カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫 葵螺旋城 最終決戦編 最終幕の感想

結局、この作品のヒロインは誰だったんでしょうね。
多分つららだと思うんだけどカナちゃん出番ないし…

あと前回までの話がうろおぼえなので感想間違っていたらすみません。


これまでの簡単なあらすじ


 ついにリクオと晴明の百鬼夜行の主同士の戦いもクライマックスに!しかし晴明の圧倒的な力の前に、リクオの刃は届かず、右半身を吹っ飛ばされ、力尽き倒れてしまう。もう奴良組には勝ち目はないのか、このまま世界は晴明に支配されてしまうのか…

ぬらりひょんの孫 葵螺旋城 最終決戦編 第一幕の感想

ジャンプNEXT!2012SUMMERにぬら孫最終決戦編第一幕の感想です。


今回までに明らかになったぬらりひょんの孫の情報について


・10月、12月発売のジャンプNEXT!に3号連続掲載決定
・10月は10月9日(火)にジャンプNEXT!秋号が発売される予定
・単行本24巻(OVA同梱限定版も有)が12月4日(火)に発売決定
・特製クリアファイル300名プレゼント、裏面の書き下ろしゆきんこつららが可愛い


ジャンプNEXT!は基本的に本誌が合併号休みの週に発売されていましたが…


 これまでは12月or1月、4月or5月、8月の年三回発売されていたのですが、新たに10月にも発売されることになったようですね。まさか10月にも合併号休みがあるのでしょうか?それとも今後は季刊誌としてやっていくつもりなのでしょうか?まあ何はともあれ、ぬら孫がきちんと完結まで描かれるだけでも、ありがたいのですけどね…

ぬらりひょんの孫 最終幕「百鬼を背負いし者」の簡単な感想

 前回、葵螺旋城の封印を解いて、さあいよいよ鵺との最終決戦だというところで、ジャンプの打ち切り漫画によくありがちな、俺達の戦いはこれからだ~的な終わり方となってしまいました。しかし8月発売のジャンプNEXT!で『葵螺旋城 最終決戦編』が掲載されるので、そこでちゃんと終わらせてくれると信じて待ちましょうか。

ぬらりひょんの孫 第二百幕「新たな闇を担う者」の感想

 そういえば今回は記念すべき二百回目ですね。でも特に表紙もカラーもなしでした。でもでもストーリーの方は九州編に片がついて、いよいよこれから晴明との全面対決に突入していくのかといったところで、まさかあのお方が…

ぬらりひょんの孫 第百九十八幕「ゆらとリクオ」の感想

何だかんだ言いながらもゆらとリクオがいいコンビでした。

【簡単なあらすじ】

 ついにここ九州の地でリクオと御門院最強の男・水蛭子が激突!リクオと一緒に来た玉章と獺祭もそれぞれ御門院の二人と戦うことに。しかしリクオは水蛭子と大蛇の圧倒的な力に苦戦を強いられてしまう。そこでリクオはゆらとタッグを組んで戦うことになるのだが…

ぬらりひょんの孫 第百九十七幕「局地戦」の感想

まさに姐さんなつららが可愛すぎでした。俺もつららの元に帰りたいです。

【簡単なあらすじ】

 土蜘蛛が水蛭子に敗れてしまい、ゆらは土蜘蛛と共に九州妖怪達の隠れ里に匿われていた。しかし水蛭子達にあっさりと隠れ里が見つかってしまい、まさに絶体絶命と思われたその時、間一髪のところでリクオ達が間に合った。ちょうど数的にはリクオ達と御門院で三対三となり、激しい戦いが繰り広げられんとしていた…

ぬらりひょんの孫 第百九十六幕「土蜘蛛の過去」の感想

 単行本第21巻が4月4日(水)頃発売です。どうやら表紙は百物語組の幹部達になるようですね。

【簡単なあらすじ】

 いよいよ晴明の子孫達による清浄…日本各地の妖の里への一斉攻撃が始まってしまった。まず真っ先に攻撃の行われた九州では、水蛭子によって妖の里が壊滅状態にまで追い込まれていた。そこに偶然やってきていた土蜘蛛とゆらが応戦するも、水蛭子の五行の業に破れてしまう。そしてゆらが気がつくとそこは蜘蛛一族の隠れ里で、土蜘蛛と似た姿の妖怪達が…

ぬらりひょんの孫 第百九十四幕「列島震撼」の感想

今回は連載4周年突破記念&第3回キャラクター人気投票開催センターカラーの回でした。

【簡単なあらすじ】

 ついに晴明の子孫達による清浄が始まってしまった。ヤツらはまず手始めに九州の地に侵攻し、次いで西日本全域に大規模な侵攻を始めた。その頃、花開院の陰陽師・ゆらは土蜘蛛に無理矢理道案内に連れられて、九州までやってきていた。そこで突然襲ってきた水蛭子に対して、土蜘蛛と力を合わせて戦わざるを得ない状況になってしまう。そしてゆらがいなくなった京都でもまた御門院家の清浄が始まっていた…

ぬらりひょんの孫 第百九十三幕「土蜘蛛、故郷へ帰る」の感想

ところで、御門院家はどういう上下関係なんだろう?やっぱ先に生まれた方が偉いのかな…

【簡単なあらすじ】

 リクオが全国の妖怪達を集めて、晴明の御門院家による清浄に備えようとしたのだが、既に清浄は九州の地で始まってしまっていた。そこでリクオは日本各地で起こるであろう清浄に備えて、奴良組の仲間達を全国に派遣することに。そして自らは有志を集め、宝船で九州へと向かうのだった。一方、京都では鵺に倒されたはずの土蜘蛛が復活していて…

ぬらりひょんの孫 第百九十二幕「大会議」の感想

また文車妖妃ちゃんに会えるとは。あいかわらずの眼鏡っ娘可愛さでしたね。

【簡単なあらすじ】

 リクオは実家に招いた友人達が帰るのを見届けた後、日本中の妖怪達が集まった会議へと出ることに。そこで話し合われた内容は、妖怪達にとって確実に脅威となるであろう鵺とその子孫達による清浄のことだった。歴史が繰り返されれば多くの里は侵略を受け壊滅する、だから今こそ全ての妖怪は手と手を取り合うべきだとリクオは言うのだが、他の妖怪達の反応は鈍く…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ