カレンダー(月別アーカイブ)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

鬼滅の刃 第63話「猗窩座(あかざ)」の感想(ネタバレあり)

2017/05/29 07:14 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 轟音と共に現れたのは敵か味方かそれとも…!?

終末のハーレム 第23話「健康診断」の感想(ネタバレ有り)

2017/05/28 13:00 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

今週もWeb(ブラウザ)限定の更新のようです。
朝読んだときにはまだ規制がかかっていなかったのですが、残念ながらもう規制がかかってしまっています。

今週の簡単なあらすじ

 さあみんなお待ちかねの抱腹絶倒モノのエロエロ健康診断がはっじまるよーっ!!(←なんかテンションおかしくてすみません)

いちご100% East Side Story 第2話「さつき、襲来」の感想(ネタバレあり)

2017/05/27 23:14 | ジャンプ(SQ.) 河下水希 | コメント(0)

 いちご100パーセントの東城綾メインの続編?の第2話が、先日発売したジャンプGIGA2017Vol.2に掲載されました。サブタイトルですでに皆さんおわかりかと思いますが、今回のお話にはあの北大路さつきが登場します。でも個人的には一緒に登場した外村美鈴の方が好きだったりしますが…

これまでの簡単なあらすじ

 古本屋で働く中間は最近よく店にやって来るいちごパンツの年上のお姉さんにすっかりメロメロに。そのいちごパンツのお姉さんこそ有名女子大生作家となった東城綾だった。東城は中間にかつての想い人・真中を重ねて見ていたことに気付いてしまい…

夏目友人帳 特別編・雨宿りの廃駅(LaLa2017年7月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2017/05/25 04:55 | 夏目友人帳 | コメント(0)

今月発売のLaLaにも夏目友人帳が掲載!(3号連続掲載の3回目)
次号は休載で、次の掲載は9月号に(また隔月連載に戻るようです。)

今月号のLaLaには特別編が掲載されている他、名取周一役の石田彰さんのインタビューが掲載、付録としてぎっしりニャンコ先生タオルがついてきています。

そして最新単行本第22巻が9月5日(火)頃に発売されることが発表されました!
今回はニャンコ先生アクリルチャーム付き特装版も発売されるとのことで、どうしよっかな…

今回の簡単なあらすじ

 夏目とニャンコ先生が雨宿りで立ち寄った廃駅にいたのは…!?

TVアニメ夏目友人帳 陸 第7話「ゴモチの恩人」の感想

2017/05/24 20:21 | 夏目友人帳 | コメント(0)

今回はレイコさんファンにはお待ちかねのレイコさん回。
例によって夏目とニャンコ先生がレイコさんを知る者(今回はゴモチという妖)からレイコさんの話を聴くことになります。

ちなみに原作では単行本第19巻に収録されていて、
作者の緑川ゆき先生はあとがきで「レイコさんの何でもない1日をやっておきたくて描いた」と振り返っています。

今回のあらすじ、レイコさんが囚われの女妖怪を助け出すために二匹の恐ろしい大妖怪に挑む…といえばすごくシリアスな感じがしますが、何かを賭けて妖と勝負するという点では、いつも(の友人帳に名前を書かせるために勝負しているの)とやってることは大して変わらないんですよね。

マギ シンドバッドの冒険 第148夜「弾圧」(平成29年5月24日更新分)の感想(ネタバレ有)

 アプリで漫画を読むために話数を選択する時の、仲睦まじい二人(ミストラスとピピリカ)の様子と「弾圧」というサブタイトルのすさまじいギャップが… 

これまでの簡単なあらすじ

 結局最後まで同じ仲間の四天将軍やバルバロッサにも信じてもらえないまま、ロッターは無残にも拷問の末に殺されてしまうことに。そしてやはりロッターはセレン様にゼパルで操られていたが、まだバルバロッサ達はそのことに気付いていない様子。はたしてセレン様達の狙いとは、あとシンドリアの建国式典は無事に開催にこぎつけることができるのか…!?

マギ 第350夜(第350話)「不可能な大事業」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第34巻が6月16日(金)頃発売!!

これまでの簡単なあらすじ

 「それは無知だった俺がはじき出した未熟な答えだ。」 あれだけ色んな人から説得されても頑なに考えを変えなかったシンドバッドがこんなあっさりと考えを改めるなんて、これはもしかしたら上手く行くような気がしてきたかも…!?

エロマンガ先生が(原作もアニメも)面白い。っていうか、エロマンガ先生の山田エルフちゃんが可愛い。

2017/05/22 13:22 | アニメ | コメント(0)

私はTVアニメから入った人間ですが、話がサクサクテンポよく進むし、アニメがぬるぬる動くし、キャラ同士の掛け合いも安定の面白さだし、何より主人公の兄・正宗とヒロインの妹・紗霧の間に血の繋がりがないので(※1)安心して見ていられます←

突然ですが、山田エルフちゃん可愛いですよね。あ、山田エルフちゃんというのは、ロリでツンデレで正宗のお隣さんでマサムネのライバル作家で正宗に思いを寄せてくれているあの女の子…というのはもう言うまでもありませんよね。

何をいまさらですが、山田エルフちゃん最高ですよね。自意識過剰なツンデレキャラって下手をすると嫌われかねないのですが、山田エルフちゃんの場合は何だかんだ言いながらも正宗と紗霧の兄妹のことを気にかけてくれるところ(面倒見が良いのを通り越して尽くす域に達している?)に好感が持てます。自分的にはこの子のためにこのアニメを見続けていると言っても過言ではありません。

あと自分的にはボクっ子書店員の高砂智恵がツボです。こんな可愛い書店員がいたら用もないのに毎日でも本屋に通っちゃいそうです←

※1 前作「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」では血の繋がりが最後まで壁として立ちはだかって…

鬼滅の刃 第62話「悪夢に終わる」の感想(ネタバレあり)

2017/05/22 00:01 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 炭治郎のヒノカミ神楽「碧羅の天」が炸裂!!これでようやく倒せた…のか!?

4月2日に行われた真島ヒロ先生のサイン会に行ってきました。

2017/05/21 20:51 | イベント等 | コメント(0)

もはや1ヶ月以上前の話になってしまいますが…
真島ヒロ原画展最終日の4月2日に行われた真島ヒロ先生のサイン会に行ってきました。

午前中にグッズを購入し原画展を見た後、午後からサイン会に参加してきました。
参加者は事前抽選で150名⇒さらに20名追加で170名となったわけですが、
その一人一人に対してリクエストのあったキャラのイラストを描いてくださった真島ヒロ先生のファンに対するサービス精神には頭が下がる思いでした。

ちなみに私が描いてもらったのはRAVEの魅力的なキャラクターたちの中でも特に大好きだったエリーです。
(本当は直前までエリーかリーシャかカトレアさんで揺れまくっていましたが)
このクオリティのイラストをわずか1、2分で描き上げる真島先生は神です。
真島先生本当にありがとうございました!我が家の家宝にさせて頂きます!

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第350夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第148夜 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.349 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は5月24日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ