カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » サンデー(その他)

天使とアクト!!ACT.153「約束と記憶」の感想

ひらかわあや先生の最高の演出で、なりちゃんとのクリスマスイヴデートがますます盛り上がってきたのはいいんだけど、ラストがまたある意味お約束な展開に…冒頭でアクトが20歳でなりちゃんが高1(ってことは15歳か16歳と思われ)と紹介されていたけど、これ条例的な意味で大丈夫なのか!?いやここは少年誌でピュアなラブコメを描くことに定評のあるひらかわあや先生を信じようじゃないか。

畑健二郎先生の新連載「トニカクカワイイ」が完全にタイトル負けしている件について…

何度読み返してもどうしてもヒロインが可愛いとは思えない。
このタイトルでヒロインが可愛くないのは致命的のような気がする。
これならハヤテのごとく!のサブヒロインの方がまだ可愛く思える。
それともこれから徐々に可愛い一面を見せていってくれたりするのだろうか!?

ひとつばな第1話(byミナミ先生)の簡単な紹介と感想(ネタバレあり)

 ついに「ひとつばな」がサンデー本誌(2017年29号)に出張掲載キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 サンデーうぇぶりで好評連載中の知る人ぞ知るドロドロ愛憎劇漫画「ひとつばな」の単行本1巻が発売!サンデー本誌に第1話が出張掲載!と言われてもイマイチピンと来ない人もいるのではないかと思います。そこで何かいい紹介の仕方がないかと考えていたら、サンデー27号の単行本告知ページにあった紹介文が秀逸でわかりやすかったので、当ブログでも一部引用させて頂くことにします。

でも(憧れの)先輩が好きなのはいつも別の人。先輩を手に入れるためなら手段を選んでいられない!どうしても付き合いたい明斗と、明斗をキープしたい先輩の駆け引きが始まる!

 これでもまだ多くの方はピンと来ていないかもしれません。少女漫画でよくありそうな展開だとか、女が好きそうだとか(←失礼なことを言ってすみません)、1話からずっと読んでいた私でさえそう思っていた時期がありました。それが今ではもうわざわざトラウマ植え付けられるために毎週日曜日に読みに言っている位にハマってしまったのですからわからないものです。

2番目じゃだめ?

 やっぱこの漫画とヒロインが真価を発揮し始めるのは、この時のゆい子先輩とのやり取りからではないでしょうか。そこでゆい子先輩の底知れぬ闇を思い知らされるのと同時に、この漫画に一気にハマり始めました。ちなみにこのやり取りは単行本第1巻のラストの方に収録されていますので、サンデーの出張掲載で興味を持たれた方は1巻かまたはサンデーうぇぶりでぜひ続きの話を読んでもらいたいです。

TVアニメ版だがしかし第1話「うまい棒とポテフと…」の感想

自分的にはヒロイン(ほたる、サヤ師)のインパクトが強すぎて、
作中で紹介された駄菓子についてはよく覚えていません←

自分的にインパクトが強い順であげていくと、
ほたるのおっぱい > ほたる > サヤ師 > 駄菓子 > その他キャラ
といったところでしょうか←

ほたるはおっぱい以外で強く印象に残った点といえば、
本当に美味しそうに駄菓子を食べていたり、楽しそうに駄菓子を語っていたところでしょうか。

つーか、ココノツとほたるがくっついちゃえば、ほとんどの問題に決着がつきそうなものですが、
はたしてそれにほたるが気付けるのか、が…

ココノツの将来は漫画家か駄菓子屋か…いっそのこと、間をとって駄菓子漫画描けばいいんじゃね?←

サヤ師は全然気持ちに気付いてもらえなくてちょっと可哀想ですらありました。
でもサヤ師ちょっとツン入っていて可愛かったですけどね。

MAJOR2nd 第18話「うそだ!!」&週刊少年サンデー2015年34号の感想

今週はマギ本編もシンドバッドの冒険も休載。
(シンドバッドの冒険は7巻発売PR漫画が掲載。)
両作品共に次週より連載再開予定。

マンガワンの椎名高志祭りについて

GS美神などの名作が全話読み放題(※期間限定)なのは嬉しいのですが、
これも読むためにライフが必要なのかどうかが気になります。

名探偵コナン 第925話

最近あまりよく読んでいませんでしたが、
灰原ってこんな一面もあったんだ…

なのは洋菓子店のいい仕事RECETTE1(第1話)「いちごショートと丘の上の三兄弟」&週刊少年サンデー2015年第19号の感想

今週のマギ本編は休載でした。
氷球姫は先週で最終回でした。

今週号の付録はマギ特製クリアしおり

しおりの6人の中にモルさんがいない…だと!?

マギ本編は来週から連載再開、
最新単行本第25巻が4月17日頃に発売される予定です。

銀の匙が再来週発売の第21号から連載再開

ようやく連載再開ですね。すごく楽しみです。

だがしかし 第45話

正直、駄菓子のこととかよくわからないけど、
ほたるさんのおっぱいばかりに目が行ってしまいます(←ちょw)
先週のテーブルの上に載ったおっぱいの凄まじい破壊力ときたら…

銀の匙 Silver Spoon 第23話「夏の巻13」の感想

 そういえば夏休み中はほとんどずっとクラスメイトの御影アキの家でバイトしていたわけですが、期待していたようなことはこれっぽっちも起きませんでしたね。そして夏休みも終わりエゾノーの二学期が始まったのですが、夏休みが終わっても変わらないものもあれば驚くほど変わったものもまたあるわけで。やせて美人になったタマコ、夏休みデビューした常磐、見違えるほどブクブク成長した豚丼…

銀の匙 Silver Spoon 第17話「夏の巻⑦」の感想

 えっと、感想書くのも随分久しぶりだし、連載再開も何週間かぶりだし、どこまで話が進んでいたっけ?そこで前号までのあらすじを読んでみると、そっか勇吾は夏休みにクラスメイトのアキの実家にバイト中で、今は同じくクラスメイトのタマコの実家の農場に見学に来ていたんですね。それにしてもみんな色々将来のこととか考えてるようだけど…

-浅丘高校野球部日誌-オーバーフェンス(byあだち充先生)の感想

 えっと、先週号のサンデーの予告ではひとクセもふたクセもある野球部員達を相手に主人公の女子マネが奮闘するみたいなことが書いてありましたね。そう、あだち充先生の新連載はいつものように高校野球を題材にしながらも、主人公はエース…ではなく女子マネージャーなのです。

 女子マネが奮闘して野球部を甲子園に…というのは最近だともしドラがありますね。女子マネを主人公にしたのももしドラを意識したからなのかもしれません。でも女子マネ視点で物語は描かれているものの、特に女子マネが何かするわけでもなく、普通に女子マネしているだけです。

 これだと主人公がエースから女子マネに変わっただけで、いつものあだち充マンガと変わらないのではないのか。桜井キャプテンはこれまでのあだち充マンガの主人公と同じ顔していますしね。でも野球マンガとしては普通に面白いですし、なんというかこう安心感があるんですよね。

 不定期連載…前作のクロスゲームのときも休載になることが多かっただけに不安もあります。早く続きが読みたいんですけど、次は一体いつ掲載されるのか?あと女子マネ…瀬里沢みのりが普通に好みのタイプの女の子でした。でもどちらかといえば裏方…みんなを陰ながら支えるタイプに見えるけど…どう奮闘するんだろう…

銀の匙 Silver Spoon 第2話「春の巻②」の感想

 北海道の農業高校は、都会育ちの主人公・八軒勇吾にとっては、色々な意味で驚きの連続だった。そして今週から現場実習が始まるが、それがまた過酷で朝早くから夜遅くまで働き詰めでもう大変。それでも鶏を捕まえたり、鶏の卵を取ることで、鶏肉や卵を食べたときに味わえる感動の格別なことときたら。主人公やっていけそうかな…?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 5月30日週刊少年マガジン26号連載開始
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第181夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:17巻-2月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2018年2月25日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は4月14日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ