カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .横田卓馬

夏と神輿と巨大怪獣 第3話(by横田卓馬先生&やしろ学先生)の簡単な紹介と感想

つい先程ジャンプLIVEで第3話が配信されました。

今回のお話は全4話の3話目で、
最終話となる第4話が1月14日(火)配信予定だそうです。

いよいよ十年ぶりの巨大ロボ…神輿復活に向けて盛り上がってきたわけですが…

広告が入ることによってお祭り感が削がれるのではという不安がありましたが、
作中でアキトが言っていたようにそれほど見た目的に悪くはなかったので一安心。

これでどうにか神輿復活まではこぎつけたわけですが、
次のハードルはやはり巨大怪獣とのバトルになりそうなのかな。
この祭りが行われなくなったのも、十年前に巨大怪獣にボロ負けしてしまったからであって、
せっかく神輿を復活させても、負けてしまってはまた元の黙阿弥になってしまうのですから。
(っていうか、バトルも神輿を担いですることになるの?)

ここにきてヒロイン達…特に深澄さんの株が急上昇中です。
一見目立たないタイプだけど、さりげない気配り(と料理)のできる女の子って…いいですよね。
彼氏がいるかと聞かれた時の困った姿がまた可愛かったですし。
橘さんには橘さんらしい、深澄さんには深澄さんらしい魅力があるんですよね。

ただ男性陣とヒロイン達のラブコメは…最終話であるのかな?
アキトと橘さんのやり取りはいかにも青春という感じでしたが、
お互いを異性として意識しているかどうかは不明…

横田先生は青春モノを書く(描く)のが上手い方ですが、
こういうお祭りで盛り上がっていく様子を書く(描く)のも、
まさにお祭り騒ぎという感じが上手いなあと思いました。

獣の女王《後編》(by横田卓馬先生)の簡単な紹介と感想

2013/12/29 21:54 | .横田卓馬 .横田卓馬 集英社以外 | コメント(0)

ヤングエースに二号連続で掲載された横田卓馬先生の読切「獣の女王・後編」の感想です。


これまでの簡単なあらすじ


 女子高生の女王・真璧は、蛇の王にその素養を見込まれ、十二支の獣の王の中の王を巡る戦いに否応なく巻きこまれていくのだった…とはならずに、その持ち前の女王様っぷりで蛇の王でさえも手玉に取ってしまう。しかし大切なおさななじみのもえぎが兎の王の力を得て現れ、暴走するもえぎを止めるためには蛇の王に頭を下げて力を手に入れるしかない状況に…

夏と神輿と巨大怪獣 第2話(by横田卓馬先生&やしろ学先生)の簡単な紹介と感想

つい先程ジャンプLIVEで第2話が配信されていました。

第3話が1月3日(金)配信予定となっていましたので、
最終話の第4話は1月10日(金)に配信されるのかな?


これまでの簡単なあらすじ


 夏の終わりの祭りの巨大ロボ的な神輿と巨大怪獣の戦いで、町が栄えていたのも今はもう昔の話。10年前に神輿が怪獣に負けて、それ以来怪獣が来なくなり、神輿は壊れた状態のまま。人が一人また一人と去って行き、町はかつての活気を失いつつあった。かつて巨大神輿に憧れた少年達も、今は祭りに参加する側の立場になるも、あきらめモードで、惰性で参加しているようなものだった。しかし東京からやってきた一人の少女の神輿にかける情熱が、やがて周りを巻き込んでいき…

夏と神輿と巨大怪獣 第1話(全4話)の簡単な紹介と感想

※ツイッターでご指摘がありましたので、横田先生のツイッター⇒横田先生のスタッフさんのツイッターに訂正させて頂きます。なお、過去記事についても、横田先生のツイッターもしくはfacebookと記述していた部分は、順次訂正していくつもりです。誤解を招くような記述をしてしまい申し訳ありませんでした。

本日からジャンプLIVE2号の配信が開始されました。

そしてお昼過ぎ頃にはあの横田卓馬先生とやしろ学先生がタッグを組んだ、
「夏と神輿と巨大怪獣」の第1話が配信開始⇒読めるようになりました。

全4話で、次回は12月27日(金)配信予定だそうです。
(ということは、毎週金曜日に配信されることになるのかな?)

作品紹介には青春×巨大ロボ×怪獣ストーリーとありましたが、
まさしく期待を裏切らない…いや期待を超える内容と面白さでした。

それではこのマンガの簡単な紹介と感想を書いていきます。

横田卓馬先生が新連載を引っさげてジャンプ(LIVE)に帰って来る件について

※横田卓馬先生のスタッフさんのfacebook&ツイッターで、横田先生が原作、やしろ先生が作画担当であることが、発表となりましたので、当記事の該当部分も修正しました。

今日発売の週刊少年ジャンプのジャンプLIVE予告で、
横田卓馬先生の新連載が始まることが明らかになりました。
今回明らかになった情報は下記のとおりです。
(その内、横田卓馬先生のスタッフさんのfacebookでも発表があるかも?)

【タイトル】夏と神輿と巨大怪獣
【作者】横田卓馬(原作)×やしろ学(作画)
【登場人物】予告には少年と少女が二人。ヒロイン?は男勝りタイプ?おっぱい大きくて可愛い。あと泣きぼくろ
【連載誌】ジャンプLIVE2号(スマホ等のアプリ)
【連載形態】連載(※単発の読切ではない模様)
【配信日】不明(ジャンプLIVE2号は12月20日(金)から開始されるそうですが、作品ごとに配信日が違うようなので)


「夏と神輿」まではまだ内容がなんとなく予想できるのですが、
「と巨大怪獣」って、一体どんな内容になるのか皆目見当もつきません。

よくツイッター等で他の方々がレビューしているように、
横田先生は思春期の少年少女の青春モノを描くのが上手い方ですし、
何よりヒロインの女の子がもろ私のツボ…好みのタイプなので、
この作品も大いに期待できそうな予感がしまくりなのですよ。

あとは配信日や連載ペース(毎週?隔週?毎月?)については続報を待つ…といったところですかね。

獣の女王《前編》(by横田卓馬先生)の簡単な紹介と感想

2013/12/04 20:27 | .横田卓馬 .横田卓馬 集英社以外 | コメント(0)

あの「オナマス」でも話題になっている、
横田卓馬先生のオリジナル新作読切が、
今日発売のヤングエース1月号に掲載されました。
どうやら1月号と2月号の2回に渡って前後編が掲載されるようです。

さて気になる内容についてですが…
横田卓馬先生のスタッフさんのfacebookには、
少女達のハイスピードバトルアクション…と紹介されていました。
少女達のきゃっきゃうふふな日常も描かれるそうです。
これすごく…期待できそうな予感しかしないのですよ…


獣の女王《前編》の簡単なあらすじ紹介


 女子高生・真璧はあまりにも完璧すぎるがゆえに、学校での彼女は文字通りの女王様だった。そんな彼女の前に自らを「蛇王」と名乗る巨大な蛇が現れる。そして少女は十二支の王…「獣王」を決める戦いに否が応でも巻きこまれていくのだった…?

こがねいろ第3話(by横田卓馬先生)の感想

横田卓馬先生の3話連続短期集中連載「こがねいろ」の第3話の感想です。

【簡単なあらすじ】

 きなたがいろいろ思い悩んだ末にようやく見つけたやりたい事、それは大好きな漫画や本に関われる仕事、出版社の編集者になりたいというものだった。そしてきなたは今の自分にできること、出版社就職のために少しでも有利な大学受験に向けての猛勉強を始めるのだった。そして周りのみんなも自分の夢に向かって突き進み始めている、そんな高校生活最後の年高三…

こがねいろ第2話(by横田卓馬先生)の感想

横田卓馬先生の3話連続短期集中連載「こがねいろ」の第2話が掲載されました。

【簡単なあらすじ】

 まだ志望校も決められていないきなたにとって、憧れの金原さんが志望校のその先の将来まで考えていたのは、色々な意味で衝撃的だった。しかも金原さんは三学期くらい前には東京の学校へと転校してしまう。そこできなたはやりたい事を見つけようと躍起となって猛勉強を始めるのだが、それに全然結果が伴わずどうしたらいいものかと悩んでいた…

こがねいろ第1話(by横田卓馬先生)の感想

 オナマスのYOKO氏とも噂される?それとも本人確定?の横田卓馬先生の最新作「こがねいろ」が週刊少年ジャンプ本誌で3話連続集中連載されることになりました。そこで先生のトレジャー佳作受賞作から感想を書き続けている当ブログではもちろん「こがねいろ」の感想も書かせて頂きます。

【横田卓馬先生の輝かしい経歴】

★「戦下に咲く」第29回JUMPトレジャー新人漫画賞 2009年11月期佳作受賞(当ブログの感想)
★「転生変身DXドラゴンシャフト」ジャンプNEXT!2011WINTER読切掲載(当ブログの感想)
★「競技ダンス部へようこそ」週刊少年ジャンプ2011年46号読切掲載(当ブログの感想)
★「戦闘破壊学園ダンゲロス」月刊ヤングマガジン連載中らしいです

そして週刊少年ジャンプ2012年27号から「こがねいろ」が3話連続集中連載されることになったのです!!

【こがねいろの簡単なあらすじ】

 輝くあの子と悩める僕の青春受験物語!!

 主人公のきなたはるひこ(喜名田晴彦)は特にこれといった秀でたところがなく、高校二年生になってもまだ進路が決められておらず、同じクラスの女の子がちょっと気になっているという、どこにでもいるような平凡な高2の男子だった。それがある日、悪友の巨勢たつやと二人で、夏休みに泊まりがけでオープンキャンパスに行こうという話になって…

横田卓馬先生の新作「こがねいろ」が3話連続集中連載で、6月4日(月)発売の週刊少年ジャンプから掲載されるぞ!

【5/27午前6時追記】
よくよく見たら読切じゃなくて3話連続集中連載でした、すみません…



今回の新作は輝くあの子と悩める僕の青春受験物語!!
今回も超期待できそうですよね!!!

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ