カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍)

オリエント 第19話「刀」の感想

2018/10/15 02:27 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

前回、つぐみの本音を聞けたことで、ようやく仲間になった実感が湧いてきた気がする。
この話の流れできたら、今回こそつぐみから鬼鉄刀の使い方を教えてもらえるはず…!?

オリエント 第18話「三つ巴」の感想

2018/10/07 18:46 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

前回なんだかんだあって、つぐみが武蔵たちの正式な仲間に!
ようやく待ちに待った可愛い女の子(&ヒロイン候補)の仲間入りに俺のテンションも上がりまくりだぜ!!
…と思っていたら、いきなりつぐみを巡って問題が発生!?
なぜか全然無関係の読者の俺までダメージ受けてしまうのなぜなのか!?←

オリエント 第17話「もっと強く」の感想

2018/10/03 02:44 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

うーんてっきり小雨田武士団から服部武士団orつぐみ武士団になるものだとばかり思ってたんだけど…

オリエント 第16話「明日を選ぶ」の感想

2018/09/25 23:00 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

自分的にはつぐみが小雨田に勝ったことで、小雨田武士団が服部武士団(もしくはつぐみ武士団)になるのかどうかが気になっていましたが…

オリエント 第15話「見えない檻」の感想

2018/09/16 02:41 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

鬼と戦うにしろ、逃げるにしろ、今は内輪揉めしている場合じゃないと思うんだけど。
どのみち団長があれじゃあ小雨田武士団はもう終わりだろうなあと。
(小雨田は鬼と戦うのが武士団の存在意義とか言いながらも実は部下や領民達が自分の思い通りにならないと気が済まないだけじゃないかと)

もうこうなったら(領民達から慕われている)つぐみが小雨田を倒すしかないなと思っていたら…

オリエント 第14話「共闘」の感想

2018/09/10 00:28 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

今回の話を読むまで、ぶっちゃけ小次郎のことを過小評価していた気がします。
まるでアルスラーン戦記に登場するナルサスのごとき智将っぷりを見せつけてくれましたね。
主人公=武蔵の親友かつ副官かつ参謀かつ専業主夫ポジションとか小次郎最強すぎじゃね!?

オリエント 第13話「今がその時」の感想

2018/09/01 13:20 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(4)

この漫画、鬼が登場しない時の方が、断然面白い気がするんだけど…

オリエント 第12話「ぐちゃぐちゃ」の感想

2018/08/24 00:42 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

今回のオリエントは巻頭カラー&ポストカードプレゼントがあります!

うんやっぱりつぐみ=可愛い女の子が見開きカラートビラ絵に描かれていると華があっていいですよね(←オッサンくさい感想ですみません)

それと「服部」という名字からなんとなく予想はしていたのですが、アオリ文には「忍の血を引く"服部つぐみ"」と書かれていましたね。
今後その忍の血を引く設定がどう活かされてくるのか楽しみです。

現在武蔵達が捕まっている小雨田武士団は、最初に登場した武田武士団とは違い、かなり窮地に追い詰められているようですが、ぶっちゃけたとえつぐみが小雨田の洗脳支配?から脱して総動員令をかけるのをやめさせることができたとしても、鬼達に攻め込まれて全滅させられたら意味ない気がするんですよね。
よくある少年誌のバトル漫画のセオリー展開だと、主人公が困っているヒロインのために立ち上がって何とかしてくれたりするのですが、あの大高先生がそんな甘っちょろいご都合主義展開にするとはとても思えないし…

オリエント単行本第1巻を買ってきました。

2018/08/20 07:30 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

というわけで、先週8月17日に発売した大高忍先生の新連載「オリエント」の最新単行本第1巻を買ってきました。

ちなみにこの漫画は二人の少年が最強の武士団を目指す冒険譚らしいです。
今ならまだマガポケで1話から3話までが無料で読めるそうなので、興味がある方は単行本を買う前に読まれてみてはどうでしょうか?

今回特典ペーパーは未来屋書店で武蔵、アニメイトで小次郎の特典ペーパーが付いてくるとのことでしたが、
私は近所のアニメイトで買ったのでご覧のとおり小次郎のペーパーをゲットすることができました。
※ちなみにマギの時のようにSSSサンデーサポーターショップ(アニメイトと未来屋書店を除く)で買っても特典は付いてないのでご注意ください。

ちなみに1巻では本編は4話まで収録されていて、作者コメントやおまけ漫画等のおまけ要素はありませんでした。
あと帯についてくる応募券をハガキに貼って応募すると大高忍先生の直筆イラスト&サイン入り色紙が抽選で10名に当たります。

でもここまで紹介しておいてなんですが、特にマギファンの方は、オリエントにマギを期待し過ぎない方がいいです。

たしかにオリエントでも登場人物の熱い描写など大高先生らしさが随所に見られるし、特に主人公の武蔵と小次郎の掛け合いはこの漫画の一番の見どころと言ってもいいのです。

問題はバトルが大味すぎるのと主人公達が頑丈すぎるのと敵の見た目とサブキャラ達の顔芸のせいで、あまりバトルが面白いとは思えないところなんですよね。
むしろもっと人間っぽい敵…それこそマギの時のアルサーメンのような敵の方が盛り上がったような気がします。
現在雑誌連載の方でやっている武士団の人達との人間ドラマの方がよっぽど見応えがあって面白いですし。

つまり何が言いたいかというとオリエントが面白くなるのはヒロインが登場してから…ということで2巻以降はきっともっと面白くなるはず…!?

オリエント 第11話「側にいるよ」の感想(ネタバレあり)

2018/08/12 16:46 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(4)

今回の小雨田とつぐみのやり取りは、DVと共依存の関係を見ているようで、あまりいい気持ちはしなかったですね…

それと今回小次郎が出された料理の味付けを気にしているところをを見て、お前は主婦(奥さん)かよと思わずツッコミを入れずにはいられなかったのは俺だけではないはず…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ