カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 叶恭弘(エム×ゼロ 他)

新創刊のジャンプ+で叶恭弘先生の新連載「KISS×DEATH」が始まりましたが…

リンク:ジャンプ+

新創刊のジャンプ+(ジャンプLIVEがリニューアルしたやつ?)で、
あのプリティフェイスやエム×ゼロの叶恭弘先生の新連載が始まったことは、
もうすでにみなさんご存知のことかと思われます。

KISSでヤる!!SFラブ捕物帳!!
叶恭弘が描く、SFクライムラブ!!
オトしてやるよオレの『舌』でな

いきなり血まみれの女子生徒達が○○して○○するシーンから始まって、
主人公が登場してすぐに○んだり、女子高生同士で○○したりと、
これまでのプリティフェイスやエム×ゼロとは作風がガラリと変わっていて、
話の内容も描写もかなりエグいことになっています。

今回のお話や煽り文からも「舌」と「キス」が重要な鍵になってきそうですが、
これまでの叶作品にはないエグいエロい展開を期待せずにはいられません。
最初の標的の駒方結仁(こまがたゆに)は、自分的には一番好みのタイプなので、なおさらですね。

WHITE東京(by叶恭弘先生)の簡単な紹介と感想

ついにジャンプLIVEに叶恭弘先生の新作読切「WHITE東京」が配信されました。
でもページ数が16ページとちょっと少な…と思っていたら…オールカラーだと!
今回のヒロインもすごく可愛いし、これは大いに期待できそうな予感ががががが。


新作読切の簡単なあらすじについて


 舞台は異常な量の積雪に見舞われた東京。ヒロイン・あやかが雪の上を登校中に、片思い中のクラスメイトのイケメン・赤宮君と出会ってしまい…

叶恭弘先生の新作読切「WHITE東京」がジャンプLIVEに掲載されるそうです…

今日発売の週刊少年ジャンプ6・7合併号にて、
あのプリティフェイスやエム×ゼロの叶恭弘先生の、
新作読切「WHITE東京」がジャンプLIVEに掲載されることが発表となりました。

具体的な配信日とかはまだ未定ですが、
あいかわらず女の子は可愛いですし、
叶先生は読切に定評がある方なので、
大いに期待できそうな予感…!

ぶらんにゅーSCHOOL DAY(スクールデイ)by叶恭弘先生の感想

 週刊少年ジャンプ本誌(2013年21号)に、あのプリティフェイスやエム×ゼロの叶恭弘先生が、最新作の読切を引っさげて久しぶりに帰って来ました!その読切のタイトルは「ぶらんにゅーSCHOOL DAY(スクールデイ)」。どうやら高校デビューを目論む二人の男女(見た目はイケメンと美少女だけど)のお話のようですが…

ヴェツノバ(by叶恭弘先生)の感想

 本日発売の週刊ヤングジャンプに、あの「プリティフェイス」や「エム×ゼロ」の叶恭弘先生の新作読切「ヴェツノバ」が掲載されました。表紙や前号の次号予告での扱いが小さすぎて気付かなかった方もいるかもしれませんが、センターカラートビラ絵付で掲載されています。


ヴェツノバの簡単なあらすじ


 ある日、17歳の女子高生・大塚美利の元に、姉から1通の手紙とともに変なメガネが送られてくる。美利が興味本位にそのメガネを掛けてスマホアプリのマップに表示された住所へ行ってみると、いつの間にか自分が見たこともない変なカッコをしていることに気付く。そのメガネで次世代の体験型SNS「ヴェツノバ」にログインしたということがわかったのだが…

鏡の国の針栖川 番外編「玉造リターンズ」の感想

【番外編と単行本】

 なお、この番外編は他と毛色が違うためコミックスには収録される予定はないそうです。ここ最近のシリアス展開とは違って、かなりはっちゃけた内容になっていますからね。ちなみに単行本は咲が表紙?の2巻が3月2日(金)発売で、完結となる3巻が5月発売予定だそうです。

【簡単なあらすじ】

 針栖川が真桜と両想いになってラブミラーから脱出し、でも真桜は針栖川を好きだった記憶を失ってしまい、二人はまた元の関係に戻ってしまった。それでもなお針栖川は新たな一歩を踏み出すため、真桜に好きだと告白し新しいスタートを切った。そして今回はその最終回の後日談、針栖川は真桜や咲達と一緒に真夏の海へと遊びに来ていたのだが…

【水着姿の美少女達】

 というわけで今回は真夏の海での水着回となりました。真夏の照りつける太陽の下、開放的な気分になった水ビ姿の美少女達が、これでもかとその悩ましげな肢体をさらけ出してはしゃいじゃっているわけですよ。真桜達の眩しい笑顔&水着姿は水しぶきにキラキラ輝いています。真桜の小ぶりなお尻、咲の水着がくい込んだお尻、とにかくお尻です…

鏡の国の針栖川 #END(最終回)「リスタート」の感想

 今回で最終回ですが、来週号に後日談が掲載されるそうです。それで本当に終わっちゃうんですね。

 ついに針栖川は真桜と両想いになり、ラブミラーから脱出することができた。しかし、咲の時と同じく、真桜の針栖川を好きだった記憶だけが失くなってしまう。そして針栖川はともかく真桜も何故だか涙が止まらず、そのまましばらく二人は泣き続けていた。んでようやく立ち直った針栖川は、前の持ち主の鏡鏡子にラブミラーを返して、とある決意を…

鏡の国の針栖川 #27(第27話)「一瞬の両想い」の感想

「好き 針栖川くんの事 ずっと好きだったみたい」

 ついに真桜の方から針栖川に好きだと告白しました。あとは針栖川が真桜の想いに応えるのみ。針栖川が真桜に好きだと言えば、二人が両想いになり鏡の中から脱出できるが、真桜の針栖川を好きだった記憶がなくなってしまう。でも針栖川が何も言わなければこのまま両想い状態は続く。はたして針栖川はどちらを選ぶのか…

鏡の国の針栖川 #26(第26話)「告白」の感想

 ようやく真桜は針栖川が好きだという自分の気持ちに気付くことができた。でもそれからの真桜の様子がどこか変、ずーっと考え事してて何言われてもうわの空、真桜ってば一体どうしちゃったんだろう。って、ちょ、えっ、針栖川くんが近くにいる状態での生活はもうできそうにないって、どゆこと!?いよいよ針栖川がおしまいの時がきたのか…!?

鏡の国の針栖川 #25(第25話)「2人の儀式」の感想

 真桜の両親が海外赴任に行って、真桜は一人暮らしを始めることに。それはつまり針栖川は鏡の中だけど真桜と一つ屋根の下で二人きりというわけですよ。さっそく真桜の手料理を食べたり、真桜との生活を満喫する針栖川。そして真桜の方も、あの写真に自分が写っていたのをはじめて知って、針栖川が好きなのは自分なのではないかと…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第358夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第155夜 来週は休載 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.356

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は7月19日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ