が異なる

WEBサンデーで書店リストを確認してみた所、
この特製クリアしおりが配布される一部書店というのが、必ずしもサンデーサポーターショップとは限らないようなんだ。
むしろ都道府県によってはサンデーサポーターショップでもクリアしおりを配布する所は1ヶ所あるかどうかいう…
あと地域によっては発売日が1日以上遅れる場合とか、既刊しか対象にならない場合もあるようなので、確実にメガネっ娘モルさんをゲットしたい場合は事前に書店に確認しておくのがベストだと思う。

そして大寺先生の巻末コメントによると、シンドバッドの冒険16巻の書店特典はSSSペーパー、アニメイトではイラストペーパー(シンドバッド&ヴィッテル・マハドを除く八人将)、とらのあなではカラーポストカード(超キュートなセレン様、とらとメイトはネット通販サイトで確認)が付く予定らしいぞ!

そんでもってようやく感想に入らせてもらうけど、物語はシンドバッドがシンドリアに戻ってくる30分前、ジャーファルさんとヴィッテル・マハドがシンドリア国内に侵入したパルテビアの怪物達を相手に戦っているところから始まるわけだけど…

マギ シンドバッドの冒険 おまけ漫画(平成29年11月8日更新分)の感想(ネタバレ有)

うわああああんミストラス…今回はおまけ漫画だからって完全に油断してた…

シンドバッドの冒険は、休載、おまけ漫画を挟んで、いよいよ次週から連載再開のようですね。
ここ最近は重い展開が続いているので読む側もすごく辛いのですが、頑張って読むことにします。

ちなみに私がマギ(シンドバッドの冒険も)を読む時は、いつも事前にしっかり心の準備をしてから読むことにしているんですよね。
でも今回はおまけ漫画が掲載されることがわかっていたので完全に油断してしまっていました。
どうせまた単行本の宣伝とか一枚絵とかシリアスな展開の合間に思わずホッとするような閑話休題的なアレだろうと。

それがまさかここで番外編的なアレで記念式典直前の(一番幸せの絶頂にいたと思われる)在りし日のミストラスを登場させるとは…

マギ シンドバッドの冒険 第166夜「ミストラス」(平成29年10月25日更新分)の感想(ネタバレ有)

今後のシンドバッドの冒険の更新スケジュール(予定)は以下のようになるみたいです。
10/25水 第166夜
11/1水 休載
11/8水 おまけ漫画
11/15水 第167夜(連載再開)

前回ラストで眷属同化したミストラスの変わり果てた姿、そして今回のサブタイトルを見た時点で、今回の話の展開が大方予想がついてしまったのが…

そして巻末の大寺義史先生のコメントが…今回のお話は巻末の作者コメントまで読んでいただくことをオススメします。

マギ シンドバッドの冒険 第165夜「絶望への誘い」(平成29年10月18日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ本編は先週で大団円の最終回を迎えましたが、こちらのシンドバッドの冒険の連載はまだ続いていくようです。

(休載の時以外は)もう何年もずっと毎週サンデーでマギを読むのが当たり前になっていたので、いつも買っているサンデーを読んでもマギが載っていない(WEBサンデーの大高先生のバックステージが更新されていない)と、マギの連載が終わったのを改めて実感せずにはいられないというか、こう心にポッカリと穴が空いたような感じがしてしまうというか…

あと最近のサンデーの巻末の作者コメントで、どなたも大高先生におつかれさまと言ってくれる方がいないのが、ちょっとさびしいような気もしました。
(大高先生、GS美神文庫版2巻にエッセイとイラストを寄稿していたのに椎名高志ェ…)

ちなみに本日マギ最新単行本第36巻が発売されているはずですが、私が買えるのは明日以降になりそうです。

さてシンドバッドの冒険の感想に話を戻しますが、前回シンドバッドはあと一歩のところまでバルバロッサを追い詰めるも、ファーランによってアル・サーメン空間?に引きずり込まれてしまい、もはやシンドバッドにはバルバロッサを倒すこともシンドリアの国民達を助けに行くこともできないのかと…

マギ シンドバッドの冒険 第164夜「運命の申し子」(平成29年10月11日更新分)の感想(ネタバレ有)

本編は今週で大団円の最終回を迎えましたが、こちらのシンドバッドの冒険はまだ連載が続くようでとりあえず安心しました。
個人的にはせめてヤムさんが八人将に加わり、シンドバッドがすべての金属器を集め終わる所まで…できればシンドバッドが葉王としてアラジン達の前に現れる所までは続いて欲しいです。

前回、バルバロッサを倒して終わりかと思いきや、案の定ジュダルが裏切りやがってくれましたね。
しかもシンドバッド&セレン様の金属器が破壊された状況で、立ちはだかる四天将軍メンフィス&ジュダルをどうにか突破して、バルバロッサを倒さなければいけないというこの無理ゲー…

マギ シンドバッドの冒険 第163夜「裏切り」(平成29年10月4日更新分)の感想(ネタバレ有)

前回のサブタイトルが「新たな恐怖」でしたが、
これ今回のサブタイトルにした方が良かったのではと。

今回のサブタイトルが「裏切り」…
もう今回の展開がどうなるのかは皆様予想がついているかと思われます。

ここ最近しつこいようですみませんが…
本編は次週で最終回となるようですが、こちらのシンドバッドの冒険がいつまで続くのかが気になります。

マギ シンドバッドの冒険 第162夜「新たな恐怖」(平成29年9月27日更新分)の感想(ネタバレ有)

先週大高先生がバックステージでマギ本編は最終回まであと4話とおっしゃっていましたが、
こちらのシンドバッドの冒険の連載がいつまで続くのかが気になって仕方ありません。
(もし万が一本編もシンドバッドの冒険も同時期に連載終了となるとすごく辛いです)
個人的には初代シンドリア滅亡後も話が続いて、残りの金属器も全て集めて、本編の八人将も全員集合して、バルバッドでアラジン達と出会う所まで話が続いてくれることを願わずにはいられないのですが…

まさかミストラスがあんなにもあっけなくやられてしまうなんて…
ザイザフォンのギャグ回から一転して、状況はかなり緊迫してきました。
あんな芸当ができるのはかつてジャーファルさん達も所属していたシャム=ラシュくらいしかいないだろう思っていたら…

マギ シンドバッドの冒険 第161夜「2人の絆」(平成29年9月13日更新分)の感想(ネタバレ有)

来週は単行本作業のため休載だそうです。
…そういや次の16巻の発売日はいつになるんだろう!?
本編は10月18日らしいけど、シンドバッドの冒険は載っていなかったし。

全然話は変わりますが、先程新型iPhoneの発売が発表されましたね。
皆様は何でマンガワンなどの漫画アプリを読まれていますか?
私は家ではiPad(かなり古いやつ)、外ではiPhoneSE(ポケットに入れて持ち歩きしやすい反面、画面が小さいのが辛い)で読んでいます。

それでは話を戻しますが、前回はヒナホホとザイザフォンの力と力の激しいぶつかり合いが繰り広げられさすがのヒナホホも苦戦必至になるかと思いきや、まさかのあっけない幕切れでしたね。
何話か前でザイザフォンは文字通り自身の身体を盾にしてシンドバッドからバルバロッサを守ったりと敵ながらやる男だと思っていたのですが、いかんせん脳筋過ぎたということなのか…

でも前回のヒナホホがあっさりうまく行き過ぎた反動で、今回のミストラス&ピピリカが酷いことにならないか不安でいっぱいな件について。特にあの大高&大寺コンビなら絶対にやりそうところが…

マギ シンドバッドの冒険 第160夜「究極の生命体」(平成29年9月6日更新分)の感想(ネタバレ有)

ヒナホホが得意のパワーで圧倒され、眷属器の技も効かず、そのうえ鎧が変形するだと…!?
ダメだ一体どうやったらこのザイザフォンとかいう化物に勝てるんだ…そう思っていた時期が俺にもありました。

マギ シンドバッドの冒険 第159夜「鋼鉄のザイザフォン」(平成29年8月30日更新分)の感想(ネタバレ有)

前回、ヒナホホ達は予定通り橋を壊すことに成功して安心したのもつかの間、四天将軍の一人・ザイザフォンが人間離れした跳躍力で壊した橋を飛び越えてきてしまい、ヒナホホ達の前に立ちはだかることに…

っていうか、こいつ、何話か前に、自分の身体を盾にしてバルバロッサを庇って、バルバロッサ以上の重症を負っていなかったっけ!?それがもうこうして戦場の最前線に出てきているとは…いくら人体改造しているとはいえあんなすぐ治るものなのか!?まだ全然治っていないのにも関わらず無理をして出てきているのだとしたら、ヒナホホ達にも勝ち目が出てくるというものだろうけど…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第167夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は11月15日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ