カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第307夜(第307話)「準備完了」の感想(ネタバレ有)

マギ 第307夜(第307話)「準備完了」の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 ぶっちゃけモルさんと白龍はアリババがいない間にくっついちゃったのかくっついていないのか…オルバ達があんなこと言うからずっと気になって気になって仕方ないじゃないですかぁああああっ!!!!



はァッ!!!

 あいかわらずモルさんの戦う姿は舞を踊っているかのような美しさですな。ちょっとアングルが際どすぎてドキドキもしてしまいましたが←

 しかしあんなデカイの相手に互角に渡り合えるなんて今のモルさんは一体どれだけ強くなっているのだろうか…

まだまだ、次は金属器でお相手を!

 なんか白龍すっかり変わっちゃいましたね。まさかこんなふうに前向きに頑張っている…まるでバトル漫画の主人公みたいな白龍を見られる日が来るとは。いやむしろこっちが本来の白龍の姿なのかもしれませんね。

この鬼倭島を島ごと動かせるようにできたのは、アラジンのおかげぜよ。

 なんというか…健彦はシンドバッドとタイプこそ違えど、こうしてアラジン達を受け入れてくれる器の大きいところが、シンドバッドと似ているような気がしました。

私もシンドバッドは気に食わないです!(中略)私と名前も被ってるんですよ!

 そうそうそれ(=名前被りが)ずっと気になっていたんですよ。てっきりシンドバッドが鬼倭に送り込んだダブルスパイかとも思っていたんだけど違うようで安心しました。

大丈夫だよ。今の僕たちなら、誰にも負けないよ。

 おおっ、アラジンの口から頼もしい言葉が!これはアラジン達がどれだけ強くなったのか楽しみですね。この後のやり取りで転送魔法を使えるようになったことはわかりましたが、肝心の力魔法をどのくらいまで使いこなせるようになったのか気になります。

 あとこのシーンのモルさんの立ち姿がすごくさまになっていて…モルさんすっげー美人になったよなあと思わずにはいられませんでした…

入れ違いになってしまいましたね。ジュダルは今頃、下界のどこで何をやっているんだ…?

 …って、ちょ、ジュダルってばまだ白龍見つけられていなかったのかよ。もうとっくに再会しているものだとばかり思っていたのですが。もっともジュダルが今の白龍と再会できたとしても、必ずしもそれがいい方向に働くとは限らないのですが…

 あとモルさんと白龍の距離の近さが気になりました。今回ほとんどのシーンでモルさんは白龍のすぐ隣に寄り添うように立っていたのですが、これってやっぱりオルバ達の言っていたとおり二人はくっついちゃったのかー!?

うん、アリババくんはね…すごくないところがすごいんだ!

 アラジンのこの表情…アラジンはいい意味で変わっていなくて安心しました。あとどちらかといえば父親のソロモンよりも母親のシバにて似ているという感じがしました。

よりによって煌帝国の元兵士たちや紅玉帝にまで同じ言葉をかけるとはあの人はまったく…

 白龍がこんな表情でアリババのことを言う日が来るなんて…

だから君に会いに行くよ、アリババくん!

 アラジンとアリババが再会できる時が待ち遠しいです。


広告

関連記事
No title
コメントありがとうございます。

私もまた再び三人が揃う時が楽しみで仕方ありません。
(もっともモルさんが白龍とくっついているかいないかによって感動の度合いは大きく変わってくるかもですが(苦笑))

師匠達については、今回のアラジン達の話を聞く限りだと、決定的な対立にまではならないはず…だと信じたいです。

ジュダルの行方についてはまったく手がかりがない状況ですが、
本当にどこにいるんでしょうね。
[ 2016/05/29 09:44 ] [ 編集 ]
初めましてコメントします。久しぶりにアラジンとアリババとモルジアナの信号機トリオが見られる思うとオラわくわくすっぞ(悟空感)あと私が気になっているのは信号機トリオと師匠'sの対立?とゼパルフラグのあと一人とジュダルの行方です
[ 2016/05/25 04:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第165夜 NEW!

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売、37巻11月17日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月18日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ