カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.)

ぼくたちは勉強ができない 問60.先人の[x]は時に彼の献身となるの感想(ネタバレあり)

成幸のやつ、今回はあしゅみー先輩とイチャイチャしやがって…!!(血の涙)
ここ最近ヒロインと二人っきりでイチャイチャすることが増えてないか!?

D.Gray-man 第228夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・毒と標」の感想(ネタバレ有り)

2018/04/17 05:44 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

先日発売したジャンプSQ.CROWN…もとい新増刊ジャンプSQ.RISEにD.Gray-man最新話が掲載されました。

しかしRISEは新雑誌を謳いつつもCROWNと同じ季刊誌でメインを張っている漫画のラインナップにも変わりがないことから、雑誌の名前が変わっただけと思っています。

今回紙版と電子版の両方を購入。
D.Gray-manはトビラ絵も含めて12ページ掲載。
RISEの値段は紙版:690円 電子版:600円 どちらも税込
D.Gray-manの図書カードが150名にプレゼント(ただし電子版ではプレゼントページを見つけられず)
あとその他のD.Gray-man情報は神田ユウフィギュア(14800円)が予約受付中なことくらい…!?

えーとそれで前回はどこまで話が進んでいたんでしたっけ?たしかアレンとジョニーが絶体絶命のところを神田とティエドール元帥に助けられた後、二人を教団の追手だと勘違いしたアレンと神田が馬車の中でバトルに突入しかけるも(ある意味いつもの光景)、まあ色々あって神田も以前と比べて大人になったということなのかアレンと拳で語り合うのではなく話をすることに。そこで瓶詰めの塩だと思われていたのが実は変わり果てたティムキャンピーだったという衝撃の事実が明らかになって、そして在りし日のクロス師匠のシーンへと…

ぼくたちは勉強ができない 問59.時に天才は限定された[x]において奮闘するの感想(ネタバレあり)

いつの間にかリズたまがイメチェン前に戻っていて、ちょっと惜しいようなホッとしたような…

ぼくたちは勉強ができない 問58.荒ぶる夜たまさかに天才の心[x]に在らずの感想(ネタバレあり)

いつもと様子が違うというか、今回の文乃姫、なんかこう放っておけない感じがするのは俺だけではないはず…

男の娘ママは幼なじみのヒロ君に母性を感じるのでいっぱい甘えてほしいの感想

2018/04/03 06:39 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(2)

小さい頃から仲の良かった男友達がある日突然男の娘ママ(母親)になったらあなたはどうしますか…!?
って、お前何言っているか理解不能なんだけどとおっしゃるそこのあなた、安心してください私も何を言っているのかよくわかっていません←

そんなわけで本日ジャンプ+に配信されたありしゃん先生の読切が一部の読者の間で話題になっているとかいないとか。

男の娘ママが幼なじみとかはじめて漫画のタイトルを見た時なんじゃこりゃと意味不明でしたが、読んでみたらタイトル通りの内容で納得。

最初は男の娘ママというのがただただ気持ち悪くて違和感ありまくりだったんだけど、ちょっと照れ臭くも心温まる母子の交流話を読んでいる内にあれ男の娘ママというのも意外と悪くないんじゃね?と思え始めてきて、最後の方では本物のママ(母親)みたいに思え始めてしまうから不思議だよなあ←

情けない声を上げるヒロくんかわいぃぃぃぃ!〇宮がうずいてたまらんわ!きゅんはぁとキュン!

色々とツッコミどころが満載のこの漫画の中でもこのシーンとかは特に盛大に笑わせてもらいました。

でもまああまり一般の人にはおすすめできない内容かもしれませんが、もはや普通の漫画では物足りないと思っている方や、男の娘ママ好きの方(本当にそんな奴いるのか)は一度読んでみることをおススメします。

ぼくたちは勉強ができない 問57.天才の変貌は時に[x]の盲目となるの感想(ネタバレあり)

自分的にはトビラ絵の眼鏡をはずして見せたリズたまが一番可愛いと思いました。
どうも本編のイメチェン後のリズたまは別人過ぎて同一人物とは思えなくて…

ぼくたちは勉強ができない 問56.運命は時に前任者を抗えぬ[x]へと誘うの感想(ネタバレあり)

俺も真冬先生の授業を受けたいです!直伝テクニックを教わりたいです!

ぼくたちは勉強ができない 問55.彼らは戯れに[x]なる言の葉を披瀝するの感想(ネタバレあり)

悪いこと言わないから俺らみたいなのがこういう類のゲームをやるのはメイドカフェや二次元の中だけにしておいた方がいいよ…(遠い目)
あと今回も俺の桐須真冬先生が最高過ぎた…

ぼくたちは勉強ができない 問54.先人の誇りは時に[x]どもの事情と背反するの感想(ネタバレあり)

今回の扉絵はホワイトデー仕様でしたが、スイーツなんかよりも真冬先生が食べちゃいたくなる可愛さでした…なーんつて。

ぼくたちは勉強ができない 問53.時に隣の[x]は青く捗捗しいものであるの感想(ネタバレあり)

先週文乃姫とイチャイチャっぷりを見せつけてくれたと思ったら今週はうるかといい雰囲気に…
最近の成幸は女の子をとっかえひっかえしているように見えるけど大丈夫なのか!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 5月30日週刊少年マガジン26号連載開始
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第181夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:17巻-2月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2018年2月25日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は4月14日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ