カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

TVアニメ夏目友人帳 陸 第11話「大切なモノ」の感想

2017/06/22 00:39 | 夏目友人帳 | コメント(0)

エンディングで夏目がタキと田沼と三人で昼食を取っているシーン、タキと隣同士で距離が近くてすごくドキドキしました←

ついに夏目は名取さんにレイコさんと友人帳の話をしましたね。
名取さんはすごく親身になって夏目の話を聞いてくれて、ますます名取さんとの距離がグッと縮まった(仲が深まった)ように見えましたが…

「そんな危ないもの燃やしてしまえばいいのに」
夏目のことを心配するあまり、名取さんが暴走しないかちょっと心配になってきました。
そんなことすれば友人帳に名を書かれてある妖がどうなるか…夏目がそんなこと喜ぶわけがないんだよなあ…

名取さんは夏目を大切な友人として尊重してくれてはいるけど、基本的に考え方が他の祓い屋達と同じ祓い屋目線なんだよなあ…
そこが人間と同じく妖とも心を通い合わせようとする夏目とでは考え方に微妙なギャップ(ズレ)を生じさせているのかなとも思いました。

でも名取さんの他の祓い屋達に対する一番のアドバンテージがナツメグ…もとい妖の気持ちがわかる夏目が一緒にいることなんだとも思いました。
今回もし夏目がいなかったら名取さんも他の祓い屋達と同じで収穫無しに終わっていたはず。

夏目も名取さんも柊にばかり言っていないで、相手に直接言えばいいのに…とちょっともどかしくもありました。

ナツメグ…ハンバーグってそういうことだったのか。

「妖ものを集めてはどんちゃん騒ぎ、大物妖を呼び出してははイカサマ勝負を仕掛け~」
これとよく似た話どこかで聞いたことがある。レイコさん…

「昔お前によく似た面立ちの男に合った気がする」
作中で夏目の祖父の存在に言及したのはこれがはじめてな気がする。
祓い屋の式が知っているくらいだから、もしかして夏目の祖父も祓い屋だったのか…!?

マギ 第354夜(第354話)「地上を守る戦い」の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 とてもアリババ達4人だけで世界中の人達を守りきれるとはとても思えないんだけど、やっぱりシンドバッドがルフの書き換えを解く(解ける)かどうかにかかってくるのか…!?

鬼滅の刃 第66話「黎明に散る」の感想(ネタバレあり)

2017/06/20 07:41 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 煉獄さんが死ぬなんてそんなの嘘だ…

クロスアカウント♯1(第1話)「仮想×現実」の感想(ネタバレあり)

自分は"皐月菜乃花"一択です。
まず最初にこれだけははっきりさせておかなければいけないと思いまして。

ついにあの伊達恒大先生の最新作「クロスアカウント」の連載が本日発売のジャンプ2017年29号にてはじまりました。
伊達恒大先生についてはこれまで「ゲスの恩返し」や「はるよ、こい!」などのニヤニヤ悶絶もののラブコメ読切を発表していて、新時代の恋の伝導師と呼ばれているのは皆様もご存知のことかと思われます。

伊達恒大先生が描く女の子が可愛いのはもちろんのこととして、私達読者が共感できるどこにでもいるような等身大の主人公や、ニヤニヤ悶絶もののラブコメシチュエーションにも定評があるお方なので、その点は心配しなくても大丈夫でしょう。
ただ心配なのはヒロインが年上かどうか、それとなんとなく君の名は。っぽいところ、この二つでしょうか…

表紙とカラー見開きトビラ絵

今回も伊達恒大の描く女の子はものすっごい可愛くて、もろ俺のツボでした。カラー見開きトビラ絵の後ろの方にもう一人オレンジのジャージ?を着た女の子がいましたが、ラブコメではおなじみの三角関係が繰り広げられたりするのでしょうか!?
あとカラー見開きトビラ絵がそこはかとなく君の名は。っぽいのですが…

今回の簡単なあらすじ

主人公の玉梨大地はごく普通の健全な高校1年生の男子…になる目標は見事に失敗し、今では自身の当たり障りのない態度のせいで"無害君"というあだ名をつけられ&女子からは男扱いしてもらえず&クラスでも話せる相手が誰もいないという悲惨な状況に。
しかしそんな彼がSNSでは(本当の自分をぶちまけることで)フォロワー数3,000人を超える大人気の有害君に変身。ある日大地は自分と同じ高1で自分と同じく現実では自分を押し殺しているというフォロワー・くそみそ男から友達にならないかというDMをもらい…

TVアニメ夏目友人帳 陸 第10話「閉ざされた部屋」の感想

2017/06/17 19:13 | 夏目友人帳 | コメント(0)

夏目が名取さんに友人帳の話をすることで、夏目が今置かれている状況や名取さんとの関係にどのような変化をもたらすのかあるいはもたらさないのか…

夏目が人間関係や友人帳でどんなに悩んでも、ニャンコ先生はそれをただ黙って見ているだけなんですね。
でも逆に考えると、いつどんな状況でもただ黙って側にいてくれるのがどんなに心強いことか…

それにしても妖が「デリカシー」という単語を使うとは…ニャンコ先生そこらの人間よりもよっぽど人間の気持ちがわかっているような気がする

ニャンコ先生のたとえ話よりも、柊の真面目っぷりにニヤニヤさせてもらいました。
そして最後の次回予告、あ、なんか、俺もハンバーグが食いたくなってきたかも←

「お前が時々つるんでるって噂の妙に力の強い子だな」って… 夏目が名取さんと仲良くなればなるほど(夏目のことをを直接知らない)祓い屋の間で夏目の存在が知られつつあるのがちょっと不安…

名取さんは年下の夏目に対しても対等の立場の友人として接してくれて、夏目の気持ちや立場を尊重してくれているのがわかります。
でも今回のように塔子さん特製のジャムを本当に喜んでくれているのかわからないところが…気を遣いすぎる優しすぎるのもどうなのかなと。
名取さんが誰もいないところで一人でジャムを食べた時にどんな反応を見せるのかがものすごい気になるのですが。

「名取さんは優しくてああ見えて心配性っぽいから話すと俺が心配だ」
なんていうか夏目も名取さんも似た者同士なんだよなあ…

柊は夏目のことも名取さんのことも夏目と名取さんの関係もよくわかっていて、名取さんが式達の中でも柊を重用する理由がよくわかるような気がします。夏目も名取さんには直接言えないことでも柊相手だと何でも話せていましたしね…

「私この家が大嫌いなの手放せばきっとせいせいするわ!」
箱崎紅子さんってタキと境遇が似ている(どちらも祖父が妖を研究していたけど、自分自身は妖が見えない)気がするけど、考え方は全く正反対なんですよね。
箱崎紅子さんはああ言っていたけど、自分と祖父の思い出が詰まった家を赤の他人の祓い屋に強盗が押し入ったかのごとく荒らされるのを見ていると、私だったらすごく複雑な気持ちになりそうだけどなあ…

マギ シンドバッドの冒険 第151夜「世界の変革者」(平成29年6月14日更新分)の感想(ネタバレ有)

最新単行本第14巻が6月16日(金)頃発売!! 来週は単行本作業のため休載だそうです。

これまでの簡単なあらすじ

 初代シンドリアの建国式典で何が起きるのか…!?

ひとつばな第1話(byミナミ先生)の簡単な紹介と感想(ネタバレあり)

 ついに「ひとつばな」がサンデー本誌(2017年29号)に出張掲載キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 サンデーうぇぶりで好評連載中の知る人ぞ知るドロドロ愛憎劇漫画「ひとつばな」の単行本1巻が発売!サンデー本誌に第1話が出張掲載!と言われてもイマイチピンと来ない人もいるのではないかと思います。そこで何かいい紹介の仕方がないかと考えていたら、サンデー27号の単行本告知ページにあった紹介文が秀逸でわかりやすかったので、当ブログでも一部引用させて頂くことにします。

でも(憧れの)先輩が好きなのはいつも別の人。先輩を手に入れるためなら手段を選んでいられない!どうしても付き合いたい明斗と、明斗をキープしたい先輩の駆け引きが始まる!

 これでもまだ多くの方はピンと来ていないかもしれません。少女漫画でよくありそうな展開だとか、女が好きそうだとか(←失礼なことを言ってすみません)、1話からずっと読んでいた私でさえそう思っていた時期がありました。それが今ではもうわざわざトラウマ植え付けられるために毎週日曜日に読みに言っている位にハマってしまったのですからわからないものです。

2番目じゃだめ?

 やっぱこの漫画とヒロインが真価を発揮し始めるのは、この時のゆい子先輩とのやり取りからではないでしょうか。そこでゆい子先輩の底知れぬ闇を思い知らされるのと同時に、この漫画に一気にハマり始めました。ちなみにこのやり取りは単行本第1巻のラストの方に収録されていますので、サンデーの出張掲載で興味を持たれた方は1巻かまたはサンデーうぇぶりでぜひ続きの話を読んでもらいたいです。

マギ 第353夜(第353話)「ルフの回収」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第34巻が6月16日(金)頃…ってもう明後日発売じゃんか!!

これまでの簡単なあらすじ

 ついに発動してしまった世界をルフに還す魔法。何の疑問も抱かぬままルフへと還っていく人々。いつの間にか(本体は)聖宮を抜け出し何やら企むダビデ。そして物語の舞台は再びアリババ達の世界へと。

鬼滅の刃 第65話「誰の勝ちか」の感想(ネタバレあり)

2017/06/12 00:02 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 迫る夜明け、一刻も早くこの場から立ち去りたい猗窩座(上弦の参)、それを阻止せんとする煉獄さん、その様子を見ているしかできない炭治郎と伊之助。 

からかい上手の高木さん -Tシャツ- -目薬- の感想(ゲッサン2017年7月号掲載)

2017/06/12 00:01 | からかい上手の高木さん | コメント(0)

最新単行本第6巻が8月10日(木)頃発売予定!!
今月号は2話掲載。来月号は表紙&巻頭カラーの3本立てで、高木さんと一緒に泳ぎに行く約束が実現するかもしれなかったり高木さん杯の結果発表があったりと色々盛り沢山のようです。

今回の簡単なあらすじ

 休日に二人で待ち合わせとかもうこの二人付き合ってると言っても過言ではないんじゃ…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第354夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 休載 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.353 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月21日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ