カレンダー(月別アーカイブ)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

マギ シンドバッドの冒険 第148夜「弾圧」(平成29年5月24日更新分)の感想(ネタバレ有)

 アプリで漫画を読むために話数を選択する時の、仲睦まじい二人(ミストラスとピピリカ)の様子と「弾圧」というサブタイトルのすさまじいギャップが… 

これまでの簡単なあらすじ

 結局最後まで同じ仲間の四天将軍やバルバロッサにも信じてもらえないまま、ロッターは無残にも拷問の末に殺されてしまうことに。そしてやはりロッターはセレン様にゼパルで操られていたが、まだバルバロッサ達はそのことに気付いていない様子。はたしてセレン様達の狙いとは、あとシンドリアの建国式典は無事に開催にこぎつけることができるのか…!?

マギ 第350夜(第350話)「不可能な大事業」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第34巻が6月16日(金)頃発売!!

これまでの簡単なあらすじ

 「それは無知だった俺がはじき出した未熟な答えだ。」 あれだけ色んな人から説得されても頑なに考えを変えなかったシンドバッドがこんなあっさりと考えを改めるなんて、これはもしかしたら上手く行くような気がしてきたかも…!?

エロマンガ先生が(原作もアニメも)面白い。っていうか、エロマンガ先生の山田エルフちゃんが可愛い。

2017/05/22 13:22 | アニメ | コメント(0)

私はTVアニメから入った人間ですが、話がサクサクテンポよく進むし、アニメがぬるぬる動くし、キャラ同士の掛け合いも安定の面白さだし、何より主人公の兄・正宗とヒロインの妹・紗霧の間に血の繋がりがないので(※1)安心して見ていられます←

突然ですが、山田エルフちゃん可愛いですよね。あ、山田エルフちゃんというのは、ロリでツンデレで正宗のお隣さんでマサムネのライバル作家で正宗に思いを寄せてくれているあの女の子…というのはもう言うまでもありませんよね。

何をいまさらですが、山田エルフちゃん最高ですよね。自意識過剰なツンデレキャラって下手をすると嫌われかねないのですが、山田エルフちゃんの場合は何だかんだ言いながらも正宗と紗霧の兄妹のことを気にかけてくれるところ(面倒見が良いのを通り越して尽くす域に達している?)に好感が持てます。自分的にはこの子のためにこのアニメを見続けていると言っても過言ではありません。

あと自分的にはボクっ子書店員の高砂智恵がツボです。こんな可愛い書店員がいたら用もないのに毎日でも本屋に通っちゃいそうです←

※1 前作「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」では血の繋がりが最後まで壁として立ちはだかって…

鬼滅の刃 第62話「悪夢に終わる」の感想(ネタバレあり)

2017/05/22 00:01 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 炭治郎のヒノカミ神楽「碧羅の天」が炸裂!!これでようやく倒せた…のか!?

4月2日に行われた真島ヒロ先生のサイン会に行ってきました。

2017/05/21 20:51 | イベント等 | コメント(0)

もはや1ヶ月以上前の話になってしまいますが…
真島ヒロ原画展最終日の4月2日に行われた真島ヒロ先生のサイン会に行ってきました。

午前中にグッズを購入し原画展を見た後、午後からサイン会に参加してきました。
参加者は事前抽選で150名⇒さらに20名追加で170名となったわけですが、
その一人一人に対してリクエストのあったキャラのイラストを描いてくださった真島ヒロ先生のファンに対するサービス精神には頭が下がる思いでした。

ちなみに私が描いてもらったのはRAVEの魅力的なキャラクターたちの中でも特に大好きだったエリーです。
(本当は直前までエリーかリーシャかカトレアさんで揺れまくっていましたが)
このクオリティのイラストをわずか1、2分で描き上げる真島先生は神です。
真島先生本当にありがとうございました!我が家の家宝にさせて頂きます!

FEヒーローズで「大英雄戦白狼ロイド」をクリアーしました。

2017/05/21 19:21 | ソーシャルゲーム | コメント(0)

※広告を入れてステマをやり始めたわけではありませんので(苦笑)。ツイッターの方ではソーシャルゲームの話題もちょくちょくアップしていました。ちなみに最近はこれとスクフェスを暇つぶし程度にぼちぼちやっています。この機会にいつもの漫画の感想以外の記事も書いていこうかなと。

完全に知っている人向けの内容になってしまいますが…
このメンバーで大英雄戦をクリアーしました。 ちなみにヘクトルには「待ち伏せ3」をスキル継承させています。
それでも勝てなかったのでルフレ男に「聖印HP1(HP+3)」を装備させることでようやく勝つことができました。
この記事を読んで頂いた方の参考になれば何よりです。

ちなみに私はよくゲームなどでハンドルネームを「しん」とすることが多いのですが、
マギでジャーファルさんのシンドバッドに対する「シン」という呼び方が好きだからです。

当ブログにグーグルアドセンスの広告を導入しました。

2017/05/21 18:35 | 管理人からのお知らせ | コメント(0)

当ブログにグーグルアドセンスの広告を導入しました。

テンプレートの構成の関係上、
PC版ではサイドバー右下と一部の記事の下に、スマホ版では記事の下に表示されます。

なぜ今になって広告を導入したのかといえば、
管理人がリアルで色々厳しくなってきたからです。
(それこそfc2の有料プランの費用すら払い続けるのが難しくなるくらいに)
最悪近い内に仕事を辞めることになるかもしれません。

これまで快適に読めていたのが、皆様には少しご不便をおかけすることになるかもしれませんが、よろしくお願いします。

TVアニメ夏目友人帳 陸 第6話「西村と北本」の感想

2017/05/18 08:44 | 夏目友人帳 | コメント(0)

妖が見えない(妖の存在を知らない)人間が夏目の置かれた状況を理解するのがいかに困難であるか、傍から見ると夏目は不可解な言動を繰り返しているようにしか見えませんからね。

同じような経験をすると大抵の人は夏目から離れていくんだけど、西村と北本の場合はそれでも離れずにいてくれた、夏目のことを理解して夏目と仲良くなろうとしてくれたわけですから、やっぱり西本も北本もすごくいいヤツなんだよなあ。

でも夏目は危ういというか危なっかしいというか、西村と北本が夏目のことを放っておけない理由が何となくわかるような気がします。

俺も弁当を作ってくれる妹が欲しかったです←
俺も鶴の折り方知らない←
どうでもいいことで人と揉める 俺と同じだ←

時系列的には田沼やタキよりも北本や西村と仲良くなった方が先?

妖が見えない(妖の存在を知らない)人間の視点だと、夏目がいかに困難な状況に置かれているのが改めて思い知らされた気がしました。

マギ シンドバッドの冒険 第147夜「暗躍者」(平成29年5月17日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 バルバロッサの腹心の部下の一人である四天将軍ロッターが反抗勢力に加担していた…!?

マギ 第349夜(第349話)「巻き込まれる人間」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第34巻が来月6月に発売!

これまでの簡単なあらすじ

 アリババの(世界を縦も横も繋げるという)提案で何もかもが解決するかのように思われたけど…!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第350夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第148夜 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.349 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は5月24日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ