カレンダー(月別アーカイブ)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 青の祓魔師

青の祓魔師 第90話「寿・初夜(ことぶき・そや)」の感想(ネタバレ有)

2017/05/02 00:12 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(2)

加藤和恵先生の画集・イロイロが発売中…早く買いてぇっ!!

今回の簡単なあらすじ

 志摩の(現時点で)一番上の兄貴の柔造と蝮の間に子どもができて→式をあげるから出てもらいたいと誘われ→坊・廉造・子猫丸の京都組だけではなく、燐や雪男、しえみ、出雲も一緒に京都へと向かうことに。そこでは両家の親族が集合して何やら賑やかなことに…!?

青の祓魔師 単行本第19巻の紹介と感想(ネタバレあり)

2017/04/04 06:04 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

本日、青の祓魔師の最新単行本第19巻が発売となりました。
ここ最近はリマスター版(電子書籍)も同日に発売されており、私が購入したのもリマスター版の方です。

19巻の表紙

は見るからに何やら企んでいそうなメフィストことの時の王・サマエルです。
いよいよこいつが本格的に動き出したことによって、物語の核心に迫っていくことに…

本編は第84話から88話まで

計5話&アニメアフレコレポ漫画が収録されています。
ちなみに同日発売のSQ.には最新話第89話が掲載されていました。

表紙カバー裏

には虚無界の権力構造と勢力対立図が載っています。
八候王内の序列や勢力図は気になっていたので、すごく興味深かったです。
っていうか、火の王や水の王がルシフェル派閥だったのが意外でした。
これまでの話の中でも、火や水の眷属は人間に協力的なように見えましたし、特に火の眷属のカルラやウチシュマーは腐の王の眷属である不浄王と対立していたので、てっきり火と腐は敵同士なのかとばかり思っていました。

今回の簡単なあらすじ

 今回、勝呂とライトニングは物語の核心に一気に迫ることに。そしてついにあの青い夜の衝撃の真相とサタン誕生の謎が明らかに。でも個人的にはしえみの(祓魔師になることを断念せざるを得ないほどの)秘密の方が気になるけど…

青の祓魔師 第89話「ハッピー(メリクリ)バースデー」の感想(ネタバレ有)

2017/04/04 00:01 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

本日、最新単行本第19巻発売!!
そして加藤和恵画集イロイロが5月2日(火)発売決定!!

今回の簡単なあらすじ

 ついにお待ちかねのクリスマス&お誕生日パーティーが開催されることに!いや本当みんなすごく楽しそうな笑顔で盛り上がっていますな…

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第12話「虚心坦懐(きょしんたんかい)」の感想

2017/03/26 08:16 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

不浄王を倒した後も、まだまだ問題は山積みのようですが、
とりあえず不浄王編がこのようなすっきりした形、大団円で終わってくれて本当に良かったです。

「わかりました、サタンの息子さんの仰せのままに」
つい少し前まで、皆、サタンの息子の燐にどう接していいかわからなくて、あんなにギクシャクしていたのに、
まさかこうして皆が燐をサタンの息子ネタで弄る日がやって来るとは…
ヤバいなんか目の奥からこみ上げてくるものが…すごく感慨深いものがありました。

「ずっと友達宣言かよ!」
しえみにとっての友達は、普通の人にとっての友達とはちょっと違う気がする…って友達いない俺が言っても何の説得力も無いんですけどね←
目を覚ましたら隣にしえみが寝ていたとか、しえみの無防備な寝顔と寝相にドキドキした!すっげードキドキした!
それにしてもしえみのあの言い方、燐でなくても絶対勘違いしちゃうだろうとw

「金閣寺さん、東寺さん」
京都の人達って、お寺にもさん付けするんですね、はじめて知りました。

「私は伏見稲荷」
どうでもいいけど出雲の私服姿が可愛すぎで抱きしめたい。
ちょっと志摩のやつ、出雲やしえみに馴れ馴れしすぎ(近すぎ)じゃないですかね!?
伏見稲荷の千本鳥居?の出雲がすごく絵になっていてドキドキしました。俺も出雲と伏見稲荷行ってみたいです。

「はいはい、俺は京都タワー!」
ここで逆に燐が(コラボイベントまでしているのに)言わなかったらどうしようかと思っていたので、ちょっとホッとしました。
でも自分、京都タワーがどんな場所なのか正直わからないでコメントしようがありません。
東京タワーの京都版…みたいな感じのところなのでしょうか!?

「じゃあ、撮りますよ。たーわあ」
いいなあ…(←何が?)
最初聞いた時「たーわわ」と言っているのかと思わず女性職員さんの胸のあたりに目が(←ちょw)
そういえばまだ京都タワーで青エクコラボやってましたっけ!?俺も京都タワーに行って写真撮ってもらおうかな!?←

「(燐のゼッテーお前を追い抜いてやるからに対して)それは僕のセリフだ。それが本当の僕なんだ」
前回の感想記事でも同じようなことを書きましたが、この不浄王編で燐は散々悩んで苦しんでようやく自分と向き合う(覚悟を決める)ことが出来たのに対して、雪男はまだ色々と自覚し始めたばかりでここからが本当のスタートといった感じがしました。

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第11話「光輝燦然(こうきさんぜん)」の感想

2017/03/18 07:40 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

不浄王を倒したのと同じくらい藤堂を撃退できたことにホッとしている自分がいます。

いやあメフィスト本当楽しそうだなあ…こいつとりあえず燐達の味方なんだよね…!?
もし燐が青い炎の力に飲み込まれて暴走したらどうするつもりだったんだ…!?

今回は燐が主人公らしい活躍を見せてくれて、しえみもヒロインだったし、これまでで一番の盛り上がり方だったのではないかと。
「神木さんが私を嫌いでも、私は神木さんが大好きだよ、ふふふ。」
ヤバい、天使だ、天使がおる…

燐はようやく自分自身(の力)と向き合うことができたけど、雪男は藤堂との戦いでようやく自覚し始めたといった感じでしたね。
あの単純(と周りに思われがち)な燐でさえあれほど散々悩んで苦労したのだから、雪男が自分自身と向き合うのに一体どれだけの…
なんていうか雪男はもっと自分に対しても燐に対しても素直になった方がいいような気がします。

そういえば志摩はイルミナティのスパイなんですよね。
その割には素で驚いたり動揺したりしていた様子ですが…
今回の藤堂の一連の行動をどこまで知らされていたのかが気になります…って、前にも同じこと書いたような気が←

ウチシュマーが意外と話のわかるやつだった件について。
そういやウチシュマーは青い炎大丈夫なんだろうか…!?

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第10話「不撓不屈(ふとうふくつ)」の感想

2017/03/11 07:31 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

今回は何と言っても燐と勝呂のやり取りが、燐が倶利伽羅を抜くまでの流れがすごく胸熱でしたね!!
あとこんな状況でも逃げずに、剣を抜けない燐を責めずに、それどころか自分の体を張ってでも逃がそうとした、漢・勝呂がカッコ良すぎでした!!
次回は燐とようやく駆けつけてきてくれたシュラさんの活躍にも期待したいです!!

青エクと絶賛コラボ中の京都タワーがディスられていたのには吹きましたw
でもかえって興味を持った方のほうが多いような気がするので、宣伝的な意味では成功なのか!?

雪男&柔造(=志摩の一番上の兄ちゃん)タッグでようやく藤堂を倒せたと思いきや…
あそこまでやってまだ無力化できないとは、とても藤堂を倒せる気がしない件について。
原作ではどうやって藤堂を撃退していましたっけ…!?

雪男と柔造は似た者同士というか、気が合いそうな感じがしますが、もし柔造が雪男の兄ちゃんだったらどんな兄弟だったんだろう…!?

「こんなんじゃ割に合わんせめてパフパフ~」
ごめん俺も志摩の立場だったら多分同じことを口には出さずとも心の中では思ってた気がする。そういう意味では志摩の気持ちもちょっとはわからないでも(←おいw)

あんな不浄王とかいう厄介極まりないペット?を人間界(物質界)に野放しにしている、「腐の王」アスタロトがルシフェル派なのかそれともサマエル(=メフィスト)派なのかが気になりました。

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第9話「雪中松柏(せっちゅうしょうはく)」の感想

2017/03/04 07:36 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

最近妙に鼻がムズムズしてくるのですが…←

「君はお兄さんを守る都合の良い道具として育てられただけじゃ~」
最近の原作を読んでいると、この時の藤堂の話は本当だったのかもと思えてきてしまうのが…

それに雪男のあの青い目は…まさか雪男の中にサタンが!?

(TVアニメでも)勝呂姫には笑わせてもらいましたwww
燐にからかわれて思わずムキになるところがまた可愛いwww←

悪いけど柔造さん達にあの藤堂が倒せるとはとても思えないのですが…
原作ではどうやって藤堂を退けたんでしたっけ!?

最近の原作のデレデレな出雲も好きですが、この頃のまだツンツンしている出雲もいいですよね。
最近の原作と今のTVアニメでは、しえみに対して真逆の態度を取っている出雲ですが、しえみを気遣っているところとか本質は変わらないのがわかります。
あと召喚している悪魔を見てもわかるように実は可愛い物好きな出雲にニヤニヤせざるを得ませんでしたw

青の祓魔師 第88話「ハッピー(メリクリ)バースデー!イヴ」の感想(ネタバレ有)

2017/03/04 00:01 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(2)

先日3月3日小説版発売!っつーわけでさっそく買ってきました!でもまだ最初のスパイゲームしか読んでいません!(←おいw)
そして最新単行本第19巻が4月4日発売決定!次号のSQ.は単行本発売記念センターカラー!

これまでの簡単なあらすじ

 みんなでクリスマスとお誕生日パーティーをお祝いするのはすごく楽しそうでいいんだけど、しえみの様子がまるで残り少ない今を思う存分楽しもうという感じなのがすごく気になる…

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第8話「父子相伝(ふしそうでん)」の感想

2017/02/25 07:35 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

なんで青エクの登場人物は皆、家族や友人のことは自分の身を犠牲にしてでも守ろうとするのに、自分のこととなると途端に扱いが軽くなるんだろう?勝呂の親父にももっと自分のことも大切にして欲しいです。こうして見ていると志摩が一番普通の人間のように思えてきます。

「親がめんどいし黙って従ってきたけど今回のは話が違うし一言言わせてもらうわ」
志摩の言葉はどれが本当でどれが嘘なのかなかなか区別がつきにくいのですが、
少なくとも勝呂に関してだけは嘘偽らざる本心で言っていると思いたいですね。

今回の志摩と子猫丸のやり取りを見ていると、
志摩がいつ子猫丸を裏切って逃げ出すのか内心ヒヤヒヤしながら見ています。
原作ではこの後どうなっていましたっけ…!?

メフィストまさに高みの見物だなコイツ。
TVアニメの不浄王の描写がリアルすぎて、こっちまで鼻がムズムズしてきそうです。

ウチシュマーってこんな子どもみたいな可愛らしい声だったんだ。
カルラとウチシュマーどっちが強い?

「敵は幸い移動しないが」
嫌な予感しかしない件について。

そういえば藤堂三郎太の父親や兄達は今どうしているんだろう!?
藤堂三郎太の裏切りによってかなり立場は悪くなっているだろうけど

あの雪男が防戦一方とは、藤堂三郎太が強すぎる件について。
っていうか、目的を果たしたのにまだこの地に留まっているということは、もしかしたら藤堂にはカルラ以外にも別の目的が!?
ここにきて執拗に雪男につきまとってきているということはつまり…

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第7話「気炎万丈(きえんばんじょう)」の感想

2017/02/18 07:19 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(2)

もういっそのことメフィストが不浄王倒せばいいんじゃね!?と思ったのは私だけではないはず。
たしかこいつ虚無界では二番目に強いとか言っていたし、不浄王よりも格上の存在なはずなので。

志摩は状況に流されるまま周りに振り回されっぱなしのように見えましたが、
ここでもスパイ活動をしていたのかどうかが気になりました。
なにしろ相手はイルミナティの上司の藤堂なわけですし。

志磨三兄弟が性格違いすぎて逆に興味深かったです。
柔造兄さんが男前すぎる件について。これは蝮惚れてまうやろ。
金造兄さんは良くも悪くも見たまんまの猪突猛進な熱血漢ですよね(苦笑)。
そして廉造は…廉造は…よくわからないというか、つかみ所がない感じがします。

今回はしえみがマジヒロインでした
しえみのおかげですっかり自信無くしかけていた燐の心が救われて…燐が立ち直ることができて本当に良かったです。
っていうか、しえみがいなかったら、みんなあそこで動けなくなったままだったんじゃ!?
それもこれもすべて計算済みだったとしたらメフィスト恐ろしすぎる。

みんな何だかんだ言いながらも燐のことを心配してくれていて、
自分の立場が危うくなるかもしれないのにも関わらず燐を助けに来てくれたのには思わずグッときました。

「言っておくけど私は霧隠先生の指示に~」
今回も安定の出雲のツンデレっぷりにはニヤニヤせざるを得ないw

「危険やないってわかったら仲直りする」
もうとっくに子猫丸も燐が危険じゃないとわかっているような気がする…
あとは何か背中を押してくれるきっかけさえあれば仲直りできるそんな気がする…

「俺がお前許せんのはそういうこと全部一人で背負い込んで何も言ってくれなかったから」
そうだったのか…てっきり勝呂も燐の青い炎が怖いのだとばかり…
自分的には斬新というよりはむしろ勝呂らしいと思いました。

シュラさんは組織の管理職とは思えないほど現実主義で柔軟な考え方をする人ですよね。
それに比べて雪男は融通が効かなすぎというか、特に兄の燐のことになると冷静な判断ができなくなるというか…
シュラさんが燐の自立を促しているのに対して、雪男は燐に対して過保護すぎる気が…

今回燐はみんなのおかげで名誉挽回の機会を与えられて、
あとは燐次第ということか…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第350夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第148夜 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.349 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は5月24日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ