カレンダー(月別アーカイブ)

12 ≪│2018/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍)
カテゴリー  [ マギ(大高忍) ]

マギ シンドバッドの冒険 第175夜「降臨」(平成30年1月17日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

本日、マンガワンでマギシンドバッドの冒険第175夜(先読み分)が更新されました。
なお次回(先読み分?)は2週間後の1月24日に更新されるとのことです。

前回ファーランは堕転やイル・イラー、アル・サーメンの目的などについてべらべら喋ってくれましたね。

でもまあセレン様を暗黒点に仕立て上げ、依り代としてイル・イラーを降臨させる所まで成功させたのだから、ファーランがもはやうまくいったと思うのも無理ないこと。しかしこの時ファーランはまだシンドバッドがダビデと繋がったことを知らなかったわけで…

マギ(大高忍先生)関連情報個人的まとめ。随時更新予定…多分。

□【単行本】36巻 (表紙絵) (特典ペーパー) が10月18日(水)頃、最終巻37巻 (表紙絵) が11月17日(金)頃発売

□【外伝】シンドバッドの冒険(マンガワン・裏サンデー(1週遅れ)連載中)は連載継続
※漫画担当の大寺義史先生のあとがきコメントより

□【作者ブログ】大高忍の手書きブログ(移転後) (移転前)
※最終更新日2017年1月22日

□【公式】大高忍サンデーまんが家バックステージ(WEBサンデー)
※マギでの更新は今回が最後とのこと。主要キャラ全員集合の37巻表紙に思わずぶわぁっ。(でもよく見ると8年間応援ありがとうございましたの裏に隠れてしまっているキャラが約2名…ピスティとスパルトス…)

□【作者ブログ】2011年9月29日 スパルトスとピスティとシャルルカン(大高忍の手書きブログ)
※せめてこちらでピスティとスパルトス分を補給

□【ニュースサイト】2017年10月11日 「マギ」今号のサンデーで完結、次号「MAJOR 2nd」重大発表(コミックナタリー)
※「MAJOR 2nd」重大発表ってTVアニメ化!?それともまさかの実写化!?

□【ニュースサイト】2017年10月11日 マギ:「サンデー」の人気マンガが8年の連載に幕 テレビアニメ化も話題に(まんたんウェブ)

□【ニュースサイト】2012年07月16日 マンガ質問状:「マギ」 連載終了かというピンチも テレビアニメ(※1期)が10月スタート(まんたんウェブ)
※TVアニメ1期開始前(5年前)に掲載された記事

□【二次創作】マギ 最終回 | pixiv

□【二次創作】「シンドリアの女神」の人気イラストやマンガ・画像 | pixiv (スマホ版)

マギ シンドバッドの冒険 第174夜「暗黒点」(平成30年1月10日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

突然ですが、マギのクリスマスカードが届き(当たり)ました!
大高先生小学館の方々最高のクリスマスプレゼントありがとうございます!
ぜひ年賀状の方もなにとぞよろしくお願いします!←

…っと、それでは話をシンドバッドの冒険に戻すことにしましょう。

まずは今後の連載スケジュールについてですが、
来週はやはり年末年始休みで、次回更新は1月10日(水)になるそうです。

さて前回どこまで話が進んだかといえば、一人シンドリアに残った(戻った)シンドバッドは、ファーランが巨大な蜘蛛の怪物を使って何やら得体の知れない儀式をしようとしている現場に遭遇して、その蜘蛛の怪物がセレンディーネの変わり果てた姿だということに気付いてそれから…

マギ シンドバッドの冒険 第173夜「シンドバッドという男」(平成29年12月27日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

サンデーもジャンプもマガジンも合併号休みの週に、こうして更新があるのは本当にありがたいです。
ちなみに来週も最新話・第174話の更新があるようです。

今回のサブタイトルからもわかるように、いよいよ主人公のシンドバッドにスポットが当たることになりそうです。
シンドリアでわずかながら生き残った人たちが船でレームへ脱出する中で一人シンドリアに残ったシンドバッド、あとはセレン様とファーラン、ジュダル、バルバロッサがどう動くのかが気になるところですが…

マギ シンドバッドの冒険 第172夜「誰が為に」(平成29年12月20日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

今週は172夜でいいんですよね?(2ページ目のサブタイトルのところで173夜となっていたので。)

来週はサンデー本誌は合併号休みですが、マンガワンは先読み173夜が更新されるということでいいんですよね?(172夜と173夜の表記がごっちゃになっていたのでちょっと不安ですが)

前回ルルムさんのあの変わり果てた姿を見せられ怒りを抑えられなくなったヒナホホが同化&堕転の危機で、一体どうなってしまうのか…

マギ シンドバッドの冒険 第171夜「ルルム」(平成29年12月13日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

今回のサブタイトル、嫌な予感しかしない件について。

壮絶な戦いの末にジャーファルさんがシャカを倒したものの、あまりにも犠牲が大きすぎた…

さらにセレン様がメンフィスを倒したことで、バルバロッサ側近の四天将軍は全滅、しかもバルバロッサ本人もかなりのダメージを負っていて、これはようやくシンドバッド達の絶望的な戦いにも光明が見えてきたと思っていたら…

マギ シンドバッドの冒険 第170夜「慟哭」(平成29年12月6日更新分)の感想(ネタバレ有)

先日大高忍先生の手書きブログが更新されました。
ムーさんに友達が少ないのが意外でした。いつもファナリスの仲間達に囲まれている印象があったので。
こうしてマギ本編の登場人物達のその後が読めるとすごく嬉しいですね。
大高忍先生今度はぜひアラジンと紅玉でお願いします。

いつの間にかマンガワンで「先読み」なるものが始まってしまっていました。
SPポイント(課金以外に広告動画を見る等でも入手可能)を消費することで1週間?先の話も読めるようになるようです。
(今思えば11月上旬に休載したのは、今回先読みの話を掲載させるためのスケジュール調整の意味もあったのかも)

マンガワンのおみくじが終了!SPライフを無料動画を見てもらおう
捗れ。人生

マンガワンの新システムについては上記リンクの個人サイト様で簡単にわかりやく説明がされています。
ちょっと?面倒くさいけど、マンガワンで毎日短い広告動画を見てSPポイントを貯めていけば、先読みするのは問題なさそうです。(ただしマンガワンで複数の作品を先読みしたい場合は別の方法を考えるか先読みを諦めるかしないといけなそうですが)。
それとSPポイントでちょい足しを読めるようになったのは嬉しいです。

そんなわけで本日は通常更新の170夜と先読み更新の171話が掲載されていました。
自分的にはシャカを倒すのは眷属同化したジャーファルさんか遅れて駆けつけてきたシンドバッドのどちらかと思っていましたがはたして…

マギ シンドバッドの冒険 第169夜「彼らの答え」(平成29年11月29日更新分)の感想(ネタバレ有)

今回のちょい足しを課金してまで読むかどうかいつも悩む。
公式ガイドブックか何かに収録してくれないかなあ。

かつてのシャム=ラシュの仲間同士、魔力操作使い同士の戦いは、3対1の数的優位でジャーファルさん達が戦いを有利に進めていたと思いきや、シャカの奥の手発動で形勢が一気に逆転。
こちらの攻撃が一切通じない魔力操作を極めた相手にジャーファルさん達はどう戦う…!?

マギ シンドバッドの冒険 第168夜「魔力操作」(平成29年11月22日更新分)の感想(ネタバレ有)

(たとえ手負いの状態とはいえ)眷属同化した状態のミストラスをいとも簡単に倒して見せたシャカ。
ある意味今のパルテビア軍の中で最も手強い敵と言っても過言ではないような気がする。
そんなシャカと対峙するのはシャム=ラシュでシャカの元教え子だったジャーファルさん・ヴィッテル・マハド。
ジャーファルさん達にとってもなんとしてもここでシャカを食い止めたいところだけどはたして…

マギ単行本第37巻(最終巻)&シンドバッドの冒険第16巻の簡単な紹介と感想(ネタバレあり)

はたしてネルヴァは許されたのか許されていないのか…

先日発売されたマギ単行本第37巻(最終巻)とシンドバッドの冒険第16巻を買ってきました。

こうしてマギを単行本で改めて読み返してみると、最後はアリババとモルジアナの結婚式でこれ以上ない最高の大団円のエンディングで綺麗に締めくくられていて、これまでずっと読んできた一ファンとしてもすごく感慨深いものがあります。
一方シンドバッドの冒険は物語がどんどんシリアスな方向に…そして今回ついにパルテビアと開戦してしまうことに…マギとは対照的に読んでいるのがすごく辛いですが、こちらも最後まで見届ける覚悟で読ませて頂くことにします。

今回は県内で唯一特製クリアしおりを配布しているサンデーサポーターショップの書店に行って買ってきました。
そのかいあって無事メガネっ娘モルさんの特製クリアしおりをゲットできました~!!
でもこうして改めて現物を見てみると特製クリアしおりのモルさんがホント可愛すぎて死ねる…
失礼ながらこれまでの自分の中でのモルさんのイメージはバリバリの肉体派or体育会系orバトル担当といった感じで、前巻のペーパーのマイヤーズverもそれはそれではまり役ではあったのですが、こっちの知的で文学少女なメガネっ娘モルさんの方が断然いいじゃないかと…!!

前述のとおりサンデーサポーターショップで買ってきましたので、
マギ37巻にはポストカードと主要キャラの寄せ書き色紙の特典ペーパーが、
(ポストカードは書店限定?SSSならどこでももらえる?)
シンドバッドの冒険16巻にはおまけ漫画の特典ペーパーがそれぞれついてきました。
特に寄せ書き色紙の特典ペーパーはマギファン必読です!!

そして恒例のおまけ漫画についてですが、
マギ37巻には最終回のその後のお話がほんのちょっとだけ、
シンドバッドの冒険16巻にはシリアスな本編の後でホッと一息つけるような内容のお話が、
それぞれ掲載されていました。

シンドバッドの冒険の特典ペーパーのおまけ漫画についてですが、
あいかわらずバルバロッサがシンドバッドと最初に出会った時のようなノリではっちゃけまくりで、
本編を読んだ後だと違和感バリバリありまくりでした笑
でも本編でバルバロッサは劣悪種の愚図に媚を売るのはもう止めだと言っていましたが、
あれが全部が全部演技だったとはとても思えないんですよね。
もしシンドバッドが違う選択肢を選んでいたら今もシンドバッドはバルバロッサとこんなお馬鹿なやり取りをしていたのかもしれないと思うと…

それと37巻の表紙とペーパーからネルヴァ様のその後がなんとなく見えてきました。
ほとんどのマギファンの方々にとっては心底どうでもいいことかとは思いますが…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第174夜、第175夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は1月10日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ