カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第167夜「守る意志、戦う心」(平成29年11月15日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第167夜「守る意志、戦う心」(平成29年11月15日更新分)の感想(ネタバレ有)

いよいよ明後日11月17日(金)頃にマギ本編最後の単行本となる第37巻とシンドバッドの冒険第16巻が発売するぞー!

先週WEBサンデーで発表されていたけど、一部書店で本編単行本を買うと特製クリアしおりがついてくるそうだ。
(36巻ペーパーのマイヤーズverとはまた違う魅力の)メガネっ娘モルさんを見た瞬間心をグッと鷲掴みにされた男子読者諸兄、その気持ちよくわかるぞ!
だがちょっと冷静になって落ち着いて考えて欲しい!
なぜならいつものようにサンデーサポーターショップで単行本を買ってもクリアしおりがもらえない場合があるようなんだ!
特典ペーパーとクリアしおりの配布方法について下にそれぞれリンクを貼ってみたので確認して欲しい。

特典ペーパー → サンデーサポーターショップ限定
特製クリアしおり → 一部書店かつ書店によって配布方法が異なる

WEBサンデーで書店リストを確認してみた所、
この特製クリアしおりが配布される一部書店というのが、必ずしもサンデーサポーターショップとは限らないようなんだ。
むしろ都道府県によってはサンデーサポーターショップでもクリアしおりを配布する所は1ヶ所あるかどうかいう…
あと地域によっては発売日が1日以上遅れる場合とか、既刊しか対象にならない場合もあるようなので、確実にメガネっ娘モルさんをゲットしたい場合は事前に書店に確認しておくのがベストだと思う。

そして大寺先生の巻末コメントによると、シンドバッドの冒険16巻の書店特典はSSSペーパー、アニメイトではイラストペーパー(シンドバッド&ヴィッテル・マハドを除く八人将)、とらのあなではカラーポストカード(超キュートなセレン様、とらとメイトはネット通販サイトで確認)が付く予定らしいぞ!

そんでもってようやく感想に入らせてもらうけど、物語はシンドバッドがシンドリアに戻ってくる30分前、ジャーファルさんとヴィッテル・マハドがシンドリア国内に侵入したパルテビアの怪物達を相手に戦っているところから始まるわけだけど…



シンドバッドがシンドリアに戻る30分前

これが30分前ということは、シンドバッドが戻ってくる前にはシャカとの決着がついていそうな予感がします。
でもこの漫画のことだからたとえシャカに勝ったとしても、シンドバッドをさらなる絶望のどん底へと叩き落とすそんな仕掛けが用意されているような気がしてならないんですよね…

バララーク・セイ!

ジャーファルさんの見事な戦いぶりは健在でしたが、あれだけの数を相手にしていて魔力切れにならないかが心配で…

シンドリア王国八人将の役目!!

こうしてジャーファルさんヴィッテル・マハドの三人が揃って戦うところを見るとシャムラシュ時代を彷彿とさせますよね。

…おや、まだ生き残りがいましたか…

(私たち読者はすでにこの時何が起きたかを知っているうえに、マギがどういう漫画なのかを考えても)この展開は十分予想できたはずなのですが、それにしたってこれはあまりにも酷すぎる…特にダルダール達は以前からちょくちょく登場していたので…

ドン 手前ェッ!!!!(中略)行くぞ!ヴィッテル、マハド!!おう!!!

かつてのシャムラシュ時代に戻ったかのようなジャーファルさんが、かつてシャムラシュ時代一緒に戦った仲間達と共に、かつてのボスであるシャカと戦うことになるとは、普通ならばバトル漫画の燃えるような熱い展開を期待するのでしょうが、マギだと目を背けたくなるような酷いことになる予感しかしないのが…


広告

関連記事
No title
きっと本編と同じかそれ以上の重い展開が続いていくのでしょうね。でもせめて最後に少しでも救いの展開があることを願わずにはいられないです。
本編で登場しないキャラのほとんどはこの戦いの時に亡くなっている可能性が高いことを考えると、ヴィッテル…マハド…そしてルルムさん…辛い展開が待っていそうで怖いです。
本編の八人将の内、半分の4人はこの場にいなかったことを考えると、ジャーファルさん達を含めた残り4人が眷属同化している可能性は十分考えられますよね…
[ 2017/11/22 05:08 ] [ 編集 ]
つらい展開
しばらくは重い話が続きそうですね。
本編で死亡が語られた、ミストラスやセレン達と違ってヴィクトルやマハドが生き延びてくれたらいいのですが、望み薄でしょうね。
そういえばマスルールがモルさんに八人将の中には半分眷属同化している人がいるって話を本編でしてましたが、もしかしたらここで追い詰められたジャーファルかもしれませんね。
[ 2017/11/17 01:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ