カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍)

マギ単行本第33巻&シンドバッドの冒険単行本13巻の紹介と感想(ネタバレあり)

 4月18日に発売したマギ33巻とシンドバッドの冒険13巻をようやく買うことができました。
 しかも今回は特典ペーパー付きのやつです!!(っていうか、どこの本屋でも買っても特典ペーパー付いてくるようにして欲しい)

マギ本編33巻の表紙

 …を飾ったのは全身魔装のシンドバッド(魔装クローセルver.)で、

シンドバッドの冒険13巻の表紙

 …を飾ったのはシンドバッド達の前に現れた(この時点では)マギを自称する謎の少年・ジュダルとシンドバッド(バルバッド兵の正装ver.)でした。
 それにしてもシンドバッドはどんな格好をさせてもうまく着こなしますよね。

裏表紙

 本編の裏表紙がシンドバッド(魔装フルフルver.)で、シンドバッドの冒険の裏表紙がバルバロッサとシンドバッド(乗馬姿ver.)。
 …って、ちょ、バルバロッサのやつ、馬に懐かれすぎぃっ!w こいつどんだけ馬に好かれてるんだよw それにしても人間だけでなくて馬(動物)の心までこうも見事に掌握してしまうとはバルバロッサ恐るべし。

特典ペーパー

 シンドバッドの冒険のペーパーが花見のかわりに手作りお菓子会という割と普通の内容だったのに対して、
 本編のペーパーは主要人物が対象のお絵かき心理テスト「王と眷属と魔法使いと聞いて思い浮かぶ絵を描いて下さい」という、私達マギファンにとってもすごく興味深い内容になっていました。シンドバッドの描いた絵が王が一人だけ大きすぎとか、マスルールの描いた絵が眷属にも上下があったりとか、そういや紅玉に眷属っていたっけとか。

単行本巻末のおまけ漫画

 シンドバッドの冒険はマンガワンにも掲載されたやつで、本編の方は描き下ろし…で間違いないですよね!?
 シンドバッドの冒険のおまけ漫画を読んでいると、とてもこの後ジュダルがセレン様を裏切ったり陥れるとは思えない件について。
 本編のおまけ漫画でアリババとジュダルが二人でいると落ち着くのがちょっと意外にも感じましたが、そういやこの二人何年も一緒に旅?をしていた仲でしたっけ。

マギ シンドバッドの冒険 第144夜「」(平成29年4月19日更新分)の感想(ネタバレ有)

今回、サブタイトルついていませんでしたね。
時々サブタイトルがついていない回がありますが、単なるつけ忘れなのか、何か意味があってつけていないのか…
それと全然話が変わりますが、最新単行本第13巻早く買って読みたいです。

今回の簡単なあらすじ

 今回、全俺待望の超絶可愛いあの女の子が、ついにシンドバッドの冒険でも登場!!もういっそのこと彼女を主人公にしたらいいんじゃね!?←

マギ 第346夜(第346話)「どちらでもない未来」の感想(ネタバレ有)

マギ最新単行本第33巻&シンドバッドの冒険第13巻が絶賛発売中!!
…らしいのですが、私はまだ買えていません。なんとか今日明日中には。

これまでの簡単なあらすじ

 ここにきてまたダビデの存在がクローズアップされはじめたけど、シンドバッドはダビデを手下にしたつもりで実はダビデの手のひらの上で踊らされていただけ…なんてことはないよね!?

マギ シンドバッドの冒険 第143夜「シンドリア王国」(平成29年4月12日更新分)の感想(ネタバレ有)

2週間の休載を経て新章突入!!
ジュダルが表紙の最新単行本第13巻が4月18日(火)頃発売!!

これまでの簡単なあらすじ

 あれから1年が経ち、シンドリア商会本部がバルバッドからパルテビアへの移転を完了させ、いよいよシンドリア王国の建国式典まであと3ヶ月…

マギ 第345夜(第345話)「繋げる魔法」の感想(ネタバレ有)

いよいよ最新単行本第33巻が4月18日(火)頃発売!!!

これまでの簡単なあらすじ

 アリババが生き返る(イル・イラーの中から元の世界へ戻る)方法がさっぱり思いつかないんだけど…あとテスが可愛い←

マギ シンドバッドの冒険-プロトタイプ-(前編)(後編)(平成29年4月5日更新分)の感想(ネタバレ有)

(シンドバッドの冒険)連載開始前にTVアニメマギのBlu-ray/DVD限定版特典に掲載された「バアル攻略編」の別バージョン。マンガワン初掲載!!

 本日、マンガワンに掲載されたプロトタイプについて、冒頭でこのような紹介がありました。Amazonで調べたところ、どうやらTVアニメ1期円盤1巻限定版の特典でついてきていたようです。

 それにしても別バージョンというのがちょっと気になりますが、円盤特典のオリジナルバージョン?とは内容が違っているということなのでしょうか?私は円盤買っていないので確認できなくてすみません。

今回のプロトタイプを読んだ感想としてはざっとこんな感じですかね。
・もうすでにストーリーを知っている私達読者にとってはプロトタイプ版であると共にダイジェスト版といった感じ。
・物語のはじまりから最初の迷宮・バアル攻略までが2話でテンポ良くまとめられています。
・マギ本編やシンドバッドの冒険連載版の初期を彷彿とさせるような、心躍る冒険活劇がここにはありました。
・マギを読んでこんなにもドキドキワクワクしたのは随分と久しぶりな気がします。
・連載版との違いも含めて楽しめます。特にバアル攻略後の展開が連載版と大きく異なっていて興味深いです。これだけでも読む価値が十分あります。
・でもエスラさんの容姿は連載版の方が断然いいと思いました。
・そしてドラコーンの名前があいかわらず長過ぎる件についてw連載版と違いがあるのか比較する気さえ起こらないですw

 あとこれは漫画の内容とは全然関係のない、このブログについてのことですが、こうして平成○○年○○月○○日更新分と書いておくと、何ヶ月とか何年後とかに調べたいことが出てきた時に、確認しやすくていいですよね…という自画自賛のコメントでした←

マギ 第344夜(第344話)「全ては布石」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第33巻が4月18日(火)頃発売!!

これまでの簡単なあらすじ

 アリババが白龍のベリアルによって異次元へと葬り去られてから、また再びこちらの世界に戻ってくるまでに一体何があったのか、アリババ本人の口から語られることに…!!

マギ 第343夜(第343話)「とある空間」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第33巻が4月18日(火)頃発売!!

シンドバッドの冒険について

 今週のシンドバッドの冒険は休載、その代わりこれまでのシンドバッドの冒険の軌跡をまとめた「シンドバッドの冒険の書」なるものが掲載されました。 ※いつもの横読みではなく縦読みとなっています。
 そして来週は「シンドバッドの冒険-プロトタイプ-」がマンガワンで期間限定初公開、再来週の4月12日(水)より新章がスタートするようです。

これまでの簡単なあらすじ

 シンドバッドは自分が神になったことがソロモンの意志だとまで言い切りやがったけど、はたしてそれは本当なのか、それともシンドバッドが自分に都合良く解釈しているだけなのか…

マギ シンドバッドの冒険 第142夜「夢の途中」(平成29年3月22日更新分)の感想(ネタバレ有)

来週は休載、その代わりに今までのシンドバッドの軌跡をまとめた復習編が掲載されるそうです。

これまでの簡単なあらすじ

 セレン様達がシンドバッドの元から離れて行き、ドラコーンはかつての主のセレン様ではなく今の主のシンドバッドと共に行くと言ってくれて、だがしかしその後突然訪問してきたバルバロッサにドラコーンのことがバレてしまってさあシンドバッドどうする…!?

マギ 第342夜(第342話)「革新者」の感想(ネタバレ有)

大高忍先生が描いた女らんまが最高すぎる件について。
あと最新単行本第33巻が4月18日(火)頃発売だそうです。

これまでの簡単なあらすじ

 第1の迷宮ではジュダル、第2の迷宮では白龍、そして第3の迷宮・ゼパルではアラジンがシンドバッドと対峙することに。アラジンの番になって、これまでよりもシンドバッドとの議論が深まっているようだけど…!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編:第346夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第144夜 NEW!

単行本
├本編:33巻-4月18日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.345 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は4月19日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード
ブログパーツ