カレンダー(月別アーカイブ)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » D.Gray-man

D.Gray-man 第224夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・CALL1」の感想(ネタバレ有り)

2017/01/20 00:01 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

SQ.CROWN2017WINTERのD.Gray-man情報

・本編はトビラ絵を含めて7ページ。
・ファンブック第2弾「灰色ノ記録」情報掲載。
・星野桂先生の巻末コメント
 「笑顔と健康を祈願してダルマに目を入れました。叶いますように。元気になって戻ってこれたらと思います」
・裏表紙の4月発売号SQ.CROWN予告にD.Gray-manも有り。

これまでの簡単なあらすじ

 せっかくリンクの活躍で捕まえた千年伯爵を奪還されてしまい、ネアは…

D.Gray-man HALLOW 第4話「聖戦ブラッド」の感想

2016/07/28 07:01 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

原作の再現度が高いことで定評があるDグレアニメですが、
今回のリナリーの無防備なあられもない寝起きシーンも原作に忠実にアニメ化してくれていて、
リナリーファンの俺イヤッフウウウウウと思わず大歓喜でした。
リナリーのスカートからのぞいたフトモモとかめっちゃヤバかったです。

っていうか、画面越しで見ている俺でさえめっちゃドキドキしまくりなのに、
なんでアレンはあんな淡白な反応しか見せないのかが理解できないです。
リナリーのような可愛い女の子がすぐとなりであられもない姿で寝ていたというのに!!
あれが年頃の思春期男子の反応なのかと声を大にして言いたい!!
普通はもうちょっとこうドキドキしたり驚いたりするものだろうと。

最近のリナリーはアレンを心配するあまりちょっと行動が大胆になってきているような…!?
リナリーにとってアレンがただの同僚…同年代の友達以上の存在になってきているということなのか…

D.Gray-man 第223夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・To my way」の感想(ネタバレ有り)

2016/07/15 05:46 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

本日、D.Gray-man最新話(単行本第25巻の続きとなる第223話)
が掲載されたジャンプSQ.CROWN2016SUMMERが発売しました。
今回D.Gray-manは表紙&巻頭カラー、描き下ろしポスターやミニファンブックも付いてきています。

これまでの簡単なあらすじ

 クロス師匠の導きで、アレンが目指すべき場所が判明…!?

D.Gray-man HALLOW 第2話「ロンリーボーイ」の感想

2016/07/13 21:53 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

オッパイ落し最高でした…っ!!

とまあ半分冗談はさておき。
今回の2話はどうだったかというと…
あいかわらず説明不足だし原作端折り過ぎだし、
話はよくわかんないけど面白かったというのが率直な感想ですかね。

あとはシリアス展開とコメディ描写のバランスが気になりました。
かなりハードでシリアスな話の流れで、唐突に入るコメディ描写には若干の違和感が…

師匠が殺され、教団にはろくな扱いをされず、さらには奏者の能力まで封じられ使えなくなってしまうという…
アレンが真綿で首を絞められるかのように追い詰められていくのを見るのがすごくつらかったです。
それでも自分の信念を曲げずに前に進み続けるアレンの強さ。
もし私がアレンだったらとっくに心が折れていたかもしれません…

D.Gray-man HALLOW 第1話「14番目」の感想

2016/07/07 06:57 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(2)

一応10回以上は視聴したのですがDグレはアニメも難しいです…

いきなり続きから入っていましたね。
せめてこれまでのストーリーをダイジェストでやってくれれば、
久しぶりに見た人でも少しは話の内容を把握しやすかったのですが…

もっともストーリーの難解さを除けばTVアニメとしてのクオリティはかなり高いです。
作画は超綺麗だし、ストーリーも原作を(かなりはしょってはいるものの)割と忠実に再現してくれていますし。
ただアレンの敬語の話題の時、原作ではジョニーだったのがアニメではラビになっていた理由がよくわかりません。
やっぱ人気か…!?ラビは人気があるからなのか…!?

あとアニメでもリナリーは可愛かった!すっげー可愛かった!リナリーの好き~の破壊力ががががが。
でもリナリーといえば伊藤静さんの声の印象が強かったので、新しい声優さんに慣れるのはちょっと時間がかかるかも。

クロス師匠がやけに14番目やマナ、そしてアレンの事情に詳しすぎる件について。
クロス師匠と14番目やマナは一体どんな関係だったのかがすごく気になりました。
ルベリエが尋問すべきなのはアレンよりもクロス師匠だったのでは…!?

D.Gray-man 最新単行本第25巻の紹介と感想(ネタバレあり)

2016/06/03 02:14 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

本日、D.Gray-man最新単行本第25巻が発売となりました。
電子書籍でも配信されていたのでさっそく購入してきました。

まだ紙の単行本を買っていないので詳しい比較はできていませんが、
電子書籍にもおまけ要素や背表紙、カバー折り返し(作者コメント)、カバー裏のおまけ漫画までしっかりと収録されていました。
※6/3午後0時追記 一番肝心な帯がついてこないのはどういうことだってばよ…

6/6一部修正
あいかわらず話は面白いし、キャラクターも魅力的で、描き込みも緻密で、おまけ要素もたくさんあって、単行本としてはすごく充実した一冊となっているのですが、(謎が解き明かされたかと思いきや、それを上回る速度でまたさらに新しい謎が次々と投下されて)急展開の連続で読者おいてけぼりなのも前巻と変わらず…といった感じがしました。

6/6追記
「物語の重要な謎が明らかになって面白かった」
「さらに謎が増えて、話が複雑&難解になってついていけない」
ネットでもこの二つの意見を多く見ますね。
特に最近は後者の傾向が強くなってきているような。

本編は第219夜から第222夜まで掲載

新増刊季刊誌のSQ.CROWN に移籍してからの連載分が最新話まで掲載されています。

おまけ要素は各話ネーム、コムイの談話室、コムイの実験室「奇怪画(読者投稿)コーナー」

コムイの談話室、リナリー以外の面々はすっげぇ懐かしく感じてしまいます。

リナリーは文字通りヒロインでした

コムイの談話室のミニリナリー?も可愛かったです。
リナリーに「くん」付けで呼ばれると思わずゾクゾクします←
第220夜のトビラ絵のリナリーにヒロインっぽさを感じました。
でもやっぱり今巻のリナリーの最大の見せ場といえば…

D.Gray-man 第222夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・Hypokrisis」の感想(ネタバレ有り)

2016/04/15 00:01 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

 元々難解な作品ではありましたが、今回の話を読んだらまずますわからなくなってきそうです…

今回の簡単なあらすじ

 ネアに身体を乗っ取られたアレンは…

D.Gray-man 第221夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・道化の戯れ言」の感想(ネタバレ有り)

2016/01/22 00:01 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(2)

TVアニメ化にニコ生出演…
星野先生あまり無理なさらなければ良いのですが…
(ニコ生の星野BOX先生は精一杯頑張っている感じが可愛くもありましたが。)

単行本24巻(その中でも第215夜とか)はわからないことだらけでしたが、
前々回から今回までの話を読んでから改めて24巻を読み返してみると、
なるほどここはこういうことだったのか何となくわかってきた気がします。

これまでの簡単なあらすじ

 千年伯爵と対峙するアレンネアに黒の教団の思わぬ邪魔が入ってしまい…!?

Dグレがツイッターのトレンド入りしていましたが…(TVアニメ新シリーズ放送決定12/20追記)

2015/12/17 23:12 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(2)

12/20午後2時過ぎ追記
公式サイトと公式ツイッターがオープン。

D.Gray-manアニメ公式ツイッター
 https://twitter.com/dgrayman_anime
D.Gray-manアニメ公式サイト
 http://dgrayman-anime.com/
TVアニメ「D.Gray-man」PV第1弾
 https://www.youtube.com/watch?v=t5imR9bD4PM

12/20午後1時30分過ぎ追記
ジャンプフェスタSQ.ステージで発表があったようです。
・D.Gray-manTVアニメ新シリーズ放送決定
・放送開始時期は2016年
・アレン役の声優さんが小林沙苗さんから村瀬歩さんに変更

来年3月に開催されるAnimeJapan 2016というアニメイベント。
そのステージプログラム第1弾が本日発表されたのですが、
その中にD.Gray-manの名前もあったことから、
D.Gray-manが再びアニメ化されるのでは…と話題になっているようです。

ちなみに今週末に行われるジャンプフェスタでも、
12月20日(日)のSQ.ブースでD.Gray-manのイベントがあるようですが、
もしかするとそこで何らかの発表があるかも…!?

D.Gray-man 第220夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・彼は渦の中でいっそう目を瞑る」の感想(ネタバレ有り)

2015/10/16 07:30 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

星野桂先生のインスタグラムのアレン×リナリーのハロウィンイラストががががが。

これまでの簡単なあらすじ

 14番目=ネアの口から、マナとネアはカテリーナから産まれた双子ではなく、もとは一つの千年伯爵から二つに分かれた分身だったという、衝撃の事実が明らかに。はたしてこの複雑に絡み合う愛憎劇はどこへ向かおうとしているのか…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編:第343夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 3月29日シンドバッドの軌跡、4月5日プロトタイプ、4月12日新章スタート NEW!

単行本
├本編:33巻-4月18日頃発売予定
└外伝:12巻-1月18日発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.342 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は3月29日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード
ブログパーツ